プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
【道民カレッジ】と三角山文庫の寺子屋塾で人とのつながり
11月27日(土)午後2時から二時間
【道民カレッジ(北海道生涯学習)】の連携講座が
三角山文庫(西区山の手2ー11ー4ー8)で開催。
テーマ・【伊能忠敬と日本地図】の講座でしたよ。
講師は牧田武治様で
もともとカレッジの受講生の方なんですが
偶然、三角山文庫に他の講座受けにいらしたのね、
「講座もったらいかがですか?」が
始まりなんですねー^^
そして、同じく一般としての講座を聞きにいらした方も
*12月11日(土)午後2時から4時
   テーマ・【フリートークとコミュニケーション】ですよ。
   講師は元HTB北海道テレビ放送のアナウンサーで
   『くりっぱ』の愛称の
   栗葉貴代子フリーアナウンサーで
   ラジオや映画紹介、エアドゥ機内番組など
   幅広く活躍していらっしゃる
   美人アナウンサーでーす^^
ぜひ一般のみなさまも足を運んでくださいね。
皆様みんなが
受講生でいらっしゃいますが
『講師として講座を持っていい方がたばかり』
三角山文庫の講座は
参加者みんなが話し合い
そこからコミュニケーションができる
【貴方・貴女が主役でーすよ、自分に今できることを話す参加型でーす~~^^】
楽しい集まりですね。
あっ!11月27日は
三角山文庫の創始者である故 堂前 暁の命日でしたね。
2005年11月27日でしたねー
もともと多くの人が東京や地方から札幌にくると
必ず堂前 暁に連絡来てね
いつも集まる場でしたねー
きっと喜んでいることでしょう・・・
東京のどうまえみずほさんから
「お供えの花贈ったから・・・」と
長岡市の東中学時代(担任・清水豊平先生の時のクラスメートで)
副級長だった真理子さんから
「【たいせつな家族】の本は(内容深いですが・・)
気持ち的にはご主人にささげる愛情のこもった本なのだと思いました。
猫や犬は私も好きです。我が家では猫を飼っています。・・・・・」
と野良猫や飼い猫のおもいを・・・・
三角山文庫は
みんなのサロンとなればうれし~いですね。
連絡先は090・3892・5292


スポンサーサイト

広州アジア大会2010と大相撲から目が離せないのね・・
今回の広州アジア大会と大相撲を
毎晩夜中にテレビで見ててね、
だんだん目が離せなくなったのねー~~^^
ペアや団体戦も多くてね、
個人一人というよりも、
みんな団結のあたたかい人間関係が出来ているように感じてね。
皆さん選手の笑顔が一番うれしいのね、こちら見ている側も・・・
「仲間を信じて・・・」と
選手のみなさんの言葉。
・・・・自分のことしか考えていなーい世知辛い世の中、なーんて言われていたけど
うそよねえ^^
スポーツ・音楽・映画・etc・・から
『純粋な心をいただいてね、』
【旅】も入るわねえ・・私は・・・
ただ・・
残念なのはね、いくつかの試合でおかしーいことが
【大会の審判の一部の方も、国には関係なく純な心で、正当に審判してよね・・・】
見ていて恥ずかしい(だれが見てもおかしいんですからねー)
自分の国に有利になんて
スポーツ精神にのっとっていなーいでしょ。カンカンでーす。
そして、夜の相撲のダイジェスト放送見て
やはり
相撲もいいかなー~~^^
懸命な姿に
あの汗が物語っているのね・・・
が・ん・ば・れー~~
Playは全然ダメな私なのね
固くこぶし握って「ファイト~~」と声援送るしかナーイ、わ・た・し


