プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
【北海道農民管弦楽団・創立20周年記念定期演奏会】聴きに行ってね!
2014年1月26日(日)
札幌コンサートホール キタラ 大ホールに
【北海道農民管弦楽団(通称 農民オケ)】の
オーケストラ演奏聴いてね~
ビックリ
情報無知・・・と言うのは
こういうことかな?とね。
・・・まず
この名前の楽団があることさえ知りませんでした、私は・・・
いただいたパンフレットの
代表 牧野時夫氏の
 ごあいさつ ~創立20周年にあたって~
で、
次のように書いてありました。

 「1994年 夏に
   日本有機農業研究会北海道グループ
    (現:北海道有機農業研究会)
   初の学習会が行われた時に
   オーケストラ経験のある
   脱サラ農家仲間3名によって産声あげ
   半年で全道からメンバーを集めて
  1995年1月 札幌芸術の森で
   旗揚げ演奏会を開催しました。」
牧野氏が
学生時代に宮沢賢治の
「農民芸術概論綱要」に出会い深く共感し
宮沢賢治の
『永久の未完成、これ完成である』の
言葉に励まされながら活動を続けているそうです。
・・・・・今回100名以上のメンバーに
北海道ゴーシュ合唱団大勢も含め
素晴らしい演奏会でしたね~(^^)
・・・
この演奏会聴きに行くキッカケは
札幌の山の手民生委員・児童委員である
コントラバス担当で
湊 典子さんが出演していて
山の手民生委員・児童委員 会長でもある
遠藤明雄氏から
お声がかかり
遠藤さんご夫婦ら9名で
演奏会場に足を運びましたよ。
驚いたことに
ヘレナ先生に偶然会場でお会いしてね。
《プログラム》
第一部の
*美しく青きドナウ
 から始まり
*混声合唱・パイプオルガン・管弦楽のための
 オラトリオ 「農民・宮沢賢治の祈り」 *初演
そして 休憩はさんで
第二部へと
プログラムはつづいてね。
そのプログラムには
歌詞が書いてありましたよ。
美しく青きドナウや
宮沢賢治の
《雨ニモマケズの詩 全文》と
《曲目解説》が
書いてあり
素人の私でも聴きやすく
素晴らしい音楽鑑賞と
なりましたね~!
クラッシックやオーケストラは
かたい・むずかしい・・と
思っていた私には
良いひと時でしたね!
大学3年の時の夏休み
放送研究会アナウンス部所属の私が
中央大学ルナタンゴアンサンブルの司会で
広島市や熊本市の
公会堂での演奏会で周った時のことが
走馬灯のように
思い出されてね~・・・











 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://domaeaya.blog101.fc2.com/tb.php/524-93e9fb7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)