プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
みなさんの趣味、やりがいは?「うーん・・・犬と猫と露天ぶろかな・・私」
一月も後半に入り、
夕方があかるく、陽が一日一日のびて。
私は今年は特に寒く感じて
厚着し、道路を歩いていても
チョッとした段差に足をとられる時もあり、
高齢者の気持ちが
よーくわかったのね。
「うっかり、身体ささえるために手をついたら
骨折した・・・」と言う話など
実感するこの頃かな?
「スキーのストック一本持って歩くといいのよ・・」と
「本当かもね」
そういえば・・故 堂前 暁が、
亡くなる寸前まで、杖で身体を支えて歩いていた時の話。
「すごいよ、杖の力は。
まさに、三本足だよ・・・」と言っていたのを
思い出してね。
・・・なーんかー、何かにつけて
思い出され、
そして、テレビの番組を見ていても
すぐに涙ぐんたりねぇ、私。
先日
定年退職なさった知人が
「名刺をパソコンで新しく作って・・・」と
その裏側には
・・こんなことやっています、(一緒にやりませんか)と
書いてあり、その下に
陶芸・テニス・スキー・水泳など多くのスポーツの趣味のサークル名が
「やはり、趣味は仕事勤務の時と同時進行ですよ・・・」と
長年の趣味の蓄積で
プロ顔負けのベテランになられてね。
三角山文庫のコーヒータイムには
その方が創作された器でいただくのね。
いらした皆様方が
その陶器の作品にビックリ仰天なさってね。
素晴らしい~~!(^^)
  *注・・お名前をこのブログに書いてよいかまだ了承えていないので・・・
「う~ん、堂前 暁も
仕事と山・キャンプ・凧づくり・カメラ・映画・読書・つり・温泉・野菜づくり・・と
多趣味でとことんするのね。
まさに【極める】ってこのことかなー」とね。
私はと言えば
「やはり、温泉特に露天ぶろや旅かなー?」
今年の新年のメールでの挨拶に
「いつか【温泉つれづれ】なるものを
本にしたいと思っています。
忘れないためにマイブログに温泉に行った所を書いているんですよね。」
と、ね・・ま~露天ぶろかなー
ぐーたらなのね、私は。
あとはワン・にゃんに助けられている日々かな~
みなさまの趣味ややりがい・生きがいは?


スポンサーサイト

「絆」の本来の意味は・・・。1月8日(日)の読売新聞(くらし)【日曜の朝に】欄でね・・
読売新聞を読んでいてね。
「『絆』という言葉のの氾濫、何とかならないでしょうかね」
 NPO法人・・相談役、・・さんから、
そんな書き出しの手紙をいただいた。
・・・という記者の記事で
チョツト考えさせられたのねえー
・・・
 その方が言うには、
戦前、戦時、戦後の社会は、
「絆」という綱でがんじがらめに縛られ、
閉塞感でいっぱいだった。
敗戦からの数十年は
「絆」から解き放たれるための闘いの歴史だったという。
・・・と、つづきますが省略しまーす・・・
たしかに「絆」は
*物をつなぎとめるつな
*はなれにくい関係
・・・と簡明小事典にでていた。
 私は新潟県長岡市生まれ
結婚で札幌に住んで43年。
札幌に来た時
長岡の「家風・伝統・親戚・風習・・etc、個人よりも家中心の生活」から
堂前家から堂前綾子さんと
『家』より『一人の個人』と見てくれる札幌に
まさに天と地がひっくり返ったようでしたよ。
【自由になんでも言える】札幌に
天国?と思いましたねー・・・
だから
自由奔放に書くことが出来た、とね・・
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」を
出版した時
亡き父の言ったひとこと
「あまり、親戚などにその本やるなよ(あげるな)」と
世間を気にしている態度に
「あーあ~札幌に住んでいて良かったわ~」と
思ったものです。
現在、一人の生活で思うことは
確かに、夫の立場や周りを気にする必要のない生活だからこそ
今、一番大切と思うことは
長岡や大学の同期会・クラス会・OB会・・などを
開いてくださる
幹事・有志の皆さんのご苦労で
新潟県に里帰りできるし、
恩師やクラスメートに会えることが
「幹事の皆さんのおかげで故郷の同期、先輩に会えてうれし~わ」と
長岡市立東中学(昭和35年から38年3月)の
クラスの担任の清水豊平先生や同期の方からの年賀状や
実家の母方の新潟県燕市の
金山十四雄さんからの年賀状に
涙が出るほどうれし~い(^^)
今このブログを書いている途中に
その金山さんから電話が
「おーい、誰かわかるか?」
「わかるよ、金山さんでしょ」
「メールアドレス本に書いてなかったぞ?」
doumae@amber.plala.or.jp
でーすね。
まさに今現在
この【絆・きずな】を感じるのねー
『きずな』は
人情・人とのつながり・優しさ・前向きに・・・と
明るい未来への『橋渡し』と
思いたい、私はね~~
札幌ては社会福祉協議会や西区山の手まちづくりセンターなどの
福祉ボランティアや学習ボランティア。読み聞かせ・講演。
『道民カレッジ』で
三角山文庫での受講にいらした皆様とのつながりでね。
「一番助けられ、元気でいられるのはこの私よ・・・」とね。
あ・り・が・と・う
感謝のひとことでーすね~(^^)
*追加
   東京、新潟県六日町の恩師田邊辰雄先生と会って、帰札翌日
   12月11日(日)山の手のサッポロ珈琲館に於いて    
   いろいろな顔ぶれが「なーんと11人集まったのねー!」
【道民カレッジ】受講にいらしていた
高橋佳子さん
『古い建物を見て歩く会【まちなみっくす】メンバー』から
「三角山文庫制作の【悩んでいるあなたへ】の本を
 買いたいのね」
「では山の手のサッポロ珈琲館でランチしますか?」と、私。
「道民カレッジに来た方も来るかしら・・・」から
私が呼びかけのメールを何人かに送信したのね、
当日、みなさん、
雪の中
めいめいいらした方々は、私以外
初めて会う人がほとんどでね。
【道民カレッジ・フリートークとコミュニケーションの講師】
元HTB北海道テレビ放送のアナウンサー
愛称『くりっば』でおなじみの栗葉貴代子さんや
講師の牧田武治さん、
FMラジオカロスサッポロのパーソナリティであり札幌大学講師のヘレナ先生
財界さっぽろの安藤記者(個人的にお姉さまとご一緒に)
【豆本制作】の三上右近さん等、
多才な顔ぶれがね・・・
「このつながりもすごーいわ~」と
思った出来事でしたよ・・・・