プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
3月31日タイムリミットの三笠市の猫・犬問題の情報あり・・・
みなさーん!
北海道三笠市の市営住宅にペットと住んでいる方々が追い出されるーの件。
3月31日がタイムリミット・・・。

情報がありました。

もし、ペット問題に関心ある方にお願いしまーす。
署名運動をし、市に陳情するようですよ。下に書きます・・・

http://www.shomei.tv/project-6.html

半角英数で打ち込んで開いて見て下さいますか?
3月31日までかなー?
開いて読んで見てくださいね。

賛同の方どうぞよろしくお願いしますねー!

考えただけで、[せつなく・ひとごとではなく・涙がでてきますね。]
心情を思うとねえ。

私が次回予定している児童書「たいせつな家族」(題名)は
まさに犬・猫と暮らしてみて・・・
なおさら・・・

「たいせつな」は我が家の犬2匹と捨て猫だった2匹と野良猫の1匹の
計5匹ですよ。

なにも大変とは思わないのですよ。
まさに[家族]そのものですからね・・・

ペットと生活した方には理解していただけると・・・思いますね。

私が著した絵本「三本足のロッキー」や「すてねこポチとたまのおはなし」も
このように・・・みなさんに理解していただければ・・・の思いで書いたんですよ。
スポンサーサイト

三笠市の3月31日期限切れの犬・猫問題のその後・・・
みなさんの多くの方から
「その後の三笠市の問題どうなっているの?」と
問い合わせが多くきていまーす。

「こちらこそ、どうなっているの?」と尋ねたいくらい・・・
と、思ったら、
今このブログ書いている最中の夕方6時のニュース
『UHB(フジテレビ系)』で取上げ放映されているところですよ。

そのニュースによりますと・・・

三笠市では「犬・猫手放すか、住宅を出て行くかの選択は変わらないと・・・
しかし、31日タイムリミットだから・・とは言わず・・・、少しずつでも引き取り手がいないかと
掲載したりしてはいるそうですが・・・」

一人住まいの女性は
「8年前から猫を飼っていたが手放すことにした」と泣きながらおっしゃっていましたよ。
ある女性の方は
「三笠市に今日、陳情書を提出したそうです」
ある男性の方は
「手放そうにも、年老いた犬なので引き取り手がいない・・・」と

100世帯ほどの方がまだ(?)いる・・・と。
まだ・・・とは失礼ですよ。全く・・・

この件は『飼っている方の(一部の方)のモラルの問題で端を発しているんですね・・・。』

飼う方も「簡単に可愛いから、寂しいから・・・で飼ったと思いますから、
最後までキチンと覚悟の上で動物をかわないと・・・ねえ」

「他の方々に迷惑かけ過ぎた(?)それとも甘え(?)もあったんではないかと思うんですよ。

今後、きっちりモラルを守る・・・という線で市の方と話し合った方がよさそうですね・・・」
謙虚(?)な気持ちで・・・ね?」

お互いに歩み寄りも大事かな・・・と思いますねー。私は・・・

昨日(27日)の北海道新聞の朝刊の一面の下の欄「卓上四季」に書かれていましたが、
抜粋させていただき掲載しますね。許可得ないで載せますがごめんなさい!

「野良猫がいつの間にか家に住みついた。ノラと名付けた。
ある年の3月27日、庭の茂みを抜け出し、そのまま姿を消した。
小説家・内田百の体験だそうですよ。
あっ!そうか・・・昨日は3月27日でしたものね・・・。それで・・・

つづいていますよ、
『もう会えないのかと思うと涙が止まらない。
風が吹いても雨だれが落ちても、猫でないかと気になる。
ノラやノラやお前はもう帰ってこないのか、
野良猫も一緒にいる間に家族になった・・・』と小説家が書いているんですねー。

まだまだ新聞ではつづいていますよ・・・

愛するペットを手放すか、住み慣れた家を立ち退くか。
三笠市の市営住宅で、犬や猫を飼う住人が迫られている。
今月末が期限だ。

知人に引き取ってもらうことになったものの、「一家で一晩泣いた」という人もいる・・・・。
もともとペット飼育禁止だが,黙認されてきた。
1800世帯のうち200世帯で飼った。
・・・・・・・まだまだ新聞ではつづいていますが・・・

3年の猶予があったんですねー。
犬・猫の寿命を考えれば、3年の猶予では短かすぎた。

この事態を市は予測できたはずだ。

すでに悲しみをこらえて手放した人がいる。
いま禁止を緩めれば不公平になることはわかる。

だが一部の非常識な人と一般の飼い主を同じに扱うのは乱暴ではないか。

知恵はないものか。
悲しい春に、胸が痛む。
・・・・とかかれていましたよ。

本当になにか良いアイデイアーないでしょうか?

みなさーん!皆さん!
私も送りましたよ・・・三笠市に・・乱暴かも・・・とも躊躇しましたが・・・
切羽つまった気持でみている方々が多くいるんだよ・・・の思いでね。

三笠市の猫問題を載せた私のブログとヘレナさんのと、多くいただいた皆様のコメントと・・・

少しでも・・・周りに心配し・案じ・心を痛め・怒り・他人の事でも自分の事と感じている
多くの方々の『やさしい心遣い・思いやり・なんとかならないか・・・の気持ち』
を三笠市は受け止めてくださーい!
お願いしまーすね!!

『お互いの歩みよりの話し合いで・・・市の方も『鬼』ではないことは十分にわかりますよ。
立場上・・ということも・・・葛藤『私情と任務』も・・・ね。

みなさーん!行動を起こして・・・良い方向に進展することを願って・・・ね。
そして『良い知恵を・・・』ね!

4月13日(日)午後2時から1時間45分の『祈りのエコロジー』のイベントを・・・

『犬・猫などの身近な動物や環境問題を考える催しですよ。』

札幌市JR琴似駅前のイトーヨーカドー琴似店 1階トライ・アングルイベント広場で
『紙芝居とシンガーソングライターNORICOの歌と生演奏』ですよー。

[猫の気持ちを歌った曲とハチドリの気持ちを歌った作詞作曲を聴く・見てくださいね。]

詩と曲は必見!!でーすよ。みなさーん!

