プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日(2月29日)天気予報どおり暖かく
2月29日うるう年ですねー。
この日に誕生したお子さんはどうするのかしらね?

天気予報のとおり、3月終わり頃の陽気だったそうですよ。
札幌は・・・。
案の定、「注意してね」とブログに書きましたが、
屋根雪で事故が起きましたよ。
それもどうゆうわけか、高齢者の方が多いのですよねー。
「ちょっと、待てばいいのにね」と思いますが、ほおっておけないんですねー。

車道は雪解けで車が道路の雪解け水をはねながら走っていましたよ。
しかし、明日土曜日は、また平年どおりで雪だそうですよ。
道路がちがちに凍りますよ、注意!注意ですよ、
北海道の方々は・・・特にね。

北海道の根室に流氷接岸初日だそうですよ。
おととし以来2年振りだそうですね。
氷の上にオジロワシがのっていましたよ、テレビで・・。

また、ニセコの東山スキー場では
ダイナマイトで小さな雪崩をわざと起こしたそうですよ。

(雪崩防止対策として、立ち入り禁止区域なのにパウダースノウを求める
若者が、スノウボードに乗って入るのだそうです。)

まったく・・・困ったものですよ。
事故が起きなければいいと思っているのでしょうかねー
ひとごとと考える人多いんですよ。

それこそ、緊張感が足りなーい!
油断大敵ですよ!!
みなさーん!もしかしたら自分の身に・・・。

今日の朝にもブログ書いていますが、
土曜・日曜日に開いて見てくださる方がいらっしゃるので書きました。
スポンサーサイト

2月も今日が最後。3月は忙しい・・・
いよいよ2月最後の日ですよ。
北海道はまだまだ冬の真っ最中ですが、
3月の声をきくようになると、気ぜわしく・なにかと多忙ですねー。

今日は暖かいらしいですよ、気温春のような・・・と。
屋根雪落ちますよ!事故がないようにね、
ニュースで何人も、除雪で犠牲になっているのに

(自分は大丈夫。の油断が・・・気持ち引き締めてね。)

3月5日6日7日と三日間
ボランテイアで札幌市北24条西3丁目のケアハウス「デイ・ケア」
の誕生会に「かみしばい、動作でする英語・ゲーム・歌・・・」
行くのですね、
いらっしゃるメンバー同じらしいので、同じ内容できませんしねー。

最終日は着物でも着て(演歌)でも歌いますか?ね?
プログラムに皆さん出演の「カラオケ」の予定入っていますしねえ、
その前座として・・・ね?

新しい紙芝居をつくっていまーすよ。

題は「みんなの三角山」

ブログで以前にも書いていますが、札幌市の(都市山)三角山
みなさん朝早くから登っているようでーすね。
冬山登山もキシキシ雪を踏みしめハーハー白い息を吐いて・・・
夫婦・ご家族・学校の行事として・出勤前に・・・など

あっつ!そうそう、卒業シーズンですね。
沖縄は桜咲いてる最中かなー?

温暖化について若者たちが関心を示してうれしい!
雪・また雪・雪・・・
でも、冬は寒く雪が降り、夏は暑くなければいけないのですよねー。

2月26日(火)の北海道新聞朝刊の「読者の声」欄
見ていましたら、うれしいことに
大学・専門学校講師の方の文にであいました。
先生の許可無くですがちょっと掲載しますねえ。

 (温暖化憂う若者 教師冥利を実感)
というみだしでしたね。

専門学校をこの春卒業する2年生の最後の授業だったそうです。
その学生達の中の一人が突然、手を挙げて
「先生、どうしてもクラスみんなに話したいことがあります」と言う。

地球温暖化について語り始めたそうです。

具体的な数字をあげながら、温暖化で南極の氷が溶けておきる
海面上昇の影響や、
二酸化炭素を吸収する森林が東南アジアやアマゾンなどの違法伐採で
減りつづけていることを説明したそうです。

「身近にできることをやろうよ」と、

停車中のエンジンを切ることや暖房の設定温度を下げることなどの
実践を提案したそうです。
そして、
その学生はゴア前米副大統領の「不都合な真実」のDVDや
映画「アース」を挙げ、
「地球温暖化映像で見てほしい」と
言ったそうです。

次代を担う若者に、「こんなに意識の高い者がいたのかと驚き、
教師冥利を感じた。」

と、書かれていらっしゃいました。

先生!先生だけではありませんよ。涙がでるほどうれしく思ったのは・・・
新聞を読んだ私もとても感心しておりまーす。

「自分にできることをしよう」を率先してくれる若人に拍手でーす。

小・中学生も真剣に考えていますよ。
(北海道洞爺湖サミット)の環境問題のことでも勢いがつきますよね。

大人の私達ですよね、氣おつけなければならないのは・・・。
見習いましょうね・・・。
寒冷前線通り過ぎて、札幌はキラキラまぶしい
おととい23日、昨日24日天候がうそのように、
今日は(25日)朝からきらきら太陽が輝いてまぶしい・・・

しかし、冷え込み激しくて・・・
毎朝8時に、近くの山の手南小学校の玄関前に
我が家の犬2匹(ミニダックス)でわんわんパトロールを兼ねてね。

玄関出るとすぐ、犬が交互に手や足をあげ「くんくん」泣くんですね。
「足が冷たいようー」と、それくらい冷え込み雪の上を歩けない、
すぐ家に入り、今日は(出勤?)しませんでしたよ。
いつまでつづくのかしら?ねえ、この寒さは?

