プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ジャクソンの映画【THIS IS IT 】のパワーにビックリ!
今日11月28日午後7時封切りの
待ちに待った【マイケルの映画】を観てきましたよ・・・
ス・ゴー・イ~~のひとことでーす。
まだ興奮冷めやらずですねー・・
あのパワーと歌・踊り・・・

リハーサル中の映像でね
マイケルが舞台進行でのやりとりで、
バンドや踊り手の『相手方に指示を入れる時』の言い方がね、
【とってもやわらかく、一緒にいる方々の気分をそこねない】
全てに『熟知』していてね
監督方も『うーん、そーねー』と
それは彼の心には「全てが愛」なのかなー、とね。
それと、リハーサルだといって『手を抜かない』
「本番で声つぶさないかしら・・・」と
観ていてハラハラドキドキ・・・
映画が終わった時、観客席から拍手喝采でしたよ。
たしか・・テレビでね
「マイケルはいつも努力の人、旅先のホテルでも
練習をかかさない」と聞きましたが
「本当だわ・・・」と思った瞬間でしたねー
帰りの駐車場を出るときね
興奮さめやらずで
うっかり
三時間無料の料金券を入れるのを忘れて
支払いし、
普通だったら「くやしーい」かな、と思うけれど
「うーん・・まあーいっか・・・」と
自分の気持ちもお・お・ら・か
価値ある二時間弱の久しぶりに
気分の良いひと時でしたねー
そして、『学んだなー』でしたね。
スポンサーサイト

【努力】の影に【勝負の明暗はチャンスをいかすかどうかかなー】
  「24日朝に追加」 23日の第三戦はね、楽天・田中将大(マーくん)の完投勝ち!^^
         北海道日本ハム対楽天は 2対3
         野村監督が信頼しているマー君(北海道で活躍した高校球児ですねえ)
         短期決戦は 『投手』 にかかっているんですねー・・・
         セ・リーグの巨人対中日がね、まさにそれ・・・
         8回裏投手が打たれ4対2で勝っていた中日が3点入れられ
         巨人の逆転劇。落合監督の「勝つか負けるかそれだけ」とね。本当だわ・・・・
プロ野球の日本シリーズ・クライマックスシリーズでね感じたこと。
札幌ドームでの
北海道日本ハム対楽天の試合で
第一戦は日本ハム対楽天 9対8
9回の猛反撃で逆転サヨナラ満塁弾
「最後まであきらめない心が実践につながった・・・」と
第二戦は
まさに逆でね
9回に楽天が、ホームランが出れば逆転となるはずが三振で負けた。
野村監督のうつむいたインタビュー
「・・・・監督解任されて当然だ・・・」の言葉が耳から離れなくてねえ・・・
「チャンスをものにできるかどうかは
人生同じだわ・・・」と感じたできごとかなー・・・
・・・・・話180度変わってね・・・
「ノラ猫・地域猫のことですが、・・
【責任の所在】がどうのこうのと言っていたら
何事も一歩踏み出せないですよね?
だから・・・なんでも・・・
失敗・落ち度があるとね
「責任とってやめます・・」の言葉多いですねー
『責任問題ではなく』
問題はこれからどうすればよいか、
みんなで前向きに考えることが大切と、ね。それで呼びかけているんですね。
住民の力では限度がありますね。
行政の助言も受けながら、未来に向けて、ひとつの足がかりをつけてね、
それを次の世代につなげていければ・・・が願いでもあり希望ですねえ」

