プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
北海道三笠市のねこの問題にご意見を・・
前日[30日]のブログで三笠市の市営住宅
「猫を飼っている人が追い出される・・・」で
みなさん!たすけてー・・と
もしご意見ある方、三笠市役所担当者と
お話してみてほしいの。

私の次の出版予定の本{児童書}のあとがきに
書いていますが・・・
まだ、いつ市場にでるか未定なので・・・
[あとがき]をブログにかきます。

題名は「たいせつな家族」
内容はすてねこ2匹がもらわれ、そこに犬2匹の生活によって分かった事・・・
「動物がどんなにか生活に癒され・助けられ・
話し相手になり・元気をもらうか・・・
もう生活の一部であり
たいせつな家族なんです・」と訴えている本です。

    題名「たいせつな家族」のあとがき

今,、この話を書いていて感じていることがあります。
はたして、のら猫にえさをあげていいのかどうか・・・と
猫好き、犬好きの人も多いけれども近所や周りの方々の中には
「犬は大嫌いよ」「猫は糞をあちこちするし、
庭には入ってくるし、においはするし、えさをあげている人が悪いのよ」
「ありがためいわくよ」と

あちこちブーイングも耳に入ってきます。
もっともなことと思います。

テレビである地域では市や住民が協力して、
のら犬やのら猫対策として
「地域猫」(耳慣れない言葉でしょうが・・・)
という報道を見たことがありました。

近所の協力のもと、決まった時間にえさをあげたり、
市が去勢費用を計上し、
犬猫対策をしているそうです。

また北海道小樽市で
「犬を死なさない、見捨てられない」と
新しい飼い主探しに奔走する女性の報道を
新聞でよみました。・・・・・・・・・・

うんぬん・・とつづきますが・・・

みなさん!!
どうぞ(飼い犬・飼い猫と生活していらっしゃる方には・・・
おわかりいただける・・・)と

ご理解よろしくお願いいたします。重ねて・・・

      2月4日(月)午前10時から11時まで

FMラジオカロス パーソナリテイー(ヘレナさん)番組内
(にゃんの会)コーナーで身近な動物について話します。
ふくろうおじさんこと「石島 しのぶさん」と出演しまーす。
フリートーキングですので、
ぜひご意見・希望ある方ラジオカロスまで・・・

スポンサーサイト

皆さん!緊急事態!北海道三笠市営住宅で猫を飼っている人が追い出される
    たいへん!大変な事態ですよ!
みなさん!なんとか助けてー・・・下さい。

北海道三笠市で市営住宅で
「猫を飼っている人は3月31日までに引っ越すように・・」
とのお達し!でーす。
「えっつ!なーに!時代錯誤もはなはだしい・・・」

驚き!怒り!住民の悲しみを思うと・・・
びっくり!せいてんへきれき!でーす。

市の方のインタビューだと確か?
「周りの方々からくさい・きたないの声でアンケートで決まった・・・」
うんぬん・・・
「もう引っ越したり、猫を人にあげたりしている人もいるので・・・」
ようは「いまさら・・・現在住んでいる方に
そのまま住んでていいですよと言えない・・・」と
言うこと・・・最後は怒りと涙で・・・よく聞き取れなかったんですが・・・

確か三笠市はこの市営住宅は以前、炭鉱の頃に
その炭住として使われた家とか・・

あの頃はのんびりと猫や犬が家の周りを歩いていたでしょう・・・
住民と身近な動物の共存があったと思うのね。

一人暮らしの方が多いと思うし、また夫婦や家族一緒の方でも
猫に(癒され・話し相手にもなるし・・もう大切な家族の一員なんですよ)
なんでそれがわからないんでしょう?

くさい・きたない・・と言う前に
「どのようにしたら地域住民と飼い主が話し合い」
人間との共生を・・・と考えないんでしょう?

命あるもの、猫であろうが犬であろうが花や木々も
『話し掛けたら・・ちゃんと答えますよ』

どうか!どうか!
三笠市の職員の方・住民の方々にお願いしまーす。
「もう決まったこと・・だから」とは言わず
もっと前向きに『検討』して・・・!{叫び!}

お願いします。おねがいしまーす。

身近な動物と人間との共生/共存を願って!