23日札幌の宮の森の会館で
ふくろうおじさんこと石島 忍さんの
(三角山とわたし」のお話がありましたよ。
山の手近辺の方々は冬でも三角山に登るのですが
お隣の宮の森の方々はあまり登っていないような・・・・?

市街から近いのと311Mほどの小さい山で
今や「里山」と呼ぶより「都市山」と呼ぶにふさわしいやまですよ。
100人近い人が登るらしいですよ。一日ですよ。
今は冬ですから、若干すくないかも・・・。
藻岩山も大勢登っているようですが・・・。
三角山もぜひ一度来て見てくださいね。

8月10日札幌市を「ハート(心)」の日ですよ。
「おもてなしの心で・・・」
夏は最高!!

一等三角点のある「三角山」から「札幌市のまちづくりができた」
ということご存知ない方が多いですねー。
京都のように碁盤の目の北1条から南までの、藻岩山下まで、
東と西に分かれ、運転する私など大変助かっていますよ。

札幌は「住みたい街ナンバーワン」ということもね。
私が札幌に住んだ頃(昭和43年)
転勤で札幌へ移動というと「行きたくないと泣いたとか?」
何年かしてまた本州に戻る時に
「札幌から出たくない、このまま住みたい」
と言って泣いたとか?一度住んだ方がほとんどおっしゃるそうですよ。

退職したら、札幌に住むとマンションまで購入し、
結局、ズーット人に貸しぱなし、親と住むので地元に帰り、そのまま
新しいマンションに入らなかった・・・と笑い話にもならないこともね・・・。

これ、わかりますねー、私。
「センスがよく、垢抜けた街、都会的、食べるものもおいしい」
しがらみがなく、のびのび自分が発揮できる街ですよ。
私も自称「どさんこ」でーすから。

でも・・・こう寒い日がつづくとやはり暖かい房総方面もいいかなー?とね。

花のニュースがちらほらきこえると・・ね!

春いちばんで突風が・・・
札幌はまたまた雪ですよ・・・
うんざり・・していまーす。

・・・と、思ったら、本州、特に東京方面は(春いちばん)で
突風すごいですよねえ。
テレビで見ていましたが、歩いている人が立っていられないんですもの・・・。
23日午後2時ごろから3時頃でしょ?
寒冷前線が丁度通過したんですねー。その頃は・・
鉄パイプが落下したり、
国分寺ではクレーン車が倒れ、隣のマンションにぶつかったり・・・
日中でみなさん外出した方多かったんじゃないかしらねえ?
土曜日ですしね。

何年か前の札幌の台風思い出しましたね。
その時は、やはり突風で札幌駅前の街路樹が次から次と
なぎ倒され、繁華街ですから、大変な出来事でしたよ。
公園の大木が根本から真っ二つに、まだまだ沢山、
北海道大学のポプラ並木がほとんどやられてしまいましたねー。
札幌に住んで初めての大きな台風で、
被害も最大だったとおもいましたよ、確かね。
(異常な災害)、でしたねー。

今晩にかけて、
北海道は日本海側やオホーツク側は50センチ雪が降るそう・・・。

今年はとても寒い日が多いような気がして・・・

桜の季節が待ちどうしなー
札幌は梅の花と桜の花が同時にいっせいに咲きますよ。
長い冬から目がさめたように一気にね。
それから・・・花が次から次と咲き誇りまーす。
5月頃からかなー。
本州の方は考えられないでしょ?

札幌は今日は(20日)3月中旬から下旬の気候でしたよ。
(春よ来い、早く来い・・・)と童謡にありますが・・・
今年は待ちどおしいでーす。
この頃寒がりになってね。
また、寒くなるよね、きっと・・・

あまり言うと、それは年齢よ・と言われそうなので・・ね。

山や雪や道路での事故と火事が多いとおもえば・・・

今度は海ですよ・・・イージス艦と漁船の衝突には
びっくり!の他に言う言葉もなーい。
朝4時過ぎくらいでしょ?事故。
毎日、朝の4時ごろからニュース見ているので、
5時過ぎごろだったかしら?ニュースで知りました。

これは事故というより人災?・・・と思うわ


「緊張感がなくなっているんでしょうか?ねえ?」
飛行機は待機しなければならない・・のを
滑走路に入ったり・・・

みんな、なんか「おかしい?」

皆さん、どう思いますか?
私だけでしょうか?・・・こんなこと思うのは・・

「うっかり・・なんて絶対言わせなーい」わ。

まだ見つからない親子さんのこと・・
家族の悲しみを考えると・・・
ひとごとではないですよね。
家族の働き手ですよ。

そして・・その後の対応も「おかしいし・・・」
トップの方々の言葉やいいわけ?も・・


「尊い命をなんと思っているの?」

陸・空・海・山を守る方々や私達も
「あらためて、さらに緊張感を持っていきましょうね」
注意!注意!


