プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央大学があった御茶ノ水・ニコライ堂の鐘の音に・・・
8月18日(木)
お盆が過ぎたとたん・・
夕方にもなると、もう涼しい札幌に
「あ~あ~夏も終わりかな?さびし~い・・・」
このあっという間の暑い夏の日々に
本州はまだまだ暑くうんざりしているのかしら・・・と。
どうまえたかやさんから届いていた券で、
【犬の写真展・・岩合光昭写真展】を
札幌三越本館10階で見て来ましたよ・・・
猫や犬の好きな私を知ってね
催し物の情報や案内を教えてくださる皆さんに
うれしいですねえ。
猫の写真展の時は《のらねこ》の写真で
見ている私は涙がでましたが
犬の写真展では
みんな幸せそうな犬の顔におもわず微笑みが浮かんで・・・
なにか、複雑かなー・・・犬と猫の立場にねえ・・・
帰宅したら
先日の中央大学札幌支部会でご一緒でした
町屋 博氏から
当日会場で写してくださったスナップ写真が届いていて
その同封のお手紙から・・、思い出がざくざくと・・・
許可なく一部を掲載しますことお許しくださいね、町屋様。
《残暑お見舞い申しあげます。
前略
過日、学員会総会でお会い致しました町屋でございます。
 学生時代の頃、地下鉄御茶ノ水駅を降りると
ニコライ堂の鐘の音を聞きあの坂の上り下がりを往復し、
学友と駅前の喫茶店でコーヒーを飲みながら
語り合ったことなど、懐かしい思いがこみあげました。
・・・・・・・・・・》と。
私もクラスの友人達とニコライ堂の庭で
写真をとった思い出や
御茶ノ水界隈の大学・喫茶店・神田の古本屋・・・などの
あの当時の様子を思い出してねー
中大の放送研究会の部室通い
コンパ、共立講堂での音楽研究会の演奏・・・
ブラスバンド・マンドリン・スイングジャズ・ハワイアン・タンゴ・ウエスタン・グリークラブetc・・の
司会は放送研究会が受け持ち
全国の夏の演奏旅行《タンゴアンサンブル》
の司会で広島や熊本の演奏会に付いて行ったこと・・うんぬん・・
まだまだ大学の思い出
フラッシュバック・・・
「何学部でしたか?」と問われると
「法学部ではなく放送の放(?)学部でーす。」と言うくらい
専門(仏文)の勉強そっちのけで放送研究会にね・・・
BSN新潟放送の面接試験の時
「専門学科が悪いですねー」といわれたぐらいですから・・・ね。


スポンサーサイト

平成23年度中央大学学員会札幌支部の会で学生にもどった瞬間・・・
   *8月3日、このブログのコメント覧ご記入の《ピンクのぼうしさんへ》お礼
    三角山文庫の布の絵本【ぼうし】を
    ニセコ・ホテル甘露の森で
    購入してくださいましてありがとうございます。
 三角山文庫の所在地は札幌市西区山の手2条11丁目4ー8
       FAX・TEL 011ー611ー7614 《電話は留守電・お名前とご用件を》
       連絡先は090・3892・5292
8月5日
暑く汗ばむ札幌の日々にね、
季節で《夏が一番好きな私》にとっては
「あ~あ~汗が出るほど暑い夏、いいなー(^^)」ですよ。」
午後6時から札幌京王プラザに於いての
中央大学学員会札幌支部の定期総会と懇親会に出席する前に
三角山文庫の行事がある時に
手伝ってくださる福田ひろ子さんと
道立近代美術館で待ち合わせてね、
その隣の【知事公館】に
札幌在住43年にして初めて見学したのね。
芝生の広い庭には
お子様づれの若いお母さま方がブルーシートを敷いて
お茶お菓子を前に話に花がさいている姿や
お子さんたちが知事公館の玄関前で
自転車で遊んでいるのを目にした時に
「日本は平和なんだわー~^^」と思いましたね。
福田さんとは狸小路で別れて
大通公園のビアガーデンを横目に見ながら
京王プラザの会場に向かったのね。
受付で厚い本
題名【タイムトラベル中大125】1885ー2010
をいただいた時
125周年の長い歴史に感慨を・・・
参加者はほとんど男性、
上田札幌市長も最後までお席で皆様と歓談し・・・。
私の右隣の席は北洋銀行の方がた
「三角山文庫さんですか、宮の森にすんでいます。」と
左は旭川からJRで駆けつけたと受付でご一緒になり、
ひとつ離れた席に
「僕も山の手です。」
札幌市立山の手南小学校の
PTA会長富樫正浩氏。
中学生と小学生のお子さんがいらっしゃると、
「うーん・・若いわね。私は昭和42年卒業だから
私、年もとるはずよね・・・」と
独り言・・・
奥様も同じ中央大学とか。
宴もたけなわの最後に
《中央大学応援歌》《中央大学校歌》《惜別の歌》を
円陣をくんで歌い
・・・応援歌の歌詞の
【・・・ちから~ちから~ちゅうおう~~、中央~】
と歌った時に
急にね、《東都六大学》の
神宮球場での野球、その年に、中大が優勝した時のことが
思い出されて
「す・え・つ・ぐー・・・」と大きな声を張り上げた時をね・・・
その後、巨人に入団し活躍した末次選手のこと。
走馬灯のごとく・・・
学生にもどった瞬間で~した~
ありがとう。
幹事の皆様に感謝!(^^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。