プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
5月の道民カレッジ【三角山文庫の寺子屋塾】に皆様いらして下さいね!
*追加 4月30日(火)
   札幌は春と思えないくらい寒い日が多いのねぇ。
   『道民カレッジ』連携講座
    みなさま【三角山文庫の寺子屋塾】は
    当日直接いらしてもOK!ですよ。
    会場は 札幌市西区山の手2条11丁目4の8
       三角山文庫ですね。
新学期に入り約一ヶ月
新入社員や生徒・学生のみなさんも
そろそろ慣れてきた頃でしょうかねぇ・・。
我が家の庭は残雪を残すそのすきまから
サフランがポツンポツンと顔を覗かせ
我が家から見上げる【三角山】に
真っ赤な朝の太陽がスポットライトのようにあたり、
ようやく、木々に「春ですよう~」と
初春の息吹を感じさせてね。
 新しい人とのつきあいも始まり
これから五月病(うつらうつら眠い・気だるい)
それを乗り切るには?
  自分の考え・意見など思っていることをはっきり
   ・言葉に出して言わないと伝わらない。
    (いつかわかるだろう・・は無い)
   ・大切なことは『聴く・聞く力』
   ・相手の言うことに耳を傾け、
    特にお子様とのかかわりには
    すぐ横から口にださず
    『待つ』ことが大切と思うのね。
・・・ちょうど、トーク講座
【三角山文庫の寺子屋塾】の5月の予定は
 テーマ 『くりっぱといやしのフリートークで学ぶ』
   元HTBアナウンサー・エアドゥ機内【癒しの空】や
        FMラジオパーソナリティ愛称くりっぱと言葉で癒そう!
   日時 5月18日(土曜日)
    午後1時30分~3時30分 
   場所 三角山文庫 札幌市西区山の手2条11丁目4の8
      電話 090・3892・5292
      FAX 011ー611ー7614
    講師 栗葉貴代子氏(愛称 くりっぱ)
    受講料 400円(資料代含む)

 テーマ  『宮澤賢治37年の生涯を振り返る』
        家族・大らかなる子供時代、良き教師、農民芸術の実践、
        心象スケッチ(詩)と童話製作・求道者としての思い
    日時 5月26日(日曜日)
     午後1時30分~3時30分
    場所 三角山文庫 住所・連絡は 同上
     講師 織田安子氏
     受講料 400円(資料代含む)
一般のみなさまのご来場もお待ちしています。

・・・・次のブログに三角山文庫の布の絵本公開予定ですよ。・・・
 English and Japanese のBOOK
題名 【ママといっしょに】
題名 【なーに?{What’s this?}】

  


     
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
同人雑誌「人間像」183号に「宮沢賢治の秘密」を掲載
宮沢賢治の秘密は短歌に隠されている。これを指摘したのは私が始めてのことである。
請うご期待「四十枚」の宮沢賢治論です。
【2013/06/19 17:21】 URL | 根保孝栄・石塚邦男 #u3MRTyDc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://domaeaya.blog101.fc2.com/tb.php/503-c6bd1ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)