札幌の雪・雪・・・もまだまだ・・・かな?
北海道の冬のイベントも少しずつ終わっていくかしらねー?

17日閉幕となった「第10回小樽雪あかりの路」で
10日間の来場者数57万5000人で過去最高だったそうです。
昨年より約7000人増えたそうですよ。

全半の三連休が天気がよく、また、さっぽろ雪まつりや旧正月が
重なったので、香港や台湾などのアジヤからのツアー客、九州など
遠い所からいらして下さったそうですよ。

「支笏湖氷とうまつり」も閉幕しましたよ。
しかし、先週後半・日曜日も含め
北海道は雪・雪・・・で寒いし・・・ねえ。

少ない少ないといわれた積雪量も昨年を越えたんじゃないかしら?

ようやく、今日18日、晴れて車道の雪も解けていましたよ。

そうして・・・この晴れの日に屋根の雪下ろしで下敷きになったり、
屋根から落ちたりして死傷者が増えていますよ。
油断禁物ですねえ。

我が家のベランダにつららと共にすごい音で屋根雪が落ち、
ガラス割れたか・・と思いましたよ。
幸い、大丈夫でしたが・・・恐いですねー。

もうちょっとしたら・・・雪も解けていきますから・・・
あまり神経質になりすぎて、家の周りにいない方が無難でーすね。

屋根の雪じゃなく・・・氷が落ちてくる感じなんですよ。

日にちが・・・経てば,自然に・・・ね。
いつまでも雪があるわけありませんから・・・。

ほら・もうすぐ太陽も春のひざしに・・・。
夜明けも早くなっていまーす。

がんばろー!(自分自身に声かけしてまーす)



My car が 故障して・・・感じたこと
札幌は朝から雪でーす。
自宅前から雪をかぶった自家用車をだそうとしたら、
すべって車が出ません。
バックさせたり、前に出したりを繰り返し、ようやく・・・。 
車を入れる駐車場が無い我が家、
自宅の玄関前が青空駐車でーす。

しばらく走り信号の前でエンジンストップ、
またキーをまわし、走りますが、すーっとエンストです。
これはおかしいと、急遽、デイラーへ車だましだまし着きました。

そうして・・・
「部品が届くのが来週月曜日です。置いていってください。」と
マイカーは今年9年目、おまけに、もらった車で・・・。
私にはふさわしくない(ゴルフ)なんですね。

修理代ばかになりません。ついていません。
車なければ仕事にならないし・・・?
「紙芝居を載せてあちこち行くのです・・・」

ついていない時はついていなくて、
降る雪の中をてくてく歩いて帰宅しましたね。

あまりにも、車に頼った生活をしているのかと、
(あたりまえのようになっていた私生活に反省しながら・・・)

「慣れってこわーいなー」と
感じたできごとでした。

みなさん、そういうことありませんか?

あっ!そうそう
帰り友人の家の前を通ったので立ち寄ったんです。

そうしたら「拍手の所をクリックしたら、(拍手完了しました)と
出るのよ、もう満杯で終わったの?」と尋ねられたんですね。

「いいえ、それはね(拍手受付ましたよ)
と言う意味なのよ」「知らなかった・・・」と

みなさん、間違えないで(拍手)お願いね!
日本列島大寒波!・もうすぐ春の足音が・ほら・・すぐそこでーすよ・
寒いですねー。
東京都大島にに8年ぶりに雪だそうですね。
椿の花に雪がかぶって・・・

子供達が雪の中で
「雪だるまつくったり、はしゃいで、雪合戦しているテレビの映像に
(昭和が戻った!)と勘違いするほどの無邪気さが・・・
これこそ、子供の姿・・・と。」

福岡や日本海一帯!雪で事故も多発
あと半月もしたら?
きらきら・うれしい春が・・春の足音に耳傾けてーかな?

そんな寒い中でしたが、
北海道の「支笏湖氷とうまつり」に連れてっていただきました。
風は冷たいでしたが、
初めて見ましたよ・・
感動!!氷の芸術にびっくりでーす。
札幌に住んでから40年目にしてねっ!

今、あちこちで、雪や氷の祭典していますが、
「一見は百聞にしかず」ですよ、
みなさーん、チャンスはのがさないで・・・ね?

