プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本・ねぇ みんな!「地域猫」ってしってる?を公開しますね。】

【絵本・ねぇ みんな!「地域猫」ってしってる?を公開しますね。】

12.jpg

『紙芝居』を絵本にしました。メッセージですので、
読んでいただけると、うれし~い!です。
 *注 お子さん達が読むので絵本はひらがなですが、
     読みにくいので【漢字】で書きますね。
13.jpg

1.  これは本当のお話です。
  札幌市西区山の手、三角山を見上げる、
  静かな住宅地でのお話です。

1.jpg

2.  ミーミー、ニャーニャー
  ある家の軒下で、 黒猫の親猫や、子供の猫達や、
  餌をもらいにきた猫達が、遊びまわっていました。
  1ぴき、2ひき、3びき・・・・・10ぴきは、いました。

2.jpg


3.  近所の庭に入ったり、糞をしたりしていました。
  「野良猫が庭に糞をして困るわ、餌をやる人がいるからよ」
  と、プンプンおこる人や、 動物管理センターに
  電話をかける人もいました。

3.jpg


4.  ある日のことです。
  「たいへん!たいへーん!
  向こうの大きな道路を渡ろうとした子猫2匹が
  車にひかれて死んでるよ~」
  と、通りがかった人が教えてくれました。
  近くのおじさんが自分の庭の隅に穴をほりお墓をつくりました。

4.jpg


5.  そして、またある日のこと。
  黒い親猫が2匹の赤ちゃんを生みました。
  1匹は白色で、耳と顔が茶色、
  もう1匹は灰色と黒の混じった赤ちゃんです。
  いつもママ猫に寄り添っていました。

5.jpg

6.  空からカラスが子猫を狙って、襲いかかろうとしています。
  パパ猫が先頭、子猫2匹が真ん中、一番後ろがママ猫
  という順番で庭を歩いています。
  カラスの攻撃から守って、木の陰に隠れようとしています。
  それを見ていた私は、「すごいね~!猫も人間と同じで
  親が子供を守っているんだね~!」と思いました。

6.jpg


7.  野良猫たちを集めるために、 私の庭に餌とトイレを置きました。
  私の家で英会話を教えている、猫が大好きな先生が
  「メス猫達を、餌でおびきよせてね、赤ちゃんができないように
  病院で手術をしてもらいましょう」と、
  まずママ猫を 病院へ連れて行きました。

7.jpg

8.  オス猫達はどこかへ遊びにいき、いつのまにか、1ぴき、2ひき・・・・
  と、いなくなりました。
  近所の猫好きのおばさん達が見に来て、
  「あんなに沢山いた猫の数が減って、助かったわ~。餌を持ってくるね!」
  いつのまにか、親のメスねこを
  :くろママ:と呼ぶようになり、
  色が灰色と黒のしましま模様のメスの子猫を
  :しまちゃん:と呼ぶようになりました。

8.jpg

9.  「くろママ~」「しまちゃ~ん」と呼ぶと、振り向きます。
  猫達も「自分に名前がついたんだー、 と解るようになりました。
  道を通る人達が、「猫、元気~!」と声をかけ、
  いまでは近くの皆さんに見守られ、可愛がられています。

9.jpg

10.  こうして、邪魔者扱いされていた野良猫達が、
  近所の皆さんに元気をあげるようになりました。
  「あのね、飼い主のいない野良猫が
  増えないように手術をして減らしてね、
  地域の皆さんに迷惑をかけないように決まった場所に
  餌とトイレを置いて、近くの人達で協力して、猫達を見守るのね。

  飼い主のいない猫が、地域の人達と生活出来ると良いね~。
  これを「地域猫」と呼ぶようになったんだよ。

10.jpg

11. (:くろママ:と:しまちゃん:から)
   「ありがとう~みなさん!うれし~い!
   みんなも元気でね~、バイバ~イ!」

11.jpg

  ・・・・・・・お・し・ま・い・・・・・・

  黒ママとしまちゃん:の親子
19.jpg

黒ママは2回赤ちゃんを産みました。
手術をしたあと、子猫がゲージの側でママを心配して
夜中じゅうズット寄り添っていました。
(オスの子猫はその後どこかへ行ってしまいました。)

  メスの子猫:しまちゃん
16.jpg

黒ママは2013年山から下りて来たアライグマと闘って
怪我をして、右目が見えなくなってしまいました。
15.jpg

黒ママは、子猫が餌を食べるのを待ってから食べました。
周りを警戒しているんですね。
14.jpg

・・・・本には紙芝居を観た札幌市西区山の手南小学校の
生徒さん達の感想文が入っています。

第11回 【函館で世界に一冊だけの本・展】開催します!

世界に一冊だけの本・展開催します。

期間 11月18日(金)~11月24日(木)

時間 午前10時~午後5時 (最終日は午後2時まで)

場所 函館市地域交流まちづくりセンター 2階フリースペース

函館市末広町4-19

tel 0134-22-970 0

みなさま 多くの方々のご来場お待ちしています。

*三角山文庫関係者からも出本していますよ。
作者は
ひまわり ヘレナ 氏
石島 しのぶ 氏
ながやひろこ 氏
どうまえあやこ

お知らせ
三角山文庫でひまわり ヘレナ先生の英会話募集中
小学校低学年
身近な英会話をしましょうー!