訴えていまーすよ。イベントしながらね・・・

『自分にできることをしているだけ・・・』のハチドリの精神です。(南米先住民族の民話より)

「周りで見ているだけでは駄目よ、できることはしよう・・・」ということでーす。」

犬・猫などの身近な動物や環境問題を考えよう!・・・のイベント
    犬・猫などの身近な動物や環境問題を考える催しのご案内をしまーす。

     日時 4月13日(日)  午後2時から1時間45分

     場所 イトーヨーカドー札幌琴似店 (JR琴似駅前南出口側)  
          1階 トライ・アングル広場   無料です。


     内容  『紙芝居と音楽ライブ』

        ・ 紙芝居「ハチドリのひとしずく」 ヘレナ
             [南米アンデス地方の先住民族 民話より]

           *バック演奏 シンガーソングライターNORICO
          

        ・ 紙芝居「三本足のロッキー」
       又は紙芝居「すてねこポチとたまのおはなし」 どうまえあやこ

           *バック演奏 アイヌの楽器 ムックリ 石島しのぶ

    * *・音楽ライブ 札幌のシンガーソングライターNORICO   
                 の生演奏と歌ですよ!!お見逃しなくね・・・**

        ・ その他・・・
           *環境を考えよう!『祈りのエコロジー」

           *札幌の都市山『みんなの三角山』

    *北海道洞爺湖サミットの勝手応援団

   主催 三角山文庫 
       にゃんの会「犬・猫などの身近な動物や環境を考える会」

     連絡先 札幌 三角山文庫
            TEL・FAX 011-611-7614 

     『このブログの右側にある『リンク』の
      ヘレナさんとシンガーソングライター札幌 NORICO』
 開いて見てくださいね。プロフィールがわかりますよ。

* NORICOの歌声が聴こえてきますよ!パソコンからね//開くと・・いますぐどうぞ?
 * へレナさんのブログに三角山と自然がいっぱい!でてきまーすよ!!

札幌の方だけでなく地方の方々の来場をお待ちしていまーす。!

  みなさーん、お子さんから大人の方まで楽しめますよ。

今から予定に入れておいてくださーい!!
お買い物ついでやウインドウショッピングのついでに立ち寄って下さいね。

「三角山文庫」は
札幌市西区まちづくりパートナー登録団体です。

 
道民雑誌「月刊クオリテイ」の姉妹紙「うおんつ」に『三角山つれづれ』掲載
『暑さ寒さも彼岸まで』・・とはよく言ったものと・・・

積雪ゼロ、だんだん昼間が一日いちにち長くなり,
北海道にもよーやく春の気配が確実に!

ですが・・あちこち冬の被害の跡が・・

夕張の市民プールの屋根や元学校の校舎の屋根・農家のビニールハウスが
雪の重みに絶えられず壊れたり・・・
財政困難で後始末する費用にも困り影響がたくさんでていますねえ。

そんな中、「夕張映画祭が開幕」

夕張市の財政破綻による中止を乗り越え、
市民の手で2年ぶりに復活

『ゆうばり国際フアンタステイック映画祭2008』の開会式が20日にゆうばり市民会館で。
ゲスト観客約600人で満員。
手作りの『新生映画祭』
3月23日まで映画人と市民が交流。
約60作品を上映のほかイベントシンポジュウムも開かれるそうですよ。

夕張は元炭鉱の町です。
そして三笠市も元炭鉱の町ですね。
どうか・・・みなさんの力で良き町・ふれあいの町にしていって欲しいと願っていますよ。

行政と市民・住民がとことん話し合っていくことこそ、
市民密着の市政でありますように祈っています。
住民ないがしろはダメですよ・・・。(希望!)
高齢化社会だこそ・・・今立ち上がって。

ふれあい・・・というとね、
札幌の市街から近い「三角山」が道民月刊誌「クオリテイ4月号」と一緒に発売になりましたよ。
姉妹紙の「うおんつ」の19ページの小冊子です。
文は堂前綾子 イラストはふくろうおじさんこと石島しのぶさんです。

題は「三角山つれづれ」・・・[都市山] [人をつなぐ] [さっぽろ遺産]

目次
 はじめに
 札幌市街から近く、みんなに愛される「三角山」
 札幌と三角山
 人と人がふれあう三角山
 三角山から文化発信
 夢の実現にむけて

本の申し込みは「クオリテイ4月号」(750円 ) 書店で発売[北海道内]しています。
「うおんつ」は「クオリテイ」の中にはさまれていますが・・・(道内全地域ではないかも・・・)
『うおんつ 三角山つれづれ』(100円)の申し込みは
 
うおんつ編集部まで 011-644-0101まで
本州の方々にも、どうぞ読んでいただけるとうれしいですね。

みなさん!緊急つづき・・北海道三笠市営住宅の猫問題
3月19日(水曜日)
    市立小学校の卒業式でした。

みなさん!おめでとうございまーす!!

4月からの中学生に向けて、今の『純粋なやさしさ・思いやり・協力』の心を
ずっーと持ちつづけて下さいね。

昨日20日は「春分の日」で「お彼岸の中日」でしたね。
ご先祖様にも感謝ですね。

私はこの『やさしい思いやりの気持ちを』
三笠市の市長さんはじめ職員のみなさん・住民の皆様に声を大にして叫びたーい!!

猫も家族の一員ですよ。
市役所の皆様に言いたい・・・

「もし・・・自分が同じ立場にたった時の気持ちに置き換えて・・・と」

決まりだから・規則だから・・・は変わるためにもあることを・・・
良い方向へみんなでかんがえましょうよねえ。

核家族が多くなり『殺伐とした社会』でこんなに『ほっつ!!』とする
動物との共存・癒し・耳をそばだてて話し掛けた言葉を聞く猫の姿・・・

思い出して・・・皆さん!!

昭和30年代・40年代の日本の地域の人との「お茶飲み話の風景・あったかさ」の
世の中にしようではありませんか?

まだまだ皆さんの中に『やさしい心』がありますこと祈りますね。

猫も犬も鳥も・・・身近な動物と一緒に生活するのは・・・

『家族の一員』であるということをもう一度考えてくださいね。

3月31日がタイムリミットと言わないで・・・『叫び』

子供達にも「良いお手本見せて!!三笠市役所のみなさん!!」

この猫問題・・とても重要な件ですよ・・・
今後の日本にとっても・・・ね。

どうですか?みなさん!

コメントくださった皆さん!ありがとう!!
感謝!かんしゃでーすね・
あらためて・・緊急!深刻でーす。三笠市の市営住宅の猫問題
お願いです!おねがーい!!
    神様!みなさーん!たすけてくださーい!!