・・・・・・・・・イベントのお知らせでーす。・・・・

    *三角山のお話とシンガーソングライターNORICOのライブ

  日時 11月14 日 土曜日
      午後1時から3時まで

  場所 琴似駅前のイトーヨーカドー琴似店
      1階 トライ・アングル広場の舞台でします。

  内容 【三角山(さっぽろ遺産)のお話】 と 【地域猫問題】のこと
      札幌のシンガーソングライターNORICOのライブ
   
  『無料』 皆様お誘い合わせて多くの方に観ていただきたいと思います。~~^^
        お待ちしておりまーすね^^ 

  三角山文庫 【札幌市西区まちづくりパートナー登録団体(西区役所地域振興課)】
  にゃんの会・・【猫・犬など身近な動物や環境を考えようね!の会】

  「連絡先」 三角山文庫 TEL・FAX 011ー611ー7614
                        090・3892・5292
        




『のら猫』 の去勢・避妊費用を『行政』も応援して、「京都新聞」から
   *北海道日本ハムファイターズがパ・リーグで
         5年ぶり2度目の優勝でーすよー^^おめでとうー~~!
         延長12回目サヨナラ勝ち・5対4(西武ライオンズ)
         梨田監督の「まだ夢の先がある・・・・」でね・・・・
私たち【にゃんの会・・猫・犬や身近な動物、環境を考えようねー。】でもね
「今、自分にできることをしよう~~でーすよー」
・・・・・そんなことでね、【まだまだ・・・夢の先を見据えてねー】
このブログの右側のリンクをクリックしてくださいね。
     【ヘレナさんのブログを見て~~ね^^】
とりあえずね、
コピーしました・・・・・よ^^!
FC2 Blog Ranking Sunce i suncokret 顔晴れ~がんばれ~(太陽&ひまわり)
愛LOVE HOKK愛DO!愛do!
| Home |Next≫
Sunce i suncokret (クロアチア語de 「太陽&ひまわり」)の時々日記です。
エコな考え方しよう♪私に出来ることからはじめよう。
地球は人間だけのものではありません!
ヘレナのラジオ番組
  ☆  FM78,1 ラジオカロスサッポロ 
   毎週金曜日 朝10:00~12:00 「Sunce i suncokret」(スンツェ イ スンツォクレート)
   ☆「三角山文庫」もそのラジオの中でレギュラーとしてね《親と子の寺子屋塾》で
    出演させていただいていますよ。「感謝ですねー」
捨て猫問題 2009.10.05 Mon
    『野良猫の去勢・避妊を無償で実施 京都市方針 』
以下は 京都新聞 より:

京都市は1日、来年度から野良猫の去勢・避妊手術を無償で行う方針を決めた。
市内の猫の殺処分数は犬の10倍以上に上っており、
去勢・避妊手術を行うことで野良猫の繁殖を防ぐ。
政令指定都市では初の取り組み。

 市内では野良猫の数が野良犬に比べて圧倒的に多いという。
猫の殺処分数は年々減少しているものの、
昨年度は1867匹と、依然として犬の159匹を大きく上回っている。

 野良猫はふん害や騒音など市民生活に悪影響を及ぼすことから、
市は3月に策定した「市動物愛護行動計画」で、
2018年度の犬猫の殺処分数を07年度の6割に減らす目標を掲げ、
具体策として無償で去勢・避妊手術を行うことにした。

 野良猫の被害に遭っている自治会などに、
保健所の職員が被害状況や飼い猫でないことなどを確認する。
自治会などがその地域の野良猫を飼育する意思がある場合に限り、
市が野良猫を回収し、市獣医師会の協力を得て、家庭動物相談所(南区)で無償手術する。