私の著書の絵本は訴えるために描いたのでーす
「すてねこポチとたまのおはなし」
「三本足のロッキー」
どうぞ・・どうか・・よろしくお願いいたします。

ふくろうおじさんこと『石島 しのぶさん』や
FMラジオカロスのパーソナイテイー『ヘレナ』
たち・・・猫好き・犬好きの方々と地域猫(野良猫のこと)
「にゃんの会」でラジオから訴えているんでーす。

ほおっておけなくて・・・。

余計なお世話・・って言わないでくださいね。
私が初めて「札幌の土を踏んだ時の印象を・・・」語りますね・・
どこの土地にも地元の『良さ』『特徴』などありますが・・
この頃「旅や温泉や料理番組」多いですねー。
ひとつの局がすると右習い?ですもの・・・ねえ。
もう少し「我がテレビ局はというものほしいですねー。

でも、「行かずして、各地を知る」ことはありがたいですよ・・・!
私も好きな地元の様子を書いたりしていますから・・ね。

先日、自書「本があるから、よりみちしよう」の中から
抜粋して・・といいましたが。
今日、少し長いですが書きますよ・・・飽きずに読んでくださいね。

ページ15-『本があるから、よりみちしよう』からの抜粋

 長岡に比べますと私の知る札幌の人達は合理的な考え方の人が多く、
家と家のつながりや風習にとらわれるのではなく、
「分け隔ての無い自由な個人と個人のお付き合い」ができます。

「三角山文庫」はそのような環境のおかげで今までやってこられた
活動事業と思っております。

これほど北海道の大地に魅せられるとは思いもしなかった私でしたが
今ではまさに自称『どさんこ{道産子}』
北海道大好き人間です。

 初めに北海道と私のかかわりから話してみようと思います。
でっかい北海道へのスタートをきります。

 昭和34年頃、あの時代はまさに北海道は遥か遠い存在であり、
海を越えるということは外国にいくような遠い世界のことでしたね。

 私が中学生のことです。
学校は長岡駅前通りの繁華街を通って駅の反対側にあり、
通学に30分かかりました。
その途中に映画の上映予告のポスターがあり、
いつも何となく見ながら通っていました。

 ある日、白樺の木をバックに女優さんが立っている一枚の看板がありました。
それは女優の久我美子さんと記憶しているのですが・・・。

 白樺の白さが印象的で、
北海道か?軽井沢か?と思われるその白さは、
明るく透明な空気と果てしない広さを感じさせました。
その映画の舞台が北海道であり、
原田康子さん原作の『晩歌』の映画化だったのです。

北海道イコール白樺の木というイメージが脳裏に焼きつき、
原作の小説に衝撃を受けて夢は膨らみ、
釧路、札幌と、いつかは行ってみたいと思いました。

それ以来、北海道は私の心に深く刻まれました。
それまで北海道といえば
中学の地理の教科書で札幌、釧路、アイヌの人々、マリモ、炭鉱、パルプ、
根釧台地・・・などの文字が浮かぶだけでした。
 
 昭和40年頃は、東海道新幹線*ひかり*こだま*が開業していましたが、
北海道に行く時はまだ青函連絡船で海を渡る時代です。

 私が大学3年生の夏休みのことです。
7月初旬、クラスメート2人と北海道旅行をしようと計画し、
同じ大学の札幌出身である夫の帰省に合わせ、
彼の級友1人の計5人と
夫が東京のアパートで飼っていた子猫1匹とで寝台列車で上野を発ちました。

私達は皆リュックサックをおんぶしていました。
当時の流行語『カニ族』は
リュックをかついで車内を横になって歩く姿がカニに似ていることからきていて、
北海道旅行をする人はほとんどカニ族スタイルでしたね。

まる1日がかり、翌日の夜に夫の実家に着きました。
とおーい大地への第一歩でした。

本州の廊下のある家に見慣れている私にとって、
居間を中心とした廊下のない合理的な間取りは驚異的でした。

 翌朝、私達は驚きました。
展望の良い2階の窓から見た
赤や青、緑の三角屋根に四角い集合煙突、
初めて見る家々に「ワアー素晴らしい!」の驚嘆の声!