以前にこのブログでも書いていますが

北海道三笠市の市営住宅から

         『猫を飼っている人が追いだされるー』この3月31日で・・・

元炭鉱の町でその頃の炭住が今は市営住宅になっいる所です。

昨日(17日)この件でコメントいただいた方、本当にありがとう!ございました。

昨日(17日)夕方6時のニュース
FMラジオカロスの「ヘレナさんからTEL」あり「1チャンネルで猫問題のニュースよ」
すぐチャンネル変え、ふくろうおじさんの石島 忍さんにも電話をかけました。
「三笠の猫問題が今テレビで・・・」と

同じ17日にHBC北海道放送がニュースで取上げていましたが・・・
住民の死活問題ですよ、

一人住まいで
『猫が家族なんですよ。』癒され・話し相手であり・生きがい・・・それを取上げるのですか?


その家族を離して生活すれ!は私達にとっても失礼な大変なことですよ。
人ごとではすまされませんよ。

周りの方々も人ごとと思わず真剣に考えアドバイスおねがいしまーす。
『良い案』がありますように・・・

三笠市に言いたい!!

アンケートで半数以上の住民が反対したから・・・
もうすでに出て行っている人もいるのでいまさら変えられなーい・・・

なんておかしい・・・

アンケート取った時は『事前に住民に猫問題の件、きちんと教えず、ただ数字の上で
反対意見多かったからや規則だから・・・の一点張りで

住民の気持ち全然考えていないじゃないですか・・・

「もし、これがあなた自信のことだったらどうですか?市役所の方々・・・
規則だから決まったことだからですますのですか?」

他の反対意見だった人からも、気軽にアンケート答えたけど、猫を飼っている人が
追い出されるためのアンケートだったら反対しなかった・・・とおっしゃっている方が
ほとんどですよ。

数字にでているから・・だったら『人情』という言葉いらないじゃないですか?
「おもいやり」なんてないじゃないですか?

人と猫の命なんと思っているんですか?

もし出て行ってもらってもその後の住民の方々の対策考えて言っているんでしょうね?

これがとても深刻な、たとえば・・
もうこの市営住宅をこわさないとだめだから・・・とかの問題があるんでしたら?
対策考えないといけないですが・・

ただ、においがする・・・他人に迷惑かけている・・・
のことでしたら・・・。猫も家族の一員ですから、家族を離れ離れにしないで!!

この2週間でもっと住民・市民と話し合ってください。
お願いします。

こんな良い環境の三笠市
猫がのんびり歩いている・・なんていいじゃないですか?

本州の尾道の「猫通り」があったり、漁師さんの船が戻ってくるのを波止場で待っている
野良猫たち・・
地域住民と野良猫「地域猫」の共存や良き日本がある風景・・、優しい人たち・・

三笠市の職員の方々に言いたい!
本州に行って研究?してきてください!・・・と

三笠市の問題は現在飼っている猫のことなんですよ。
野良猫じゃないだけでもオーケーじゃないですか?
飼い主がいるだけでも・・・

住民と野良猫「地域猫」問題で困っているというのに・・・ねえ?
私達は・・・

なにがいけないの?
納得のいく説明を世の人たち大きな声でしてください。
これは三笠市だけの問題ではないのですよ?

怒鳴りこんでいきたい心境ですよ。

良い方向へ向かうことを祈っていますよ。
お役所仕事で終わらさないでー。「人情」人の情けですよ。
もう一度言いたい
『家族を離さないで・・離れ離れにしないでー』!!と・・・





映画『犬と私の10の約束』と前米副大統領ゴア氏の「不都合な真実」DVD
昨日[3月15日]封切りの映画「犬と私の10の約束」の映画を観にいきました。

ずーっと待っていた映画なので初日のきのう朝一番に出かけましたよ。
あいにくの雨でしたが、行けなくなったら困るのでね・・・
「行こうと決めたらすぐ、ずるずる後回しにするとね・・・結局しない」と経験上ね。

みなさん『犬の十戒』という短編詩をご存知ですか?

これは犬が飼い主にしてほしい10の約束事で作者不詳ですが
インターネットなどから世界中の人々に感動を与え、話題をよんだんですね。

その反響の大きさからメデイアが注目し、本になりついには映画化になったんですよ。

北海道函館を舞台にロケ、
海辺のシーンや金森赤レンガ倉庫や函館山ロープウエイ、旭川の旭山動物園や
桜並木のシーンなど沢山の動物たちの生き生きした姿・・
お子さんだけでなく大人の方にもきっと感動ものでしょう・・・。

『犬は人間同様、感情を持って私達と接している・・・
そのことを多くの人に知って、理解してね』の犬からの切ないメッセージでーすよ。

       『犬と私の10の約束』

1、 私と気長につきあってください。
2、 私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3、 私にも心があることを忘れないでください。
4、 言うことをきかないときは理由があります。
5、 私にたくさん話しかけてください。
6、 私をたたかないで。本気になったら私の方が強いことを忘れないで。
7、 私が年を取っても仲良くしてください。
8、 私は十年くらいしか生きられません。だからできるだけ私と一緒にいてください。
9、 あなたには学校もあるし友達もいます。でも私にはあなたしかいません。
10、私が死ぬ時、お願いです。そばにいてください。
   どうか覚えていてください、私がずっとあなたを愛していたことを。

これ、もしかして人間関係にも言えますよね?

それと、午後には札幌市西区の西区民センターで
   
  『地球に優しいまちづくり』の活動報告会と『不都合な真実』上映会

札幌市西区環境活動手引き絵本『さんかくやまべエが行く』

西区の小学生が札幌市の都市山「三角山」を調査し、
子供達によって書かれたキャラクターの
「さんかくやまべエ」を中心に三角山の環境を考える絵本です。
その調査隊の紹介とお話。

プログラム『第2部』は

前米副大統領ゴア氏が唱えた『不都合な真実』の上映会でした。

温暖化の深刻な状況が画面とゴア氏の話で//
世界のみんなが本当に
「自分にできることをしよう・・・」で環境のこと考えないと・・・

何十年後には陸が海になり、動物や生き物に大きな被害が・・・
  『自然がおかしくなった、雨量の増加で大洪水が起きたり、干ばつになったりで水不足』

ゴア氏は強く訴え、警告を発しています。
「ここで問題の先送りをせず、今ここで、全世界の人たちがその場しのぎでなく、
今こそ決断し、温暖化に対して対応していかないと・・・」と

