プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
第1章 【堂前流絵本講演から抜粋】
         *【親子のかかわりを豊かにするために】

1. 生まれた環境や育て方の将来の影響は?
     【幼児から18歳くらいまでの親の育て方や姿勢が子育てに影響あり】
   
    小さい時から家庭で親がいつも本を読んだりしている姿を見ていると
    自然に子供も、その様子で本との繋がりがでている。
   *まず親御さん自身も【絵本をよむ楽しさ】を知っていただきたい。
       :読みやすいし、絵本から簡潔にメッセ-ジを得ている。
         *本とかかわる場所に一緒に行く。
           図書館、書店等
        :お子さんが自然に手にする本を優先し、
         親が読ませたい本を絶対無理に押し付けない。
           (本嫌いになる場合がある)
        :絵本など読む時は教育的にならないこと。
            (あれはどうだったの?うんぬん・・・)
        :全然本に関心示さなくとも良い、そういう環境に身をおくこが大切。

2.  親と子供のかかわり
      『子供は親のいいなりと思わず、一人の人格ある人間と認める。』
      『親が思っているほど子供は幼くはなーい・・・』
          *【怒ると叱るの違いは?】
        :怒るは、結構自分の感情で小にあたる時がある。
        :叱るは、こうしてもらいたい、親の願いも含まれている。
         フォローも忘れずに・・・

3.   祖父母とかかわった子と核家族で育った子の違い。
       『いい子いい子といわれてきた子供の心理・・・』
      期待されていると思うと、失敗した時に簡単に大人に言えないときも・・・
      たとえば、いつもテストの点数が良い子が点数の低い時に親に見せない等
       『高齢者は人生の先輩・・・』
      祖父母と生活している親を見て、自然に思いやり・いたわりの優しい気持ちが。
        生活のリズムや、やり方が違うのは当然、感情的にならずチョット冷静に
      なると、発する言葉の言い方が違う。

4.    相手の領域はおかさず。
        『親、夫婦、子供も、それぞれの場(心の内も)があるから、
         全てに通じる心遣いで。』

5.    尊厳・プライドは保って。
         『ちょっと考えよう・・そのひと言』

6.    気持ちにゆとりがあるかないか。
         『いちばん傷つく言葉の暴力・・・』
      【怒りたい時はひと呼吸・間(ま)をおいてから話し出すと良い】
       :発する言葉がやんわり・・とする。

7.    教科では国語が大切。
        『日常語なのでおろそかにしがち・・・』
      国衙を学ぶことによって、語いを増やし、さまざまの人の考え方を知る。

8.    サザエさん流、ケセラセラ人生
        『あなたま前向き、それとも保守的・・・』
      同じ人生なら小さいことはこだわらず明るく楽しく。

9.    ほめ・励まし・自信」をもたせる。
        『一人ひとりの個性に合わせ、言葉を選び、自発性をおもんじる』

10.   自分が変われば、人も変わり、周囲(まわり)も変わる。
        『ライバルは自分自身。他人(ひと)」ではなーい。

     *あたりまえのようですが、私自身が感じてきたことですね。
           ・・・・・・・・・補足
     *勉強は高校受験・大学受験などのためではなく。
      【社会の中で何が大切にして生きるか?
      問いに答えられる力をもつ人育ってもらいたいですね。】
      *自立した大人になるために学ぶ。
        :知識習得型の学習=つめこみ型
        :課題探求型の学習=ゆとり型
        *歴史を学ぶ=過去の人の歩んできた成功と失敗。
        *数学を学ぶ=論理的な思考をつくる。
        *知識を豊富にするために学ぶ 
        *計画性のある仕事ができる(予定・段取り)
       見えない力【ゆとり】が育てる、見える力と関連して向上す・・・
       【子供は大人の都合でふりまわされている】
      教育とは【社会の未来をつくるものと思う。見極めも大切ですね。】
      自分に興味関心【ここが知りたい、どうなっているのか?】
      【自分自身(本人)が取り組んで初めて、学び考えたことが子供自身に定着】
     *見ているまわりの方や親御さんもいらいらするかも。
      【見守り・話をよく聞くゆとりの気持ちで】がいいと思います。

    
   
序章のつづき
私は今までたくさんの本を読んでいない。
本を多く読むのと深く読むのは全く異なる。
その違いは【読む】を【食べる】に置き換えれば・・・ね。
読書は他人にものを考えてもらうことかな。

 地区の見守りやコミュニケーションの広がりもでていますね。
札幌市の各区に社会福祉協議会『福祉のまち推進センターが開設された。
町内会は昔からありましたが、【福祉】という言葉はあまり聞かなかったですね。
山の手だけは初め「山の手地区福祉のまちふれあいセンター」と呼び、
開設時から私は事務局員として、お手伝いをしています。
2017年4月に「
『山の手地区福祉のまち推進センター』の名称になる。