夜、テレビのニュース見ていたら、
日本の技術者や研究者などの素晴らしい人材が
海外で(発明・発見で・・)その国の資本で大活躍していますね。

「日本では話しても相手にされなかった・・・」と
外国での資本と人と場所の提供で研究の場ができた」・・と。
外国にお金は流れ、日本には入らず
日本は素晴らしい能力と人材を失っているんですよ。
「そんなことできるわけない・・・」が・・・すべて。

先見の目がなーい・・・
外国で有名になって、はじめて、その方の名前知る・・なんて
多いですよねー。この頃?

    皆様へ  ブログ開いてくださりありがとうございます。
下の赤い拍手のクリックで、読んで下さる時間が分かり
うれしいでーす。今後もよろしくお願いいたします。
時間がたってからカウントされていまーすよ。


札幌は昨日までの天気が嘘のように雪でーす。
「さっぽろ雪まつり」が終わったとたんに、雪でーす。札幌は。

おはようございまーす。

外は朝早くから除雪車が入っていますよ。
昨日までの春のような陽射しが嘘のように・・、
木々には雪がかぶっていますよ。

今日は朝刊休刊日です。
いち早くニュースを・・

さっぽろ雪まつりの入場者は
215万9000人「去年より5万8000人増」

天候に恵まれ市民もどっつ!と外出したんですねー。
雪像は朝早くからクレーン車などで壊すんですね。

「もったいなーい!まだまだきれいなのに・・」
なんて、言わないでね。
「もし事故でも起きたら、いち大事ですからねえ。

驚いたことに・・・
(犬山城の屋根の瓦や祠もひとつひとつ手作りで、
丁度、家作りと同じように隅々まで細かい作業するのだそうです。
瓦や屋根の祠を雪でストックし、壊れた時の予備に保存して出番を待って・・・」
裏方さんの苦労にびっくり!

それから、
ソウルの南大門の火事ですが、
「容疑者の身柄確保・・と。放火の疑いで70歳の男性で、
2年前にも王宮跡の敷地に火を点けたことも・・。
ソウル市民は嘆き悲しんでいる。」と

餃子問題や
家族4人死傷「父親が自殺に家族を巻き込んで・・遺書があるそうです。
18歳の長男は外出で難をのがれて・・・
でも、15歳の次男は腕切断と頭陥没・・

恐ろしいです・・・
どうして?生活苦?」家族間で・・・ねえ。

何か世の中・・・狂っている?

政治に期待しますよ。

安心して生活できるように、
家計にしわよせ寄せないように・・

全国の皆さんの声届いてー、国会に・・
全ては「失業や・中小企業に大きな負担背おわせて・・etc」そして・・

議員さんはぬくぬくと・・許せなーい!
それこそ・・・少し議員さんの賃金カットを。
それを他に回したら・・どれだけ助かるか・・・

ちりも積もれば・・ですよ。
怒られる・・かなー?
それほど、切羽つまっているんですよ。生活が・・・
分かってね(国民の声・願い・安定した生活を)届いてー!!




韓国の国宝第一号、ソウルの南大門が焼け落ちた!!
昨日(10日)のニュース見ていたら、
ソウルの観光の目玉の一つの「南大門」が
火事になり焼け崩れました。

長い歴史のある建物ですよ。
正式名は崇礼門
びっくり!!

タクシーのドライバーさんのインタビューのコメントでは
「ひとりの男の人が駆け上って行き、そのあと、火が上がったと・・・」
どうも、放火の可能性がたかいと・・・。
まだ、原因や結果でていませんが・・・ね。

私は韓国の南東の海沿いの市ポーハンの大学
「Sunlin College」の大学生の授業に講義したので、
そんなかかわりから・・・、ひとごとではないような・・・。

テーマは「日本の紙芝居と布の絵本」でしたねー。
紙芝居で自書の絵本の(三本足のロッキー)演じましたね。

150名の学生で日本で言えば「教育学部」にあたるのかなー。
「布の絵本」にはみなさん歓声をあげましたねー。

2005年の9月7日頃からでしたが丁度台風にぶつかり、
ローカル空港のポーハンに飛行機で行く予定が欠便で、
釜山空港にでたのですが、
大学生達のお土産にと
北海道のバター飴と犬の写真のついたハンドテイッシュー沢山
かばんに持参したんですが
空港の出口で「コレナンデスカ?理由は?」と
すったもんだ、
紙芝居の説明手振りで言いましたが・・わからないみたいでしたねー。

釜山の空港から慶州を通って、ポーハン(浦項)の市に行きましたね。

昭和40年代の日本そのものが・・・という,感じでしたよ。
家庭の雰囲気・学生の純情さ・人情・・・など
(感謝の気持ちがにじみ出ていましたねー)

