プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
札幌市西区の環境キャラクター【さんかくやまべェ】と【やまべェ体操】
12月23日(火曜日)の
北海道新聞朝刊26面掲載
『西区新聞』 佐藤大吾記者の記事

   見出しは  『やまべェ体操』人気

 高齢者が介護状態となることを防止しようと、
昨年春に誕生した札幌市西区のご当地体操
「エコロコ!やまべェ誰でも体操」が
広がりを見せている。
体操を指導する普及員は1年あまりで80人に達し、
今月上旬には体操を題材にした紙芝居もできた。
2015年度には西区内の小学校でも指導する計画で、
関係者は「住民みんなで踊れるようになれば」と
期待している。
・・・・・・・・まだまだ記事はつづきますが、
途中省略しますね・・・・
・・・・普及員で、ボランテイア団体三角山文庫(札幌市西区)を
主宰する堂前綾子さんらは、今月2日に体操をテーマにした
紙芝居を初披露。
堂前さんは「高齢者だけでなく、子供の普及に役立てたい」と話す。
・・・・・・・つづく・・・と。
  *≪西区の環境キャラクター が 【さんかくやまべェ】です≫
紙芝居【さんかくやまべェ】は
西区山の手地区福祉のまちふれあいセンターの
事務局内で
「【やまべェ】の『川をきれいに・・・』の紙芝居は
西区役所で制作してあるから、
今度は『三角山』の紙芝居あってもいいんじゃないの?」と
遠藤明雄委員長や
中田吉昭事務局長、事務局員で
話題に出したのをキッカケに
遠藤委員長が
西区役所地域振興課に相談し
了解のもとに作ったのね。
12月17日(水曜日)に
山の手小学校の
『朝の読み聞かせ』で
5年2組のクラスで
初めてお子さん達に
【さんかくやまべェ】の紙芝居しましたよ。
今後 各クラスに、この紙芝居を見ていただき
『三角山のことを知り、やまべェ体操をね~』
  *注 お話の設定は
  『やまべェ』は三角山に住んでいて
『やまべェ』が三角山のお話を子供たちにしながら
登っているといつに間にか多くの人がついてきて
一緒に頂上へ、
「さ~みんな大きく深呼吸しょうねー!
【やまべェ体操をしよう!】の掛け声で
 いっせいにみんなで体操はじめました。
「森の空気を思いっきり吸えば、
体と心もグングン元気になるよ!
さあ!みんな、登ろうよ!!
      また会おうね! お・し・ま・い
・・・・・【三角山】は
西区と中央区にまたがり、まさに『都市山』
90m級大倉山ジャンプ競技場の隣にあり、
311,1mの富士山にも似た美しい小さな山
アイヌ語で【ハッチャム・エプイ】と呼び
『花のつぼみのような小さな山』と言う意味で
地名『発寒(はっさむ)』から名づけられたのね。
3月11日は 【三角山記念日】
7月23日は 【文(ふみ)の日】 手紙をだそうね!
  ≪山の手郵便局のその日の消印は 一等三角点とキアゲハ蝶≫
【札幌市はこの三角山から街づくりが始まった原点】なのね~!!
スポンサーサイト

ご挨拶
パソコンの調子悪くて、ブログの更新が出来ません。

2014年は大変お世話になりました。

2015年もよろしくお願いいたします。

(ヘレナ先生のタブレットから更新しました。)

コピー ~ DSC_0397