アメリカの議会でもはじめ、訴えてもそんな馬鹿なと軽く考え取上げなかったそうです。
  
「政治の問題の前にモラルの問題です。」と

私達も『できることから始めましょう・・・』ね?エコ問題にもね・・・。

明日(3月17日)午前10時から11時

FMラジオカロス 78,1 「ヘレナさん番組」の中で
「にゃんの会のトークで出ますよ。ふくろうおじさんの石島 しのぶさんと。
身近な動物や環境問題のこと・・

生放送中のFAXは 011-622-2223でーす。
道内や本州の方からのFAXお待ちしていまーすね。

私の著書「本があるから、よりみちしよう」のつづきへ・・・
先日の『教え子の中学卒業後』のつづきを掲載しますね。

ページ127
・・・・・・・・・・・・・・・・
ある子は中学2年の頃、文庫から他の大手の学習塾に移って頑張ってはいたのですが、
担任から安全圏内で受験するようにと、一ランク志望校を下げるように言われ、あわてて
三角山文庫に再度やってきました。
「親にね。先生の所で特訓してこいと言われちゃって・・・・」
それからのフアイトで本人の「やる気が勝って」、見事第一志望に合格できました。

家庭教師で教えた生徒に、
「先生、どうして高校いかなきゃならないの」と
尋ねられたことがありました。

「そんなに早く社会に飛び込むことないよ。
高校三年間を、有意義に過ごせるだけ幸せよ。
どうしても仕事がしたかったらアルバイトで世間を見るチャンスはあるしね。

将来、何かの時、
やっぱり高校を出ておけばよかったとならないよう

『卒業』という免許をもらいなさい。

義務感で勉強するのは誰だって嫌だけど、人生の関門と思って切り抜けなさいね」

就職志望だろうが、本人の強い意志があればそれに沿うようにしてあげたいと思いますが、
若い、甘い考えで楽な方へ逃げて、後の人生狂っては大変です。

・・・・と書いているんですね、私は。

ページ141
        中学生教え子の大学受験

家庭教師で伺ったお母さんで、高校三年になったらまた大学受験のために英語を教えて
もらいたいという方が何人もおりました。
3年間も会っていませんと、男子生徒も大人っぽく変わっていました。

中学の時、学力はそう悪くもなかった生徒でしたが、
「学校の成績が良くないんです。
学校の先生にお前の成績だと札幌の大学は無理だぞと言われた」
ということです。

それが高校三年の10月頃の話です。
「どこの大学で、志望学科はあるの」と私。
「入ればどこでもいいです」と、
まるで雲をつかむような様子でした。早く言えば大学卒業という免状が欲しいわけです。

それからが大変です。大学案内を見て倍率の低い所、入りやすい所を探しました。
するとその年に札幌のある有名な大学に新設学科ができるのがわかりました。

「ここにしましょう」と私。
本人が「わかりました」。
どちらが受験するのか分からない感じです。
「先生、学校の冬季講習へ担任が来いといっているんですけど・・・・」
「普段から学校へ行きたくないんでしょう?
わざわざ冬休みに参加しなくていいと思う」

私の言葉にその生徒はほっとした表情を見せ、恥ずかしそうにしていました。
英単語を主に,『熟語2000語』をいつも持ち、常に見ているように言いました。

構文を中心に書き換え、慣れたら長文読解問題と入っていき、学校の勉強はそっちのけ、
ただただ入試まで大学入るための勉強でした。
一校しか願書は出していません。

私はその生徒に言いました。
「中学の時は、勉強したから成績上がっていったのは当たり前、
高校では勉強しないから下がるのも当たり前でしょう。
だけど頭は悪くないのだから、やる気だしたら合格するわよ」と。

入試まで受験一色。
捨て身の突撃態勢でしたね。

発表は新聞紙上で生徒の名前を見つけました。すぐ電話をかけました。
「先生、合格しました!ありがとうございます」と、うれしそうです。

その子と同じ高校に行っていた生徒の話では、
「あいつが大学に合格したって先生や生徒もビックリしていたよ。
ビリに近かったんだから」。
胸をなでおろした私でした。

ただ、その後どうしたかわかりません。無事卒業していることを祈るのみです。

・・・・・・・・・と書き掲載したんですねー。「本があるから、よりみちしよう」にね。

長くなってごめんなさーい。いろいろな人生が・・・あると思い掲載したんですよ。

昨日は『14日』道内では市立中学の卒業式でしたよ。

あちこち、大学や専門学校の卒業式なのか・・・
袴姿の女学生など盛装した若人の大通りを歩く姿に「ふっ!」としばし・・・
昔の自分を振りかえり、としつきの長さを実感した・・

「君達の未来に『夢』『希望』の光あれー!!」祈っていますよ・・・


この時期3月・4月に思うこと・・・中学卒業後・・・
この時期、入試発表の時期になると・・・

過去の自分の時のことや
小・中学生に勉強を教えていて、私が開設していた『寺子屋塾』に通って来てくださった
生徒のみなさんの一人ひとりの顔が走馬灯のように思い出されますね。

家庭教師で札幌市全部の区をまわり、
受験前日までとことん中学生と受験勉強にあけくれしていましたねー。

きょうは小・中学生も私のブログを読んでくださることがわかり、
とてもうれしいですよ。ありがとう!
いつでもコメント下さいね、お待ちしていますね。

自書の本から抜粋したいと思い掲載しますね。

私の著書『本があるから、よりみちしよう』
      副題 布の絵本とよみきかせ図書館
            三角山文庫の35年

                  2003年8月20日[初版第1刷発行]
                  2006年2月15日[初版第2刷発行]

ページ125
      教え子の中学卒業後

 高校に入りますと、私立の場合、英語の教科書は中学の復習から入っていますので、
いつの間にか教科書の内容もわかり、高校に入って伸びる生徒もいました。

しかし、教え子の中には高校を中退した生徒もいました。
その子に会い、お父さんの仕事の後を継いで、見習として一生懸命頑張っている大人っぽい
姿を見た時、「それも人生。まあ、それもいいかな・・・・」と思ったりして。

公立上位校に入学した生徒が、文庫に入ってくるなり、
「先生、この前の入試、学年百・・番さ。親にいえないよ」

中学時代には学年十番台を確保していた生徒でしたが、
子供にとりましたら大ショックで、今までのプライドが傷つけられて、
エレベーターが下がるようにやる気も落ち、成績がだんだん下がったりします。

「全然気にすることないよ、同じレベルの子に順位をつけるのだから、
ちょっと怠けたらすぐ下がるよ。
中学の時には勉強、勉強で、高校でほっとしたからダメなんだよ。
普段の授業をきちんと聞いていれば大丈夫よ。
あまりさぼったらついていけなくなるよ」

気持ちにカツを入れ、楽しくやるようにと言いました。
彼は、学習意欲向上のためにアシスタントテイーチャーとなり、
その後も大学生先生として大活躍しました。

あるお子さんは私立も危ないからと、定時制や地方の高校を勧められたりして、
親御さんが困ってらっしゃいました。

そういうときは、まず本人と話します。
「親に言われたから、学校の先生が勧めたからというだけで学校を決めると
高校にはいってから学校が楽しくないとか、
自分の行きたい高校でなかったとか言うんだよ」