しかし、技術・・・鉄鋼・・など
日本を越えたかな・・・の感じでしたね。
「昔、日本人がきて鉄鋼の技術やノウハを指導した・・・と」
聞きましたよ。

そんなこと、思い出したんですけど、
まだソウルは行ったことないんですよ。

残念無念!
やはり「自分にできることをしよう。出来る時にする・・・、」
チャンスは逃さない・・
を実感した出来事ですね、

南大門を見れなかったことで感じた・・・こと、
でした。

札幌は太陽キラキラ輝いて
今日は三連休のなか日ですね。

札幌は朝からまぶしいくらい太陽きらきら輝いて・・・
札幌雪まつりも賑わっているでしょう。
あちこちで、雪の祭典してますねー

ニュースで昨日(9日)、名古屋や大宮駅周辺が写りましたが・・雪でしたよねー
でも、すぐ消えるのかなー?
札幌との気温差ありますしねー。

札幌もこのまま春になればなー・・と思うけど
そうはいかないのですよねえ。

小樽でも「第10回雪あかりの路」始まりましたよ。

2008年2月8日(金)の夜から17日(日)までの10日間開幕しましたよ。

海の街なので、海風で寒いんですよねー。
雪で埋もれた街が、ろうそくの炎で赤々と照らし出され、
小樽運河も素敵ですよー。

旅行者は札幌雪まつりと両方楽しめますよ!!
毎年15万本のローソクがともされるそうですよ。

氷の器(バケツで氷をつくり、ひっくり返したもの)
に一本一本ローソクをともすんですが、
これが又大変な仕事なんですよ。

ボランテイアの方々が毎晩、ローソクに火をつけその日の終了時間に
消さなければなりません。

今年は韓国にボランテイアを募集したら、
大変な数の応募があったんだそうですよ。

宿泊は1000円ぐらいで提供しますが、
旅費・食事、自腹なんですけどねー。(10万円くらいかかるんですよ・費用)

それ程、小樽は人気があって、来て見たい街なんですねー、きっと。

昨年の第9回は過去最高の人出で56万8千人が小樽にきたそうですよ。
「さっぽろ雪まつり」と当初から開催時期を重ねているそうです。

あっつ!韓国でヒットした映画「ラブレター」の舞台ですよ、小樽は・・。
それで・・・、
雪へのあこがれが強い韓国人の人気が高いんですねー。

そういえば・・・
一年中、観光バスから下りてくる人日本人かな?
と、思ったら・・・韓国の方ですね。
韓国語がまくしたてていますよ。
ツアーの人たちですよ。

昔、日本人が外国に行った時のはしゃぎ方とダブっちゃいましたねー。
見るだけでなく、参加するのつづき・・・
昨日(8日)のブログで「傍観型でなく、体験型や参加型を・・・」
と書きましたが・・・

(男の料理教室・子供のケーキづくり・・・etc)
いろいろな体験教室?がありますよね。

見る側よりする側の方が(絶対楽しい!)は
(カラオケ)で歌をうたい・・・マイクを離さなくなる・・・で
お分かりの方もいらっしゃるでしょう・・・

自書「本があるから、よりみちしよう」
副題(布の絵本とよみきかせ図書館・ 三角山文庫の35年)

                2003年8月20日{初版第1刷発行}
                2006年2月15日{初版第2刷発行} 
の中から抜粋しまーす。

ページ79

     * 本の読みきかせ、お楽しみ会

土曜日、(えいごルーム)が終わると、
その間、お母さん達や下のお子さん達は本を読んだり、
布の絵本を広げたりして待っててくださっています。

牛乳パックで作った椅子にに腰かけ、
ボランテイアの先生の読みきかせが始まります。
みんな目をキラキラさせて耳を傾けます。
 
その次に、お母さん達が交代で読みきかせします。
1、2歳のお子さんが、
読みきかせをしているお母さんの洋服の裾を引っ張り
離れようとしません。
でも時がたつに従ってそれに慣れてきました。

お母さんが読みきかせをしているのを
誇らしげに見ている姿がほほえましかったです。

紙芝居もします。
お母さん達の他作自演と言いましょうか、
私の主人が作った半畳ほどの木の枠と、
かってお母さん達が絵の具で描いた紙芝居を
代々大切に使用してきたものです。

読み聞かせの後はお楽しみ会です。
年中行事に合わせて毎回、違う催しをおこないました。
・・・・・とつづく・・・

      *布の絵本づくりにお母様方参加

ページ76

布の絵本づくりはボランテイア指導のもとで
40冊ほど完成していました。
平成4年{1992年}で4年目に入っており、 *注 「布の絵本の製作に入って。」
全て三角山文庫に寄付していただいておりました。
 
これは大変貴重なので貸し出しはしません。
文庫にいらしていただいた方に、読んでもらいました。

そのうち、布の絵本専門のボランテイアの方々のみでなく、
文庫に小さなお子さんを連れていらっしゃる
お母さん達も製作するようになりました。

小さなお子さんを抱えて、一人で1冊は全部はきついので、
土曜日にお子さん達が本を読んでいる間に相談して
ページごとに担当お決め、アイデイアーを出しながら
各自、家で好きな時につくっていました。・・・・・・
・・・・とつづく