おとぎの国の絵の中に入ったような、スウエーデンかどこか外国にきたような
風景に、一瞬、時が止まったような気がしました。

東京に戻ってからしばらくこの様子が話の種になりました。

また、札幌駅から大通り公園へ向かう通りを歩いているとき見かけた
男の人、女の人の、なんと美男美女の多いことか・・・・・。
皆さん色白でした。

整然とした基盤の目の区画の街づくりと、
中心部には東西に伸びる花壇のある大通り公園と札幌テレビ塔の
バランスの良さ、

垢抜けたさわやかなセンスの良いシテイー。
これが札幌の印象でした。
・・・・・・・・・
と本に書いたんですねー。
               2003年8月20日「初版第1刷発行」
               2006年2月15日「初版第2刷発行」

まだまだ・・・好評?でしたが残念ながらその年の3月31日
出版社が倒産でした。まだ本が市場に流れただけ・・・よかった!
と・・・思わないとねー。
いづれ・・他の出版社から出るの期待しまーす・・・ね!。

ところで・・・
現在の家はどこへ行っても『同じつくりで』
その地域の特徴ないと思いませんか?

えっ?ここ札幌?本州?・・ですもの。新しい家を見て・・・。

みなさんにおたづねしまーす。どう思いますか?
私だけかなー?
私は残念ですよ。北海道らしい家が無くなって行くのは・・・。

「あの札幌オリンピック・宮の森ジャンプ競技」の思い出
昨日「26日」のブログで
「こんな最良の環境いかさないことはないですよね。」と、
書きましたが・・・。
まだまだお伝えしたいこと山ほど?ありますよ。

地下鉄「東西線西28丁目駅・大通り駅から8分」
「円山公園駅」の次ですが・・・。
そこのバスターミナルから循環バスが出ています。
「西高校まわり」と「北海道神宮まわり」ですね。

その「神宮周りに乗車し4つ目のバス停の
{宮の森彫刻美術館前}を下車し荒井山方面に向かい歩き
右側に曲がると、その美術館があります。
外にも{彫刻のモニュメント}が何気なく鎮座?していますから
鑑賞するのもよいですよ。
三角山登山の帰りや大倉山ジャンプ場を見学した帰り立ち寄る方も
多いですよ。
この辺り、高級住宅地?と言う方も・・・。
おしゃれな住宅が建ち並んでいるから・・・。

そして・・・車でズーッと行くと緑の森?の中に
{宮の森ジャンプ場・70メートル級}にでますよ。

冬季札幌オリンピックのジャンプ競技で
「金/銀/銅」をそうなめにした歴史に残る3選手。
笠谷選手・金野選手・青地選手でしたねー。
3本の日の丸の旗が誇らしげになびきましたねー
皆様の記憶に残っていらっしゃる方も・・・。
うれしくて・・・涙でテレビの画面ぼけて見えましたよ。

その頃私はジャンプ競技があると、
ラジオに耳をかたむけましたねー。
だって・・・確かラジオは生放送
テレビは中継で午後放映でしたから?確か・・・?
早く結果が知りたくてねえ。
翌日の朝刊くるのを待ってスポーツ覧をすぐ見ましたよ。
今もスポーツ、ジャンプにかかわらず//好きですねー。
テレビのニュースや新聞に目が離せませんよ。

雪国は寒い・きびしい・大変な生活も
「プラスに持っていくアイデイアーは素晴らしい!」

気持ちはいつもぽかぽか・・・で・・・!!

三角山も「地域の学校教育の生きた教材なり・・・」
私が札幌に住んで今年で40年目の一歩を踏み出しましたよ・・・。
すごい!こと。
ブログで常々、新潟県の長岡市出身ですよ、と言ってきましたが・・
生まれて高校までの18年間を長岡で生活し、大学は東京、勤めは新潟市。
その年数とっくに越えちゃったんですからねー。