ほかに理由をおしつけたり、言い訳をして高校を中退する場合が多いからです。

私のところは最後の『頼みの綱』で、中学3年生の『駆け込み寺』みたいになっていましたね。

・・・・・・・・・・・・(まだまだつづきます。長くなるので省略します。・・・)

小・中学生や高校生になるみなさんに伝えまーす。

「ライバルは自分自身ですよ。周りのだれでもなーい。
精神力で乗り切ってね・・・」
宇宙の旅 年齢不問「過去最高77歳」
そういえば・・・
1998年にスペースシャトルに乗ったジョン・グレンさんの当時の年齢77歳、
・・が最高齢だそうですね。
覚えていますよ、私。その頃のこと「ワーすごーい!」と・・・

国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」保管室建設のために
宇宙へ旅たった土井隆雄飛行士(53歳)

民間人を含め10回目となる日本人宇宙飛行の中で最年長。

北海道新聞3月12日(水)の夕刊で掲載されていましたよ。
「宇宙飛行には年齢制限ありません」
宇宙飛行士で医師の向井千秋(55歳)さんのコメントが。

「宇宙施設の機器が複雑になり、操作や維持に、
体力以上に熟練が必要で「体力より技術重要」

日本飛行士の健康を管理する宇宙機構の
立花正一健康管理グループ長は
「必要なのは持久力と経験」と話したそうです。

4月1日から宇宙航空研究開発機構が
新たに飛行士を募集する。

宇宙に関心ある人、夢」の実現に応募してみたら・・・いかが?

「ほらすぐそこに・・身近にチャンスありますよ!」

若いみなさん!に言いたい・・・
卒業で仕事を求め都会に出るのもいいですが・・・

「こんなことじゃ・・・なかった・・・。と営業・ノルマの数字・上司からの威圧感で
ストレスたまり、世の中甘くなーいと涙でしかたなく・・
挫折で・・故郷に戻る・・人いると思うの」

「ちょっと待って!都会にでるの・・
ほら、空を見上げて・・こんなに素晴らしい(ふるさと)・澄んだ空気・良い環境・・
これを生かさない手はありませんよ・・・
アルバイトから始めてもいいと思うの、
修行のつもりで・・・
そして、最後は自営でもいいし、「ふるさと」を見直してね」

考えようによっては
『果てしない夢が広がっていまーすよ』・・・若人よ、

あなたにかかっているよ。
地域活性化にひとやくかって・・・。一村一品でもいいし・・・。

ふるさとに元気!覇気!勢い!賑わいをもたらして・・・

ね?そうでしょ?前向き・・前向き・・に・・・



みんな、「夢」「希望」「あこがれ」・・を支えに頑張れるのかなー!?
Qちゃん(35歳)も「夢に向かい・・・」マラソンしているけど・・・

W杯モーグルで初の種目別優勝した・上村愛子選手(28歳)や

「あこがれ」を支えに米シャトル「エンデンバー」搭乗の土井隆雄(53歳)さんは
昨日(11日)日本初有人宇宙施設「きぼう」を載せて飛び立ちましたね。
今回で2度目の飛行です。

コロンビア号事故では、初飛行の際に一緒にスペースシャトルに搭乗した
インド系女性飛行士ら、訓練をともにした親しい友人を失った。
シャトル計画も凍結され、苦しい試練乗り越え再飛行だそうですねー。

国際宇宙ステーションへの設置任務を担うのですね。
日本人最高齢の搭乗となり、今回のクルーの中でも最年長だそうです。
土井さんのコメント
「訓練で技能レベルを高い状態にしておくことが出来る限り、年齢には関係が無い」と
そして
「自分自身も年をとってくるし、苦しい時間もあった・・・

宇宙は子供時代からのあこがれの対象。

そこで仕事をすることは易しいことだった。
だからこそずっと続けてこられた」と話したそうですよ。

16日と18時間あまりの長丁場、船外活動は5回の盛りだくさんの任務。
「無事に任務達成して」と中学時代の恩師や地元小学生等が
山梨県立科学館で成功を願ったそうです。

上村愛子選手も旅行中、カナダで里谷多英選手(札幌出身)の試合を見てモーグルの
とりこになったそうですよ。
 
長野五輪金メダリストの里谷選手さえ果たせなかった種目別優勝のタイトルを手にし、

「自分に打ち勝つことができた。自信が持てます」とコメント。

一昨年の5位に終わったトリノ五輪の時から左ひざ痛に苦しんできたそうです。

高校生で長野五輪に出場し、脚光を浴びて10年
『愛子スマイル』で人気だった少女。
みなさんも覚えていますか? 今や28歳の風格が・・・。

みんな「夢や自分自身の目標を目指して、頂点でやめず、なおつづけるのは・・・」

『やはり・・好きなんですよ・・・』とみんながみんな、言いますよね。
まさに「継続は力なり」なんですねー!?

私もこの言葉好きですよ・・・
ここまでつづけられた「三角山文庫」の活動は
みなさんに助けられ、支えられ・・・感謝のひとことですものねえ・・・。

みなさんの勇気に「励み」をもらっていまーす。!!
大きな声で言いたい!

ありがとう!!

好きこそものの上手なれ・・・と。ね?

北京の五輪マラソン代表決定!スポーツ満載の季節・・
一昨日(9日)の名古屋マラソンの波乱から一日たち、
昨日(10日)男女6人の代表が決まりましたよ。

男子は尾形剛選手(34歳)・佐藤敦之選手(29歳)(共に中国電力)・
    大崎悟史選手(31歳)(NTT西日本) 補欠は藤原新(JR東日本)

女子は野口みずき(29歳)(シスメックス)・土佐礼子(31歳)(三井住友海上入社後
    才能が開花)・中村友梨香(21歳)(天満屋) 補欠森本友(天満屋)

 
酷暑の北京だそうですよ。
野口さんと土佐さんはアテネオリンピック経験者です。
中村選手のコメントは
「課題をなくして、出られなかった人のためにも責任感じる・・・」と
出られなかった人?とはQちゃんこと高橋尚子選手のこと・・・よね。

Qちゃんのコメント
「オリンピックは特別な大会、あまり負担に思わず、
人生の一つとして楽しんでほしい・・・」と
心から応援しているのが伝わってきますよ・・。

吹っ切れていますよね・・・Qちゃんの心の中ではね。
選手のみなさん
「正式に決まったので一日一日を大切にしたい」土佐選手

「やっと大きな目標に向けて走り出せる、挑戦者の気持ちで・・」野口選手

土佐選手は5位に終わったアテネから4年
「成長?年をとってしまったことです」と報道陣の笑いを誘ったそうですよ。

野口選手はアテネ五輪金メダリストですよ。

みなさん!フアイト!フアイト!