と、書いているように・・

私は小・中学生でもこの三角山文庫では

{自主性を尊重し、みなさんの隠れた才能も発揮できる場であるように、
伸び伸び和やかに自然に学び合える三角山文庫として、
「幼児から大人への縦長の{人間的つながり}に
こだわってきた家庭図書館です。・・・・と書いていますが・・

残念ながら平成13年2月の朝、
一本の電話がありました。
三角山文庫の建物の集合煙突が倒れそうだと *屋根の氷の重みで(雪ではないの)

お隣の家からの電話で・・・・消防署に電話・・・
ロープをまわし、落ちないようにしている最中に
集合煙突が倒れてしまいました    *注 自宅と一丁離れた場所にありました。

・・・これも本の中に記載しているんですよ。

長く書いてしまいましたが
それほど
参加型で自分を発揮してねー。の
メッセージでーす。
今は「押しかけで、出前紙芝居や動作でする英語・講演に出向きまーす。」
お声かけてくださいね。
FAX 011-611-7614
       三角山文庫までどうぞお願いしますね。

勝手にごめーんなさいね!ありがとう、読んでくださって・・・


傍観型でなく体験型や参加型を・・・
幸い今年の札幌の雪まつり、天候に恵まれていますよ。

北海道だけではなく
全国でも寒い冬をプラスにする催しが
あちこちで開催されていいですねー。

どちらかというと私は面倒くさがりなんですが・・・
やらねば・・と思うと(勢い)でするところがありますね、
すると、今まで「いやだなーそんなこと」が
(することによって楽しくに変わり、こうしたらいい・・と
アイデイアーも浮かんだりして・・・)

雪の祭典も見ているだけでは飽きてきますよ、
「どうして、人ごみの中にまで行って、テレビでいいよ・・・」
となりますが、

そこに参加して体を動かし、寒さに震えながら
したことも・・・全部ふっとんでしまい、
「達成感・満足感で気持ちもほんわか・暖かく、なんだろうなー」
と(市民雪像制作参加者はきっと・・)

なにごとも体験・参加型の方が絶対たのしい!

本の読み聞かせも聴く側から読み手になる参加型に
持っていくと・・小学生や子育てのお母様がたも
発揮しますし、家でも自然に本を読むようになりますね。

私の提言ですが
「ぜひ、お父さん、おじいさん、お兄さん方の
男性参加の本の読み聞かせお願いしたいですねー」

いろいろのプランや考え、アイデイアーもでて
素晴らしい!参加型・体験型ですよ。

子供達も(物語を創作したり、みんなに読んだりする姿、
目がきらきら輝いていまーす)

すごい!子供達の考える力は・・・(脱帽でーすよ)

みなさーん!どうですか?


三笠市住民の方からコメント、ありがとう!
先日、三笠市の市営住宅の猫の件で、
市営住宅から飼い猫を飼っている方たちが
追い出される・・・・と
いうことでした・・・が。

ありがとう、コメントいただきました。
(もともと,その住宅は猫を飼ったらいけない?家なの?ね。)

しかし・・ねえ
地域住民とのコミュニケーションの場になれるように
飼っている方の気持ちもお願いしますね!
人間ひとりは寂しいですよ・・・ね!
今現在住んでいる方に何か良い対策お願いしますね。

多分、そちらは良き日本が残っている地域と思います。
のんびり、ゆったり・・・の風景の中
動物との共存・・・いいじゃないかしらねー。
あとは飼い主のモラルの問題?かしら?

モラルと言えば
札幌でも{犬を飼ってる方の気遣いお願いしたいですね・・・}

雪の上、あちこちに黄色い跡がが目立ちまーす。
糞は必ず持ち帰ること・・・これ常識ですよ。
だいぶ、いいんですけど・・。
時々、雪の中から凍りついた糞がぽつん・・・とね。

そして。犬はどういうわけか「他人の家の前でしますね」
そこを、飼い主さんはちょっと離れたとこにリードでりーどしてね。

「人が見てないからいい・・と思わずにね。自分にできることをする・・・」

これも習慣ですよねー。

タバコのポイ捨てみかけません。
とってもいいこと・・・と。

札幌市は公園にゴミ箱置いていませんよ。

他の地域はどうですか?

全部来た方の持ち帰り
「自分の物は自分で始末する」
これ浸透してきていまーすね。
「やれば、できる!」

{自分にできることをしているだけ」の
はちどりの精神{ハチドリのお話にでてくる・・・」
でいきましょ!

みなさんのやさしい気持ち、ありがとう!!