沢田研二とワイルドワンズのコンサートで気分晴れやかにね・・・
以前【ジュリー・沢田研二のコンサート】に行きそびれて残念・・と思っていたのね・・・
なーんと・・
三角山文庫の手が足りない時のお助けマンでもある
くどうのりこさんからね、突然・・
【ジュリーとワイルドワンズのコンサート行く?】
「行く、行く・・」と私は即返事を、
ちょつと早めに着いたのね
その彼女が
待っている人達を見てね
「おばさん、おじさんばっかりねー・・」と
チョッとちょつと~まってよ、
私達もそのおばさんなのに・・
やはり・・自分は若い、と思ってるの?ね?{だから元気でいられるのね・・・}
2000人以上入るホールが
四階席までびっしり!満席状態^^
定刻、いきなり前奏から音楽が・・
もう、中間の席の方がたが
席から立ち上がり{ノリノリ}
若い人のコンサートなんか顔負けでしたよ~~^^
バラードで聴かせ、アップテンポと
後半はヒット曲のオンパレード
サービス精神いっぱいで
{心ウキウキの気分満点}
翌日の我が家での
【道民カレッジ連携講座の「三角山の話」の講座でも
気分良く皆さんと和やかにね・・・】
いかに
日常せかせかあわただしく生活していてもね
【このちょつとした時間の切り替えが】
精神的に大切かを実感し
次への活力となり、
マイナス思考もプラスに、
前向きな考え方にチェンジ、
【よーし~~】と、
充実した気持ちを、コンサートからいただてね
うれしさをチョツト書いてみたのね^^
あ・り・が・と~~青春をー
追加で・・
私がBSN新潟放送勤務の時代、
タイガースが長岡市に来てね
ジュリーたちの行く所、行く所に
キャーキャーと黄色い声援と追っかけで沢山の人がね
そんなこと、急に思い出してね~~



那須のペンション『バイブリー』ホテルサンバレー那須と三角山文庫の布の本でね・・
【北方ジャーナル10月号と財界さっぽろ11月号で紹介された記事でね】
*お知らせ
   三角山文庫の手づくり本
イラストエッセイ(親子絵本)
【たいせつな家族】700円 の購入申し込みは
   【札幌市西区山の手2ー11ー4ー8 三角山文庫】
    連絡先 090・3892・5292
    TEL FAX 011ー611ー7614【必ずお名前ご連絡先をね!】
書店では販売していませんので、
どうぞよろしくお願いいたします。
・・・・・
【財界さっぽろ】と【北方ジャーナル】のおかげでね
北海道の地方の図書館や書店から『たいせつな家族』の本をと
問い合わせがね・・・そこで・・
【財界さっぽろ11月号183ページの
安藤由起記者の記事の一部を掲載しますね。
『絵本の読み聞かせボランィアを行う三角山文庫(札幌)の
主宰者堂前綾子さんが、手づくり絵本
「たいせつな家族」を出版した。
6年前には実話をもとにした「三本足のロッキー」を出版。
第14回けんぶち絵本の里大賞で入賞している。
3冊目となる本作は、
現在飼っている犬と猫との暮らしや、
一部で問題視される野良猫へのエサやりなどについて
思いをつづっている。
「自然が減って、動物が住む場所がなくなっている。
どうすれば人間と動物が共存できるか、
考えてもらうきっかけになれば」と
堂前さんは語る。
価格700円問い合わせは090・3892・5292
・・・・と掲載されていましたよ。
この本は
本当に稚拙で手にとられた方はびっくりすると思うのね。
冊子にいろを付けた様なものでね。
全国出版にする予定で絵もカラーでするつもりでしたが・・
残念ながら東京の出版社倒産で
苦肉の策でね
急きょ、サッサツサと簡単にイラストにしてね・・・
なんやかんやで・・・
三角山文庫のアドバイザーでもある
埼玉県川口にお住まいのおおたあやこさんとね
那須のガーデンハウス『バイブリー』に
2005年から三角山文庫の布の絵本が
入っていたんですが、
挨拶と撤収するためと東京で
中央大学放送研究会15期の
東京駅近くの居酒屋『北海道』での会合がね、
幹事の中永幸治さんが仕切って、
『北海道』という店名で行かないわけにはね・・・
那須温泉での
ホテルサンバレーの
お風呂の多さと各館の温泉露天風呂やプールも入れて、
バイキングの食事が
お見事にメニュー多く、おいしく
そして、ホテルマンの方がたの
応対や接客の素晴らしさは
これこそ
「お客様は神様です」を紙に書いたようなね、
お客をあきさせない滞在型のホテルですねー~~^^
ガーデンハウス『バイブリー』は
名前のごとく
お庭がメルヘンでイングリッシュガーデン
オーナーご夫婦の優しさがにじみ出てね
女性の方がたには
絶対「また来たいわ~~^^」とウーンと
言わせるペンションでーすねー
こうして
三角山文庫の本と温泉・旅は一体化であり
自称「温泉博士」としては
ただ本書くだけでなく
いろいろ地元の人と景色・・・うんぬん
お金では買えない多くのことを学ぶ・・
ってことが一番の元気かなー~~
心から皆様に感謝・感謝でーすねー