札幌の土を踏んだ様子や印象など・・は
自書の「本があるから、よりみちしよう」にも書いているんですけど
その中の抜粋は次回として・・・ね。

きょうは・・・見渡したら「三角山」のまわりに、何時の間にか
沢山の小学校・中学校・高校などがあるのにも驚き!ましたよ、
あらためて・・・ね。

山の手の住民になった頃は、
市立・山の手保育園、私立・山の手幼稚園、私立・宮の森幼稚園、
市立・山の手小学校、市立・宮の森小学校、
市立・琴似中学、市立・向陵中学、
私立・香蘭{現在/山の手}高校、公立・西高校、私立聖心女子学院・・・
かな?
札幌は石狩平野の中に・・・
札幌市街の南西に連なって多くの山がありますねー
藻岩山、円山,双子山、荒井山、大倉山、
前後して三角山、手稲山・・・と大小とつづく山々・・・。

地下鉄{東西線円山公園駅・大通り駅から6分ぐらい}を降りると
大倉山「90メートル級国際ジャンプ競技場がある」
荒井山「40メートル級荒井山シャンツエ」ジュニアのジャンプ場にもなっている・・。」
三角山「こちらから見ると親子のこぶの山みたいに見えるかなー?」
と連なり・・、
市立円山小学校は古くからありましたね。
今や,周りに市立・大倉山小学校、三角山小学校、山の手南小学校、
市立・宮の森中学・・など増えましたねー。

遠足はもちろんのこと、三角山歩こう会?や三角山で遊ぼう等・・
総合学習としても{地域のおじさん、おばさん?}の案内で
「三角山と友達・・」として,自然と共にそれこそしぜんに生きた教育となり
学び/遊び//四季を通して学んでいるんですね。

この『自然こそ先生に勝るものなし』ですよねー。
こんな最良の環境を生かさないことはありませんもの・・・ね。

みなさま、どうですか?







三角山・愛好者団体「山と森の散歩道」について
札幌市街から自動車で12・3分の場所に位置する三角山、

北1条通りを車でくると北海道神宮の大きな鳥居を抜け、
円山公園・神宮表参道を左に見ながら右カーブを行く
通称{北1条・宮の沢通り}を宮の森/山の手です。
「青山通りと呼ぶのよ?」と言う人も「きっと雰囲気が似てるんですねー」
三角山を見上げながら西野方面にでますよ。

左カーブは円山球場・円山動物園にでますよ。
この通りは1972年{昭和47年}の札幌冬季オリンピックの時に
会場となる手稲山に行く早道?としてできたんですよねえ。
まだ砂利道でしたよ。

「道路に使ったジャリは三角山の採石場からとったんだよ!」と
ふくろうおじさんこと石島 しのぶさんが昨日{21日}教えてくださったの。

その石島さんが事務局をしている
「山と森の散歩道」とおしゃれな名前の付いた
三角山を愛するみなさんがつくられた三角山フアン?の会があるんでーす。

私の著書「本があるから、よりみちしよう」
にも書いているんですね。
抜粋しますねー。

ページ33に掲載

山の手にはこの地区を象徴する三角山があります。
遠くからもわかりやすい明瞭な三角形で、
中央区の宮の森と山の手の接する南側に、デーンと構えています。

 また、四季の移り変わりは、万緑の夏、
赤や黄など様々な色彩に染まる秋、
雪と枯れ木の白と茶褐色は冬、
春はところどころ白いコブシの花が見えます。
若い葉が芽吹くと一週間ほどで鮮やかな新緑に変わります。

そんな三角山の自然をいつも間近に見て、
この自然と共に生きていることを感じていました。

 私の所は三角山の西側登山口の通り道になっており、
三角山の自然と共にあります。

「山の手は三角山と共に成長した街」と言っても過言ではありません。

{三角山文庫}。これ程ピッタリの名前はないと決定したのです。
「三角山文庫の家庭図書館・館長は夫でした。」

 三角山について少し記述しておきますね。  *{これも本の中で記載ですよ}
標高311メートルのほどよい高さで、市街地から近く、
地域の学校教育の生きた教材でもあり、
市民の気軽な山登りの場として四季を通して親しまれている、
正三角形の美しい姿をした山です。

隣の山の{大倉山}は90メートル級の国際ジャンプ競技場で、
時折、風にのって「・・・番何々、・・・メーター」と
スピーカーから競技様子が聞こえてきます。
 三角山、大倉山と走破して山登りする方も増えております。