 このほか市は、飼い猫を捨てないよう市民に呼び掛けるポスター(B4サイズ)を京都府警と作製。
年内に市内各所に掲示する。
市生活衛生課は「猫の殺処分数を少しでも減らしたい」としている
【映画・・・ 犬と猫と人間 と】札幌で上映決定していますよ。
「現実の先にささやかな希望が見える」:
http://www.inunekoningen.com/
札幌での公開の予定は、
12月にシアターキノでの上映です。
    *ヘレナさんのブログのつづきですよ。
【未分類】 | top↑ 殺す法律を生かす法律に!
動物たちの命を奪わないで、方法を探しましょう! 2009.09.27 Sun
身近な環境の中に、またまた人間の都合と勝手な行動により、
生き物たちが苦しんでいます。飼っていたペットを捨て、
野良犬・野良猫問題が発生。
動物管理センターでは毎日小さな命が奪われています。
ペットは家族です。捨てないでください。一緒に住めなくなったら、
新家族を探してあげてくださいね。
捨てたら、野良猫になる。車、病気、虐待、動物管理センターの手など、危険がいっぱい。
地域の人の嫌がることがいっぱいあります。
お庭、公園の砂場でトイレをする。
去勢不妊していない子は、発情期のときに「マオーマオオォォォォ」っとあの独特な泣き声
はうるさい。そして、子猫が増えていきます。悪循環。
でも、
野良猫を地域猫にして、住民が面倒を見る例は沢山あります。
日本も外国も、クロアチアのRijeka市にもあります。
不可能ではありません。
行政は、「殺す法律」を「生かす」法律に、
「殺す予算」を「生かす予算」にかえることの、
なぜ言われないとわからないでしょうか?
一人では、あまり力ないけど、みな一人ひとりが「無理せずに、
自分に出来る範囲のこと」をすれば、
みなの力が合わさったら、大きな力になります、ね。そう思いませんか?
「小さな力いっぱい」が集まって、いい結果につながりいます・・・
【未分類】 | top↑ 「にゃんの会」はラジオで訴えています 
野良猫を地域猫に変えよう 2009.09.21 Mon
野良猫問題を地域猫に変えよう!
   *都会では、カラスのほかに、野良猫問題は大きいです。
野良猫が増えて、庭、公園の砂場をトイレ代わりにして、人間の邪魔をする。
猫嫌いな人なら、猫が近くにいるだけではなく、
猫の話をするだけでも嫌がるらしいです。
逆に、猫好きは、ノラ猫達が可愛い、そして可愛そうです。
ここの大事なことは、「好き」「嫌い」
という感情より、人間としてのモラルが登場するべきです。
高齢夫婦、孤独な一人暮らしのおばあちゃん、おじいちゃんにとっては、
ノラ猫達は大事な近所付き合い存在でもあります。
餌、水を用意して、庭、窓の前にノラ達が来るのを楽しみにして待っている。
高齢者は
猫のおかげで元気になるではないでしょうか?
猫は文句言わずに、あくびをせずに話しを聞いてくれる相手にもなるのです。
楽しみがあってそしてご飯を与えるなど世話をすることによって「ボケ防止にもなる」とか。

地中海の島キプロスで見つかった9500年前の遺跡には
人間、猫とネズミの骨もありました。
野生動物だった猫は畑の作物をネズミから守り始めたのです。
猫は農業に必要な存在になりました。
最新のDNA研究により、人間と猫の共存は13万年前に始まった可能性があります。
6000年前、古代エジプトの人は猫を子猫のときから手馴らされていました。
猫の本性をよく理解して、自由にさせていました。
人間よりもっと神に近い存在として猫は尊敬されていました。
家庭の猫が死んだら、悲しみの印として飼い主は眉毛を剃りました。
猫を殺したら罰は死刑でした。
  人間との長い関係を持つ猫ですが、
現代の社会では、ペットとして飼われている猫と逆に、
野良猫は邪魔扱いをされています。
増える、病気持ちの猫は人間に害をあたえる、
庭があらされる、公園の砂場が汚くなる‥
野良猫は好きでノラになったのでしょうか?
心のある人間なら同じ答えをするはず
:「いいえ、私達人間が捨て猫をするのが原因です。」
人間が自分で作った問題を人間らしく解決するべきです。
殺さないで、何か違う方法ないでしょうか?

都会の野良猫の運命はほとんど動物管理センターでの処分。
残酷な行為です。
ワナを置いて、野良猫捕まえ、施設に連れて行く。
里親が見つからなかったら、殺す。
人間の都合で、毎日のように小さな命がうばわれています。
その為にどれだけお金が必要でしょうか?
施設にいる間猫の世話する人の給料、猫の餌代、
殺すための「作業代」。。。いくらかかるでしょうか?
解りません。でも、お金がかかるのは確かです。
では、そのお金、野良猫を地域猫に変えるために使えば?
関心を持つ地域住民なども力を合わせれば、
きっと人間らしい、いい結果につながります。