大相撲春場所も始まり、野球もオープン戦、ゴルフ、卓球・・まだまだスポーツ
の開幕ですよ、テレビ新聞に目や耳を・・・ね。

そうそう・・3月11日は札幌の「三角山記念日」ですよ。
標高約311メートルにかけてね。
山登りもよいかも・・・。市街から近い都市山ですよ。
マラソンの高橋尚子選手に拍手・・「あなたはすごい人!!」
北京マラソン選考会も兼ねた(名古屋マラソン)

高橋尚子選手のあきらめない挑戦に・・・
終了後の記者会見に私は涙・・・

記者会見場の第一声「やっちゃいました」・・笑顔で・・

全国みんなが注目したマラソンでしたねー。
9キロ過ぎごろ、急に高橋選手(Qちゃん)失速、
ひっきりなしに右足に走りながら水をかける姿が・・

解説者が「おかしいですねー。右足にアクシデントでも・・・」と

でも途中棄権せず最後まで走り抜いた、2時間44分18秒27位でした。
優勝はニューヒーロー21歳の中村友梨香選手です。2時間25分過ぎでしたねー。
2年前から挑戦のために頑張ったと。

Qちゃんんの記者会見で驚きの事実がわかり、
それをマラソン前に言わず
(去年8月右ひざの半月版を手術で50パーセント取ったそうです。)
確かヤンキースの松井選手もそれで手術したんですよね?

もちろん全国の皆さんが注目しているマラソンです。
右ひざ故障を負けた理由にしなかった・・。

「これが今の私の実力だと思う・・・
無理なのかなー、ダメなのかなーと何百回何千回とやめることを考えた・・、
挑戦するために手術をした・・
ひとりだったらやめたかも、みんなに支えられて」とそして・・

「あきらめなければ夢はかなう・・をみんなに言えなかった事は残念」と

「いいえ、Qちゃん、あなたのメッセージは全国の子供達や私達にも届いていますよ。
完走したことはすごい!
たいていの選手は途中棄権し、実は・・・と記者会見で言いますものね。」

「引退か?と言われるかもしれないけれど、それでも私は走りつづける。
一歩一歩の目標があって、次が見えても・・次の目標を見据えて選手を続行します。」と
キッパリ宣言。

すかさず記者は「次はロンドンのオリンピックですねー」と
私は「違うでしょうよ、どうしてすぐそこへ話しがとぶの」と言いたいわ。

一歩一歩の目標を見据えて・・といっているでしょ?Qちゃんは・・
なんですぐオリンピックになるのよ?
Qちゃんは(もう少し走りたいために続行します。)と・・・ね!

モーグルの上村愛子選手の優勝やボクシングの内藤選手のリンクの上の
戦う姿など・・
(みんなの次への挑戦に立ち向かう姿に感動!!ですよ)

結果はついてくるものですし・・・ね。
それが優勝という形でないにしろ

その人個人の目標達成で・・・本人のみの区切りがあると思うのね。
自分が納得し
「もうこれでいいわー」が「次へのバトンタッチですよ」と
言う時が終了かな?

今回のことで一番うれしいと思ったことは
見に来ていらしたみなさんやフアンの方々の温かい声援や応援の声でしたねー。
だから(ガンバロー)への活力ですから・・。

「Qちゃん!あなたは笑顔が一番似合うよ。それでこちらも元気もらっていますよ。
あなたの心の強さ・勇気・あきらめない姿・・に乾杯!!」

みなさんの考えは?






札幌はいっきに雪解けが・・・
先週の半ばから晴れがつづき、雪解けが・・・いっきに・・

玄関脇に屋根の雪、いいえ氷が下に長方形の形で地面に突きささるように
落ちているのにはビックリでしたよ。

そういえば・・すごい音がしてましたもの・・・

スコップで割ろうとしても、びくとも動かず・・・
「まーいいか・・・自然に溶けるし・・ね。」と

ようやく、札幌も春が確実に近づいている・・・と実感しているんですよ。
この2・3日でね。

昨日土曜日(8日)午前10時頃、陽射しも暖かくなり、
犬2匹と散歩に外にでました。

いつも,犬の首に私のマフラー巻いて外にでるのですが、その時は
マフラーせずに、犬もすっきりしているせいか歩く足も軽やかに・・・

その時、携帯に電話が・・・。
久しぶりに小樽を通り抜けて積丹半島に連れてっていただきましたよ。

海の色が塩の流れで・・緑色・ぐんじょ色・みず色そして白い波と・・

美国の漁港には「イカつり船が」船着場に停船していましたよ。

よく海に行くと朝早く暗い時に、海の遠くにイカつりの「いさり火」見ますが
こんな近くで船を見るのは初めてでしたねー。

この船の上で寒い中、漁師さんは仕事をしているのか・・と思ったら
「一つひとつの食べ物に感謝の気持ちでいただかないと・・なー。
けっこう、贅沢に食べ物を無駄にしているんだーと自分の心に言い聞かせましたね」

・・・そーして・・・(イージス艦の事故のこと思い出し)心で泣きましたよ・・・

波止場の海の透明感・・きれいな水で海底まで見え
なんか・・・おかげさまで、小さな旅を味わい気分一新できましたねー。

冬眠から覚めた感じでしたよ。

観光客相手の売店などは・・さすが・・まだまだ冬眠状態でしたね。

北海道の観光で賑わうのは4月末頃のゴールデンウイークからですから・・・

ズーッツと車で走っていて気が付いたんですが
人が歩いていないなー・・と。

地方に行くと店のシャッターは下りているし、そして・・
若い人をあまり見かけない・・
みんな都会に出るのでしょうか?

高齢化社会になっているのが分かりますねー
特に地方の小さな町では・・・

今の日本を象徴しているような・・・
覇気や勢い・元気がなーい・・・

そう思いません?

道内住宅メーカー「木の城たいせつ」つづき・・
3月5日に事業を停止した住宅メーカー道内大手の「木の城たいせつ」
(北海道空知管内栗山町)の波紋が大変大きく痛手になりそうです・・・。

グループ計4社の自己破産を10日に札幌地裁にだすそうですよ。
グループ従業員計566人  全員解雇へ
負債総額4社合わせて約111億7000万円に達するそう・・・。
社長のコメント
「時代の流れをとらえることができなかった・・・
北海道の皆様に大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫びもうしあげる」と述べたそう・・・。

解雇された従業員の雇用問題と
300社を超える取引先や住宅購入者への影響も懸念される。
と、北海道新聞に掲載されていましたが・・・

これは、今後の北海道の経済にも大きな影響を及ぼすのは必死とおもいますよ。
困った問題どころではないですよ・・
中小企業経営者や商売している方々や、まだまだ多くの方面に
影響でます・・・よ。

特に冬場の長い地域にはただでさえ仕事の需要が激減しますし・・・ね。
死活問題です・・・

心配なのは・・・人災・家族破綻・自殺など起きないよう
願うのみですねー。
なにも出来ない周りの方はただ歯軋りし、唇をかみしめるしか手がないのでしょうか?