子供に読書をすすめる前に大人も本を読もう!
さっぽろ雪まつり、初日から晴天に恵まれていまーす。
大雪像の
巨大スフインクスの(エジプト広場)や
(国宝 犬山城)

(環境・自然との共生 知床の森と仲間たち)
市民参加の雪像も大小たくさん・・・。
インタビューで
「地元にも雪まつりはあるがスケールが全然違う、
雪像が精巧ですごい」と新潟市から来た会社員と
北海道新聞に掲載されていましたよ。

そうそう・・・
(札幌 三角山でもイーグル(雪小屋)づくりが[三の坂」
2月9日(土)10じから・・雪踏みからはじめ
2月10日(日)10時からイーグルをつくり、甘酒もでまーす。
「一の坂」から「三の坂」まで子供たちの旗がつるされていまーす。
目印にどうぞ!
どなたも参加自由です。 どうぞいらしてね。

新聞に「読書推進全国一斉90パーセントで実施」2月5日(火)朝刊に
小学校全国は94パーセント「道内小学校69パーセント」
中学校全国81パーセント「道内50パーセント」
と・・・
今日(6日)朝8時20分から40分の授業前に
ボランテイアの方々が読み聞かせしている様子を
見せていただきました。
地域にある(山の手小学校)です。
1年生から6年生まで月に2回実施しているそうです。

自然に読み手に引き込まれていく集中力には驚きましたね。
これは、今初めてではなく
「日常日々の積み重ねと・・・」
すぐ見ただけで分かりましたね・・・。
普段からの生活習慣と礼儀「あいさつ」・・など
学校教育の先生方の努力の賜物と生徒の
「自分にできることをしよう・・」の自主性と協力の中から・・と感じましたね。

うれしいでしたねー。
「三角山文庫」始めたキッカケが
子供達の読書離れを案じて、一助になれば・・・でしたからねえ。

自書「本があるから、よりみちしよう」の中から抜粋しますねー。
ページ114

      *教科の中で国語が大切

小・中学生の勉強の中で大切な教科は、私は国語だと思います。
勉強と言いますとすぐ算数、数学、英語を重視しがちですが、
やはりなんといっても国語の力は一番大切ですね。
読書力もつき、数学の応用問題や文章問題も、
国語力があるからこそ
スラスラ解けていきます。

でも、国語の勉強の方法がわからないという場合が多いようです。
 国語学習のポイントは、文章を把握する力をつけることです。
それに伴って漢字の読み書きの力がついてきますから。
 国語ははっきりした点数がつかめません。
70点ぐらいは取れますが100点は難しい。
それに対し、英語や数学ははっきり答えが出ます。
それで中学生は英語・数学に力をいれるのでしょう。
・・・・・・と。
              2003年8月20日「初版第1刷発行」
              2006年2月15日「初版第2刷発行」

乳幼児に読み聞かせをするには
まずお母さん、お父さんが
絵本を普段から読むことです。そして、好きになること。
本ですと(長くていやだ・・、忙しい・・)となりますが
絵本ですと気軽に読めますし沢山学ぶことが書いてありますから・・・ね。
児童書もばかにできませんよ。

「読む楽しさを知り、親の読んでいる姿を見て、
自然に子供もあたりまえのように読書週間がつきますね。
本読め!よめ!という前にね・・・親のふり見てですよ。まさに」
と。
私は思いますが・・・
みなさんいかがでしょうか?


第59回さっぽろ雪まつり開幕ですよー。
きょう(5日)さっぽろ雪まつりに皆さんの来場を
雪像が待っていまーす。

大通公園・すすきの・さとらんどの3会場合わせて
290基の雪像があるそうですよ。

メーン会場の大通公園には
7月の環境を重要テーマとする
(北海道洞爺湖サミット)に関する・・・

(子供達や動物がよりそって環境保全を訴える・
守りたい地球、子供たちの未来)
をはじめ、大雪像5基と大氷像2基が作られ、
雪氷像大小あわせて166基。
7丁目(エジプト広場)
6丁目(北海道 食の広場)が
いろいろな名物料理が食べられ、温まりますね。

また
1丁目に、大通にスケートリンクが28年ぶりに復活、
テレビ塔を見ながら親子で愉しむのもいいですねー。
 
3年目を迎える「さとらんど会場」には
100メートルの雪の滑り台や雪の巨大迷路もあるそうですよ。

そして、すすきの会場も皆さんの来場待っていますよ。
夜には大人の方は「好きな一杯飲んで、雪像も見て・・・ね」

最後に外国の方々制作も含む市民の方の「雪像コンクール」も・・・。

みなさんに心(ハート)からのおもてなしで札幌はお待ちしていまーす。

それで8月10日を札幌市は「ハート(心)の日に」
旅行者のみなさん!北海道へのスタートを・・・ね。


立春ですね。受験生がんばって!
2008年2月28日,今日は立春。
暦の上では春が始まる日、
まだまだ北海道は春は遠ーいですねー。
もう一ヶ月がまんすればウキウキする春ですから
ガンバローね。

今日の夕方に、さっぽろ雪まつり前夜祭が華やかに始まりましたよ。
明日5日から11日までですよ。

混むからいやだー・・・と言わないで下さいね。
大通り公園はオープン会場ですから
朝早く行くのも良いかも・・・
けっこう旅行者も朝7時ごろから来ていましたよ。去年はね。
写真パチパチ撮っていましたねー。
外国の方々も多いでしたねー。

