プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り絵本・題名【ねぇ みんな! 地域猫ってしってる?】でメッセージを発信しまーす!
 10月28日 追加  「ありがとう!」
 【道民カレッジ】連携講座
      三角山文庫の寺子屋塾の
           後期の講座が終わりました。
           多くの皆さまの参加に感謝申し上げます。

   
         みなさまへ

 三角山文庫は
【絵本・本・布の絵本から必ずメッセージを発信しています。】
創作紙芝居で幼児~大人の方々に読んでいただきたいの
思いで書いていますよ。
 今回は
手作り絵本・題名は
【ねぇ 地域猫ってしってる?】です。

絵本の内容は?
これは、札幌市西区山の手の野良猫で困っていた
住民の本当のお話です。

・・・現在は 紙芝居でみなさまに内容を
知っていただきたく
小学校などでみせますね!
いつか、絵本として多くのみなさまに
読んでいただきたいと思います。
・・・・・・【地域猫】とは?
 地域に住みついた、【飼い主のいない猫】
通称・野良猫を地域住民の協力のもとで
【世話され、増えすぎてしまった野良猫の数を
減らすために】
住民ボランテイアや猫好きだいすきな方々で
【不妊去勢手術をし、
決まった場所での餌やりやトイレの始末】
様々な問題に対応していく活動です。

*その地域に住みついている猫=野良猫とはちがいます。
  『人と飼い主のいない猫が』が共生していくための
有効手段の一つですね。

 行政の援助のもとで活動している市や町もあります。

地域住民として、
同じ価値観の方々ばかりでないことを、理解し
ご近所に迷惑かけないよう配慮することが
とても大切と思っています。
 野良猫反対派の方々にも納得して
いただくよう努め、
少しでも小さな命が幸せになってくれればの
気持ちと願いです。
 この絵本は
2006年3月20日に全国出版した
題名【すてねこポチとたまのおはなし】のつづきです。
 近い将来に
絵本となって全国の皆さまに読んで
いただくことが希望ですよ~!
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
絵本市開きたいのですが・・アイデアを
v-7絵本市を地元苫小牧市で開催してみたいと思うのですが、どなたかアイデアありませんか?
【2015/11/06 11:02】 URL | 根保孝栄・石塚邦男 #u3MRTyDc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://domaeaya.blog101.fc2.com/tb.php/568-d35d6e1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。