夕張(元炭鉱の町)の件やまだまだあふあふ息絶え絶えの地域が
山盛り?ですよ・・・北海道は特にね。

なんとか、国の力で助けて下さるとよいのですが・・・

子供達にも重い影響・波紋・・・都会で生活している学生の学校の授業料や日常費・・・

どうしたらよいのでしょうか・・・

心情を思うと・・・(涙)

「自分にできることをしているだけ・・・」が
通用しない?ことあるんですね・・・

こんなこと言えるのは・・・まだまだ世の中を甘く見ているんだなーと
そして、その人その人の立場で言えること・・ですから?

簡単に(言葉を発する・・・ことにも) 
言葉の重みでズッシーンときています・・・

反省しきり・・・ですよ。私・・・「ごめんね」






びっくり!!住宅メーカー北海道大手の「木の城たいせつ」破綻です・・・
昨日(6日)の北海道新聞朝刊に掲載・・・

私は前日のテレビのニュースで知りました・・・

5日に事業停止し、自己破産へ
負債額約68億円
建材製造部門や施工のグループ会社5社で従業員600人
その方達の処遇は未定だそうですよ。

(解説)によりますと・・・
景気低迷による道内での販売戸数の伸び悩みに加え、
着工基準を厳格化した昨年6月の改正建築基準法施行が追い打ちを
かけたからだそうですよ。
・・・また・・・
同様の構図は、マンションを中心に道内住宅業界に共通しており、
先行きが危惧されている。
と、書かれていましたよ。

私はずーっと思っていたんですよ。
・・・と言うのは
「木の城たいせつ」の家はあちこち急に建築された個人住宅が多く、

似たような建物で・・・

初めは興味がもたれる家でしたよ・・・ね。確かに・・
「そう三階で見ればすぐ(木の城たいせつの家)とわかりますよ。

私は「それがなんだかやだなー?と・・・」

「家に個性がなーい?」と・・・

新聞にも書いてありますが
(建物がワンパターンで、もはや若い世代にうけない」
地場住宅メーカー幹部のこのようなコメントしている記事が掲載していましたよ。

これ・・・ってマンションにも言えますよ・・
似たような・・一見、若者好みにお洒落に見えますが・・ね?

北海道栗山町にある会社です。
町や商店街・住民の方もあたふたとあわてています・・・よ。
財源に助けられていましたから・・。

今はどこが倒産?といってもおかしくない社会?
特に大手の会社とか・・・
安心・・なんていっていられないですよねえ。

それこそ、おかしい?
これも国の政治のせい?
早く脱出して・・・住みよい世の中にして!(叫び!)

・・・庁が税金を旅行費用に使用したり、いらない設備品に使用したり・・・

そういえば・・3月によく聞く言葉ですが・・・
「来年の予算が減ったら困るから、あまらないよう今年の予算使い切ろう・・と
あわててしなくてもよい工事をはじめたり・・・」

国民を馬鹿にしないでよ・・・ね?

一般市民の時は批判したり「こんなことでは・・自分がかえる良い世の中に」と
立候補して当選した議員さんに言いたい

「長いものにまかれろ・・・にならないでくださーいね」



山の手南小学校の図書委員のみなさん
おととい(3日)と5日の朝、学校の玄関前、

3日には5年生の図書委員のみなさんが
5日には6年生の図書委員の方々が
私とロッキーとフジ(ミニダックス犬)の周りに集まったんです。

「えっ!なんだろう?」
と、思ったら・・・

「堂前さん、図書室に手作りの布の絵本の寄付ありがとうございます」と

そして・・・、
色画用紙に各自委員の方々が書いた寄せ書きを手渡して下さいました。
それには、
「*しかけの付いた布の絵本ありがとうございます・・・
 *一冊いっさつがてづくりで驚きました・・・
 *毎朝ロッキーとフジの朝のあいさつと見守りパトロールありがとう!
など、折り紙で犬やおりづるなどを張ってあったのです」

みなさんに、ふくろうおじさんこと石島 忍さんが描いた
ポストカード「北海道庁の四季(春・夏・秋・冬)」を差し上げました。
友達や親戚の方に近況の手紙出してくださるといいなー。と願い。

多分・・・翌日(4日)には6年生の予定?だったんでしょう・・・?
しかし、その日の朝、犬も家の玄関を出たのですが、
足を突っ張って歩こうとしないのですね。

「じゃー、おうちに帰ろう」と言ったら
クルッと向きをかえ家に一目散に帰るんですよ。

犬でもその日によって、「意志や主張があるんですねえ、今日はいやよ・・・」と

3学期も終わりに近づき
お世話になったと「感謝の気持ちを」
各自の委員の方々が父母や地域の方々に
お礼をしているんですね。

自主的に自然体で当然のこと・・・と。
こちらこそ、ありがたく、目がうるうるでーす。

毎日、学校の玄関前で滑らないよう雪のけをしていた委員のみなさん!
にも「毎日ごくろうさまです。ありがとう!」

学校教育はすごい!

いつも、小学生を見ていて、
基本の「あいさつ」を声にだして・・・
大人の人に接する礼儀
お互いの協力・いたわり・優しい気持ち・・

私は思いましたね・・・
日常の家庭生活でのお父さん・お母さん・おうちの方の
「普段の中の家庭教育が大切・・・」
あたりまえと言えばそうですけどねー

家庭の中でも
(お子さんの目の前で絶対にお母さんがお父さんの悪口?を言ってはいけない)
たとえ、休日だらーんとしているお父さんの姿を見ても
お母さんは必ず
「ホロー」を忘れずに・・・)

お子さんは何気なくみんな見ていますよ!

幼児の(ままごと遊びのやりとり)を聞いていると・・・
わかりますよ・・・・ね?