それから、受験が始まりましたねー。
思い出しますよ。

札幌は私立高校は2月公立は3月初めです。
私が教えた受験生はギリギリまであきらめずやりましたねー。
家庭教師と寺子屋塾のかけもちで、フル回転でしたよ。

なるべく早寝させ、朝起きてポイントの5教科を見て、
確かめるように言いましたね。
試験は朝ですからね。
慣れるようにね。

学校で疲れているので、一眠りする子もいたので、
夜の9時や10時から家庭教師に行く場合もありましたね。
帰宅は夜中でしたよ。
みんな必死でしたねー。
札幌市全市廻りましたよ。
今はそんな元気ないですし、出来ないですねー。
若かったんですね。
今そんなこと・・・「とんでもない!」と・・。
考えられませんよ。

もうここまできたら、要領もありますから、
自信をつけるように(ほめ・励まし・自信を持たせるよう・・・)に
こちらも死に物狂いでやりましたよ。
健康(体調を)こわさないように・・気おつけるよう言いました。

そして、受験校の過去3から5年間の問題を繰り返しさせましたね。
大学受験の場合は熟語・単語集をかたっぱしから見るように・・・とね。

そういえば・・・・自分の大学受験と言えば・・・
東京の私立大学3校受験したんですけど
2校は郵送、もう1校は大学に持参したんですよね、
すべり止めにね。
そのすべり止めの大学しか合格しなかったんですよね。

私も大きなこと言えないんだよねー。
でも、良かったかも・・・!
大学で夫と知り合い・・・そして札幌に・・・。
今はまさに(札幌の女)です。
分からないものですよね。

縁とはいなもの・・とよくいったものですねえ。
今思えばね・・・。

2008年2月3日(日)節分ですねー
2月は一番寒い月?かしらねー。

2月3日節分ですね。
暦で立春の前日。
新しい季節を迎える前に豆まき。
節分の夜には追難の行事。
「鬼は外、福は内」と家の中で豆をまきましたねー。
小さい時を思い出しましたよ・・・・。
近所の子供達で,夜に一軒一軒まわり
「鬼の豆くださーい!」と歌いながら豆やあめ、お菓子など
もらい歩きましたねー。

意味もわからず・・・ね。

今も子供達はしているんでしょうかねー?
テレビのニュースで
ある神社では境内での豆まきは中止した・・・と
インタビューで
「自己中心的な人が多くなり、ゆずりあいの精神に欠け、
われ先と押し合い・・・・事故になりかねない・・・」と

・・・・そうですねー確かに・・・
(自己中心的な事件多いですもの・・・

簡単にさした、殺した・・と物をこわすように・・・
命の重みや尊さを考えないのでしょうか?

感情にまかせ・・その後の自分の周囲の人達に
迷惑かけることなどこれぽっちも考えていませんもの
(家族やきょうだいのこと・・・などは?)

モラルにも欠けていますし、
教育だけの問題ではないですよねえ。

これ、どうしたらいいんでしょう?ね。
みんなで考えましょ!
北海道・ニセコ方面行く途中・小樽から塩谷駅が雪で{恐い!}
    皆様にお願い!

このブログ開いてくださいましてありがとうございます。

最近、「ブログ,見たよ・・・」と言ってくださる方が・・・
[うれしい!でーす。感謝!かんしゃです。]
知人・友人数人から「{下の方の赤くなっている拍手}の
意味がわからなかった」と
言われました。

「もし、良かったな!と思うところの{拍手}クリックしてくださいますか?
カウウントされるのでーすよ。
できれば{コメントもお願いします}
よろしくどうぞ!!

昨日{31日}ニセコに仕事に行かなければならず・・・
冬の道路は凍結で恐いのです

定山渓まわりで中山峠を通るか?
小樽経由日本海沿いを通っていくか?
思案の末、小樽経由でニセコへ出ました。

札幌は良い天気、「これはラッキー!」と
ところが・・・
小樽までは良かったのですが
天狗山付近をとおり、塩谷駅までの辺りが
地吹雪?で前が見えません・・・。
ライトを付け、スピードダウンしているのですが、
いつも通る道が[天と地がひっくり返るように・・」
見知らぬ道を走るようで「とても、とても恐ろしい目に・・」

すぐ5号線の海沿いの道路にでましたが、
やはり、雪が舞い時々前が見えたり見えなかったり・・・

ようやく倶知安市内に入り、ニセコに着きました。
ニセコは晴れていて、外国人も含むスキーヤーで
あの天気がうそのように//ゲレンデ下が賑わっていました・・・よ。

「ほーっとして胸をなでおろしましたが
遭難・事故・・などはこうやっておきるんだなー」と。

皆さんも自動車で走る時は路面凍結・天候異変などに
充分、気をつけてくださいね。

安全運転ですねー。

帰りは中山峠まわりで・・・。
幸いまだ明るいのと晴れていたので安心して、
車間距離をおき、20キロ走行でおりましたねー。

何事も無く・・・ほっつ!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。