FC2ブログ
プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 5章 【 中越地震に遭遇 】
       第 5 章 【 中越地震に遭遇 】
       ≪長岡での紙芝居と、クラス会のはずが・・・≫

    2004年(平成16年)10月23日17時56分
    新潟中越地震がM6、8震源深さ13Km
       直下型の地震

 丁度、その前日22日長岡市の幼稚園で紙芝居しました。
「園児150名くらいです。よろしくお願いします。」と
「う~ん、普段使用している紙芝居では小さすぎるわー」
それで、横1、03m 縦83cmの紙芝居を手書きで描き
枠は夫が気で作りました。
結構重くなりました。
フェリーに載せ私運転の乗用車で行きました。

 翌日23日午後6時から高校のクラス会が長岡駅近くで催され、
紙芝居をするはずでした・・・
「さー皆さーんテーブルについてください」と
幹事が言うや否やグラッと部屋が揺れた。
「えっ!地震?」
【急に床の間の掛け軸が振り子のように左右に大きく揺れだし、】
【大きな壺が真ん中から割れ】
【テーブルに載っていたお鍋の汁がにザーっとこぼれ、
右に又ザーっと】
厨房ではグラスの割れる音が【ガチャーン・ガチャーン】
 これはただ事ではないと、
4階の会場から急いで階段を下り外に。
「綾ちゃーん!紙芝居忘れているよー」
クラスメートが持って下りてきた。

 その時はまだバスやタクシーは長岡駅前を走っていました。
「長岡駅に行こうー」と誰かの声で、
ところが
「みなさーん!駅構内から出てくださーい!
新幹線が脱線しています。」
 数人がアーケードの下にうずくまると
「アーケードが落ちたら大変でーす。外にいてくださーいー・・・」の
声が聞こえたかと思ったら、
全て停電で真っ暗になった。
暗闇の中、目が少し慣れ、われに返った私は、
急いで自家用車で実家へ。
真っ暗な中
「みんないるのー?・・・ちゃーんー」
「おばちゃん、こっちよー」
みんな自家用車の中で震えていました。
「お父さんは?
「おじいちゃん、家はガラスが落ちて危ないからベッドにいるからと」
ご近所の方々はブルーシート上に毛布など持ち出し絶えていました。
携帯は通じず、電話ボックスに走り、
札幌の夫と息子に
「今のところ大丈夫だから・・・」と
私はその日の夜12時頃のフェリーで
敦賀ー新潟ー秋田ー苫小牧できさっつ予定で、
すぐ新潟のフェリーに電話したが通じず、仕方ないと。
「新潟に行く橋も落ち壊れて行けないよ」
とあきらめました。

 空が白々あけてきて、実家に入ったら幸い、
三階から落ちた箪笥が会談で止まり、
サイドボードのグラスが割れていたが被害はなかったが、
外ではあちこち被害があり、
その後修復に大変だったと。
テレビの報道で取り残された家の方々や
住宅を失って車にいた方がお亡くなりになったり、
悲惨状況に言葉がでませんでした。
翌日、フェリーに電話したら
「昨夜は、敦賀から秋田に向け出港しています・・・」
新潟市は被害全然なかった。
「橋も壊れて道路通れない・・・・」
遠回りして、三日後のフェリーで帰る。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://domaeaya.blog101.fc2.com/tb.php/603-aabdd9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。