本音と建前葛藤こそ・・・
今日は札幌の日の出6時4分でーすよ。

毎日の朝空けの時間が少しずつ早く、確実に動いていますねー。
私は朝型で朝の方が頭の回転やアイデイアー浮かびますね。

昨日(3月4日)は近くの山の手南小学校の視聴覚室をお借りした
「子育てサロン」開催日でした。

山の手民生・児童委員がボランテイアの方も含めて、
毎月1回催しているんですね。

寒い日でも、数ヶ月のお子さんと1・2歳のお子さん方が
お母さんに連れられていらっしゃいますよ。

「核家族」で少しでも皆とふれあうチャンスと・・・ね。
「えらいなー」と思いますね。その姿を見てね。

果たして・・私だったら(行けるだろうか?多分外出なんて・・・?)と
昔を思い出したら足踏みしているなーと・・・。

「今の若い人の子育ては?なんて非難しないでくださいよ。
たくましく、一生懸命さが伝わって・・・
不安・悩み・学ぼうとする姿に感激ですね」

今日3月5日朝10時から11時まで
ラジオカロスの「ヘレナさん番組で」
ゲストの木村先生の「大人の教育?」をテーマとした
お話がありますよ。
私にも同席して・・・ということで
ふくろうおじさんの石島 しのぶさんとラジオ出演しますね。

多分「卒業・4月の入学の季節にあわせて・・・の、親としての話かな?」

午後はデイケアの方々に
紙芝居「三本足のロッキー」や動作でする英語や歌などで・・。
自分自身が学んできまーすよ。
いらしてる皆さん(人生の先輩)ですから・・・ね。

日本社会が幼児化したのは1970年代からですよね。
豊かで安全となり、ある意味では
「成熟(生き延びる知恵)する必要がなくなってしまった・・・頃かな・・。」

「両親の間に価値観の葛藤がないと、
子供には成熟のチャンスがなくなる。」と、どなたかがおっしゃっていましたねー。
両親が連帯するのが最悪と。
学校に両親が口をそろえて怒鳴り込んでくるタイプだそうですよ。
お父さんの考え、お母さんの考えや近所のおじさん、おばさんなどの
話を聞きながら子供は成長していくんですね・・・。

極端ですが・・・。
政治家の方にひとこと言いたい
(人の言葉尻のあげあしばかり取らず、
責任の押し付けばかりせず、
悪かったことは素直に謝る、
ごちゃごちゃ茶番劇をした末に陳謝したり・・・することなすこと逆ですよ。

テレビを見ている子供達や若人にも恥ずかしいですよ。全く・・「私、怒っている」)

国会の答弁聴いていても・・・。
それこそ「あれは本音?」
おかしい?

そう思いません?







明日のために・・・今(はじめよう私達にできること・・)
おはようございまーす。
札幌は東の空に「おひさま」が上っていまーすよ。
朝が早くなりましたよ。
朝の6時チョットすぎかしら?朝日が・・・。

昨日(3月3日)夜北海道放送「TBS系」の午後9時の番組でした。
ヘレナさんから私の携帯にTELがあり、
「今ね、捨て犬の飼い主をさがす・・・番組よ!すぐチャンネルあわせて・・・、
私達のしている(祈りのエコロジー)よ・・・」と、
藤原紀香さんの案内役の番組でしたねー。

その中の一つのテーマでした。

ボランテイアの方の奔走している姿が
捨てられ虐待を受けた犬なのか?とても恐い目にあったのか?
ようじんして人になつかず震えている犬を・・ようやく餌を食べ
温かい飼い主を見つけてあげた・・・のでした。

それを見て私は思い出しましたね。少し前でしたが北海道新聞掲載を・・

小樽市の動物管理センターでだったかしら?
野良犬たちをボランテイアの方々が世話をし、殺処分にならないように、
飼い主が見つかるまで一生懸命世話をしている・・と

野良猫は見かけますが野良犬があとを絶たないとは・・・
「これは飼い犬をなんらかの事情で、置き去りにするって・・こと?
一度飼ったら最後まで面倒みることが飼い主のルールですよ。
人間より早く死がくる動物だと思うのね。
簡単に可愛いからペットに、飼ったは大変だから捨てたなんて
許せなーい話」

私達が訴えている「犬・猫問題や環境のこと」
「祈りのエコロジー」と名付け
「自分にできることをしよう・・・」です。

まさに、(明日のために・・・今)ですね。

みんな一人ひとりのちょっとした優しさとエコを考える気持ちが
どれほど良い世の中にするか・・・
ですよね。 みなさーん!ねえ!




3月3日(月)FMラジオカロスサッポロで生放送でーす。
みなさま、おはようございまーす。
今,朝5時54分、外が白じら、あけてきていまーすよ。

3月3日(月)朝、10時から11時まで・・「ねこ・いぬなどについてのトークでーす」
FM78,1MHZ ラジオカロスサッポロにチャンネルを合わせてね。
札幌近辺の皆様方しかダメですが・・・。

「本州の方や道内外の方にはFAX番号下覧に書きますので
普段考えているご意見など送ってくださいね。」

毎朝10時から11時の1時間 「月曜日から金曜日まで」は
「ヘレナさん」の番組でーす。
番組名は
「SUNCE i SUNCOKRET」 (スーンツエ イ スンツオクレート) 太陽とひまわり と言う意味ですよ。「クロアチア語でね」

ヘレナさんはクロアチア出身でーすよ。「イタリアの近くで地図でさがしてね」

3月3日(月)はおひなさまですが
その日は朝10時から11時まで「にゃんの会」の生番組です。

ねこや犬・身近な動物のことや環境問題のフリートーキングでーす。
ふくろうおじさんこと石島 しのぶさんと出演しまーす。

今日は本州の方や道内外方々にお願いでーす。
「二週間ごとの月曜日にゃんの会生番組に」

番組中に・・・
生放送中FAX 011-622-2223
生放送中のTELは 011-622-2222
リクエストメールアドレス request@radiokaros.com
番組時間外受付24時間対応FAX 011-622-5201

注意!! 「FAX、EーMail の宛先には必ず「番組名」を書いてくださいね。

ヘレナさん番組名は「SUNCE i SUNCOKRET」ですよ。

「猫や犬、のらねこ(地域猫)や環境のことなど・・・etc)

私のブログの「リンク」にヘレナさんのブログ載っていまーす。開いて見てね。
シンガーソングライターサッポロ[NORICO」も(リンク)に載っていまーす。
二人とも開いて見てくださいね。
「祈りのエコロジー」で活動していますよ。
ハチドリの「自分にできることをしているだけ」の精神です。
(中南米の民話の中から・・・)

きょうは宣伝?だったかしら?

それほど、猫や犬、環境のこと考えてね・・・ということでーす。

「皆様のご意見もお聞きしたいの!視聴者参加番組でーす。
よろしくおねがいしまーす。良いアイデイアーお待ちしていまーすね。」