*注 写真は現在の三角山文庫 と 後ろの【堂前荘】からスタート(今はない)
【読み聞かせ・堂前ボランテイア】コピーします、覗いてね~!
本をコピーしますね。
 
           【はじめに】

 2003年8月20日に全国出版した
  【本があるから よりみちしよう】
布の絵本と読み聞かせ図書館・三角山文庫の35年
残念ながら、出版社倒産で増刷中に全国書店の棚から
本が消え去りました。
 平成13年(2001年)2月三角山文庫家庭図書館として使った家が、
屋根の氷の重みで集合煙突が倒れ使用不可能に、後ろ髪引かれるおもいで
全ての本を処分しました。
私の体調不良も重なり、状況判断力低下ですべてのことも考えられず
『人生終わり』漢字ましたね。
皆さんが「何故、立ち直ったの?」と尋ねました。
持病の貧血をプルーン食べ始めたら、少しずつ活力が出てきました。
 着物の好きな私は『着付け』を習い、資格をとろう!』を励みに、
手が腱鞘炎になるほど練習したのです。
そして、同じ出版社が【絵本コンクール】を募集していたので、
【三本足のロッキー】の絵本を応募しました。
そのいきさつは本編でね。
三角山文庫50年の節目に、心の思いを本として残したいと思い
チョットお付き合いで覗いていただけると、とても嬉しい~です。

        著者 どうまえ 綾子

                【序章】
 皆さんが「三角山文庫って何ですか?」と聞きます。
昭和43年頃など【ボランティア】と言う言葉もあまり使わなかったかも?
昭和48年か49年頃、札幌で「ポストの数ほど図書館を」と、主婦たちが
「家庭に文庫を」作ろうの呼びかけから、家庭文庫があちこちにでき始めましたが
地区に図書館はまだ少なかった。
 私が『堂前荘』にしりあいの方々に英語を教えたのを期に小中学生の学校の
補助学習で口コミで学習塾のようになる。

 夫がポケットマネーで本を購入し、机・本棚・黒板など日曜大工で作り
幼児・小・中学生・お母さま方に本を貸したり、読み聞かせをスタート。
名称がなく「堂前さんのとこ」とか「堂前塾」などそれぞれがよんでね。
 我が家から、地区の象徴【三角山】が見え、【三角山文庫】と名前にね。
 昭和55年
一軒家に移転して【家庭図書館と布の絵本】で一般の方々に土曜日に
本の無料貸し出しとボランテイアの方々が読み聞かせをしてくださいました。
平日、昼と夜には【寺子屋塾・山の手文化教室】として使用しました。
【お子さんから大人の方々のふれあいの場】として、他地区から多くの方々がね。
FM放送局、中央区に【カロス】ができ、西区に【三角山放送局】もできて、
ズッーと、【三角山文庫は三角山放送局の支局?ですか】とよく聞かれましたね。
エッセイ・三角山文庫の50年イン2018 出来上がりました。
皆様にお知らせしますね。
来年2018年 三角山文庫と寺子屋塾が50年になります。
前倒しで エッセイ を印刷しました。
 題名は
  【   読み聞かせ 堂前流ボランティア
       布の絵本と出前紙芝居
   札幌  三角山文庫の50年イン2018 】
*目次
【はじめに】【序章】 
【第 1章 堂前流絵本講演から 】
   親子のかかわりを豊かにするために
【第 2章 何故?出版のいきさつは】
【第 3章 紙芝居・三本足のロッキー】
   三本足のロッキー紙芝居でまわる
【第 4章 手作り創作布の絵本】
   試行錯誤の手づくりの布の絵本
【第 5章 中越地震に遭遇】
   長岡での紙芝居とクラス会のはずが・・・
【第 6章 絵本・すてねこポチとたまのおはなし】
   紙芝居と絵本 すてねこポチとたまのおはなしのキッカケ
【第 7章 引き継いだ出版社も倒産】
   イラストつき本 たいせつな家族
【第 8章 紙芝居で日韓交流】
   絵本・三本足のロッキー韓国の短大で人気
【第 9章 紙芝居作りをしてみませんか と
    手づくり紙芝居から楽しさを学ぶ】
【第 10章 ブログでメッセージ】
   メッセージをブログで発信したら
【あとがき・自然体が楽】
エッセイは1080円  
ぜひ皆さまに、目を通していただけると嬉しいです。
本ご希望の方は
札幌市西区山の手2条11丁目4-8
  三角山文庫 まで
連絡先090-3892-5292
ファクス 011-611-7614


道民カレッジ 後期 【三角山文庫の寺子屋塾】
大変長らくブログ書けずごめんなさいね。
皆さま!ブログ見てくださいね。

 『道民カレッジ 三角山文庫の寺子屋塾』

*10月8日(日)13:00~15:00
 テーマ  「シンガーソングライター NORICOライブと紙芝居」
     ファクトリー week day ライブでおなじみんNORICOの
     歌と紙芝居からメッセージ!

*10月14日(土) 13:00~15:00
 テーマ  「砂澤ビッキの芸術A
    芸術の森の作品・四つの風 ビッキの深さを追求します。
    講師   石島しのぶ
    受講料  400円

*10月28日(土) 13:00~15:00
 テーマ  「『蝦夷紀行』作者が描く筑波山」
     江戸末期 兄の画家・各文晃に絵を学び、後に腕をかわれ幕府の蝦夷地調査に絵師として活動した、谷元旦の絵を学ぶ。
    講師   上野 繁
    受講料  400円

*11月11日(土) 13:00~15:00
テーマ   「『三角山文庫の寺子屋塾』ヘレナケラヴァと英語を楽しもう!」
    日常のあいさつなど英会話で自然に親しむ。
    講師   ヘレナ ケラヴァ
    受講料  1,000円