【連絡先】 090-3892-5292 三角山文庫まで
道民カレッジ連携講座 平成28年 後期 

「三角山文庫の寺子屋塾」高齢者の手はじめ短歌遊び

10月22日(土)
11:00~13:00
受講料 400円
講師 石島しのぶ氏


「三角山文庫の寺子屋塾」 お菓子と砂糖のはなし

10月22日(土)
13:30~15:30
受講料 400円
講師 上野繁氏

会場 札幌市西区山の手2条11丁目4-8
お問い合わせ 三角山文庫
電話 090-3892-5292




第26回けんぶち絵本の里大賞開催中
第26回けんぶち絵本の里大賞開催中

コピー ~ DSC_0397

北海道の剣淵町絵本の館で
【絵本の館にいらした皆さまが選ぶ
   絵本のコンテスト開催中でーす】
      投票期間は
2016年8月1日(月)~9月30日(金)
開館時間 10時~17時 無料
       休館日:8月 無休 
            9月 毎週水曜

主催 けんぶち絵本の里づくり実行委員会
     上川郡剣淵町緑町15-3
        絵本の館内
      電話 0165-34-2624

・・・・・*三角山文庫からも
 布の絵本 応募してま~す。

【題名 ママといっしょに パート2】
   英語バージョンです。
作者 絵 ながやひろこ 
    文 どうまえあやこ 
ながやひろこさんの
一冊ずつ 手縫いと手書きの
心こもる丁寧な布絵本は必見。
みなさまがビックリ!
  
ご希望の方に販売しています。
連絡は090・3892・5292
下記のホテル売店にも陳列販売
 *ニセコのホテル「甘露の森」
 *みついしホテル「蔵三(くらぞう)」
  襟裳岬行く途中の道の駅 隣り

剣淵町は旭川市内から約50分の
「やさしい風景にいやされますよ!」

・・・・・・*ひまわりヘレナ先生の
生きた日常英会話で楽しみませんか?
小学低学年~
問い合わせ 三角山文庫
090・3892・5292
第23回泡盛を楽しむ北海道の集い と 第13回札幌市西区山の手地区ふれあい福祉まつり
第23回泡盛を楽しむ北海道の集いと
第13回札幌市西区山の手地区ふれあい福祉まつり
Oki4.jpg

2016年7月14日(木)
ホテル札幌ガーデンパレスで
泡盛同好会『主催』で
沖縄県酒造組合『協賛』の
毎年恒例の
札幌にいながらにして、沖縄の風を一身に受ける
泡盛を楽しむ集いに参加しました。
約580人の方々が『沖縄を盛り上げ、まさに
お・き・な・わ・に行こう~』ですよ!
Oki8.jpg

Oki14.jpg

ウエルカムドリンクの泡盛を口にするや
舞台では、
* 祝い踊り かぎやで風 札幌琉球舞踊愛好会
  一気に沖縄モード。
* 2016年泡盛の女王 阿波根(あはごん)あずさ嬢
* ミニライブ 沖縄音楽 琉球チムドン楽団
              ベルサーチ
* 大抽選会
  沖縄旅行ねらって、会場は大盛り上がり
* フィナーレは琉球國祭り太鼓北海道支部の
   カチャーシー
その時・・・、私は
新千歳空港から那覇空港までの
シニア割引利用して
一人で行くのもいいかな~と、ひそかにね。
Oki1.jpg

 そして、話チェンジして
7月16日(土)は
札幌市西区山の手地区の
【ふれあい福祉まつり】
(山の手地区福祉のまちふれあいセンター)
         委員長 遠藤明雄氏

西区長や西区社会福祉協議会関係の方々、
地域の学校長、先生方々交え
快晴で熱中症心配しながら、
山の手地区の各種団体の模擬店や

* 札幌ハーモニカアンサンブルの演奏に
  大拍手。

*イベントでは地域団体、カラオケ、盆踊り
まさに
『~地域の笑顔が ふれあいの輪がひろがる~』
でしたね!
まー私も事務局の一員でお手伝い出来、
「この福祉山の手から
元気・覇気・やる気なんだわ~」と思った瞬間でしたね。
・・・・・7月16日(土)の
北海道新聞(道新こどもしんぶん)の
【社会】欄 の見出し
 *猫が増え117ひきに不妊手術*
瀬戸内海の小さな島、男木島(おぎじま)
(香川県高松市)は「ネコ島」で
6月兵庫県の団体が獣医師を送り、
117匹不妊手術した。
の記事に、
「ほっ!」ですね~。
ずーと、気にしてた私は良かった~。
・・・・ネコと人間が幸せに暮らす環境をつくるのも
人間の責任ですね。
と記事はしめくくる。

・・・・・・*ヘレナ先生の英会話教室 募集
楽しく日常英会話で・・・
090・3892・5292まで

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。