野良猫たちがトイレ代わりに使う子ども遊び場の砂場問題を考えて見ましょう。
砂を汚すのは野良猫だけですか?
鳥の糞も吸殻も入っていることがあるでしょう。
フェンスなどで囲う方法はいかが?
飼い犬はお散歩中にトイレを済ます決まった場所はありますか?
ないですね。
「大きいほう」は飼い主が責任をもって始末します。
でも「小さいほう」はどう?
街のあっちこっちをトイレ代わりにするのは野良猫だけではありません。
ちなみに、
先日私の近所のゴミ捨て場の横で
トイレをしていた客待ちのタクシーの運転手がいました。
餌やりを禁止することも考えられますたが、
解決にはならないと思います。
餌がなかったらゴミあさりするか別の地域に移るだけでしょう。
そして同じことが繰り返されます。

野良猫が増えないために、
不妊・去勢手術費用を個人で払っているボランティアもいます。
クロアチアの例として、
ある市では野良猫を守る組織があります。
市からの少ない援助と個人寄付金で野良猫たちを不妊・去勢手術させ、
手術後はその施設で保護してそして回復したら元の地域に戻す。
その中に里親のところに行くラッキーな猫もいます。
病気の広がり防止には、不妊・虚勢手術のために病院に入ったら、
ノラ猫の健康チェックをする方法もあります。
病気があれば治療をする。
「じゃ~だれがそのお金を出すのか?」
小さな命より、
さきには「お金」の問題が出てくるのは悲しい現実です。
命とお金のバーターです。
動物管理センターでは
「予算」から野良猫・捨て犬の保護(?といってもいいかな?)をして、
施設で決められた期間預かり、
飼い主・里親が現れない場合は、ガスで殺処分します。
死刑を待つ期間中の餌代、職人の給料、電気水経費、最終的のガス代(?)、
焼却、その後の始末など「予算」から支払われます。
    *その予算があるだから、「殺す予算」から「生かす予算」に
      かえっていただけないでしょうか。。。
地域猫として認めてあげましょう。
飼い主のモラルにアピールをしましょう。
一度飼ったら、最後まで責任を持つ、飼えなくなったら、
当たらし飼い主を探す。

問題に関心のある人は情報交換の場を作り、
たとえば地域猫セミナーなどを実行する。
地域の皆さんの意見と協力が必要です。
ヘレナの番組「Sunce i suncokret」で
放送コーナーが進化して出来た「にゃんの会」は
そのようなことを考え、活動を始めました。
テーマの一つは、野良猫を地域猫に変えよう!
【未分類】 | top↑ 「大きい環境」を救いたいなら、
「小さい(=身近な)環境」を忘れちゃいけません 2009.09.20 Sun
番組Sunce i suncokret内のテーマの一つが、環境問題です。

前回の放送中にリスナー 「マロニエ」様から、小樽で巨大な風車設置計画によって、
地域の環境と生物への影響関連にお便りがありました。
インターネットで調べてみました。
http://otaru-journal.com/2009/05/0515-7.php :
「地球温暖化に防止に対し、
再生可能エネルギーの導入促進が近々の課題である中で、
このたびの計画はまさに社会的にも大きなものと考えます。
資機材の調達、
建設工事に伴う地元経済にも大変大きな波及となると考えます。
関係機関の協議が進められまして
大容量蓄電池を併設した風力発電所が
早期に設置されることを願っている」としている。
  *風車設置と地域の環境保護に関して調べてみましたが、
   答えはまだ見当たらないです。
温暖化防止対策と地域経済効果は期待できるようですが、
地域環境と生物に「やさしい」対策はあるのでしょうか??
【未分類】 | top↑
| Home |Next≫プロフィール
  Author:Suncokret
* Have a nice day *
クロアチア人、
ボスニア・ヘルツェゴビナ生まれ育ち、
現在北海道国籍(?)
ヘレナです(=^・^=)
* Dobrodoshli *
Think globally,act locally!
最近の記事
捨て猫問題 (10/05)
犬と猫と人間 (09/28)
殺す法律を生かす法律に!動物たちの命を奪わないで、方法を探しましょう! (09/27)
「にゃんの会」はラジオで訴えています 野良猫を地域猫に変えよう (09/21)
「大きい環境」を救いたいなら、「小さい(=身近な)環境」を忘れちゃいけません
   以上は
【ヘレナさんのブログから抜粋しましたよ。】
右側の「リンク開いて読んでみてねーくわーしく出ていますよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。