今では愛好者団体{山と森の散歩道}の会員の方が、
地元コミュニテイFM放送局から、
早朝の山頂からの眺めや、山頂においてある登山者ノートの
感想を紹介したり、三角山を舞台とした多彩なイベントをしています。

・・・と掲載しているんですねー。
 2003年8月20日「初版第一刷発行」

その琴似駅の近くにある
FMコミュニテイ放送局の
「三角山放送局は今年2008年4月1日10周年」だそうですねえ。
「おめでとうございます」

今2008年ですから・・・5年前に書いたんですねー,私。
「山と森の散歩道」は1996年1月1日発足だそうです。
12年?もたつんですねー。会を作ってから。
素晴らしい!!

そういえば・・、ふくろうおじさんこと石島 しのぶさんと
今現在の札幌市長上田様が初めて市長に就任なさいました時に
FM三角山放送局に生放送に出演されるということで・・・
ご紹介していただきましたねー。

同じ西区に住んでいらっしゃいまして、三角山にも登られると・・・
お聞きしましたねえ。
とても素晴らしい歌もご披露なさいましたよ。{レコードにも・・・と確か}
大学時代{グリークラブ}にいらしたとか・・お聞きしましたねー。

著書「本があるから、よりみちしよう」も
ご一緒にいらした皆さん方に差し上げましたが
読んで下さると良いのですが?・・・ね。希望ですねー
皆様,ご多忙ですし・・・
上田市長は街の市民の声「若者達の声・・・も」を聞いて下さる
ひざをつきあわせた市民密着を・・でしたねー。
「札幌市民のためにもよろしくお願いもうしあげます。」

札幌市街から近く、みんなに愛される「三角山」について
パソコンで「三角山」を検索したら・・・
けっこう全国に「三角山」やこの名称のついた場所や会社・・など
あるのに驚きましたねー。

私のボランテイア団体の名前も「三角山文庫」ですしね。
これは・・
我が家から見上げる山が「三角山」で正三角形をしているんです。
そこからとって「三角山文庫」としたんですよ。
1974年{昭和49年}に名付けましたね。
その前は{堂前寺子屋塾}でしたよ。

1969年{昭和44年}小・中学生に学校の補助学習に・・と
英語や算数/数学を教えたのが始まりですねー。
そして、家庭文庫もし・・・
現在の{出前で紙芝居や動作でする英語・
てづくりのオリジナル布の絵本製作しよみきかせ・講演・・・など}
でおしかけていますよ。

その山の手/宮の森地区にある
富士山にも似た美しい小さな山{標高311,3m}
JR琴似駅方面から見るとまさに正三角形。
角度によって正三角形に見える所から・・・いつ誰がつけたのか
さだかじゃないそうです。
札幌市発寒に住んでいたアイヌの人々は
ハチャム・エブイ{発寒のつぼみの山}と呼んでいたそうです。
山頂には1898年{明治31年6月19日}と。

三角山は札幌のまちづくりの原点となる一等三角点で、
三角点の名称は{琴似山}となっているそう・・。
三角点とはすべての測量のもととなるポイントで三角山に置かれたものは
最も大切な一等三角点なのです。

札幌は日本で一番魅力ある都市ナンバーワンに選ばれ、
札幌遺産の三角山の一等三角点から札幌がデザインされ、
この山からは360度見渡せ・日本海まで見えますよ。

4つの登山口があり山の手側入り口にはりんご園もあり、
りんごの香りに包まれるんですからね。

三角山登山の仲間づくりや
ここからの発想などで
「いつかバリヤフリー登山ができ、みんなが上れるように・・」と
アイデイアーであふれて?いる・・・
{山と森の散歩道}の三角山フアンくらぶ?もあり、
四季おりおりの行事や
西区のコミュニテイーFM放送局「三角山放送局」から
毎朝7時山頂から眺めや様子・山頂に置いてある登山者ノートの
感想・・などコメントしているのです。

ふくろうおじさんこと石島 しのぶさんと
もう一人の方はこせきさんとおっしゃったかしら?ねえ。

冬もですよ。交代で・・でも一年中は大変ですよね。
私にはとっても・・とってもできないこと。{頭がさがりまーす}

小/中学生の生きた教材ともなりますしねー、
3歳のお子さんから高齢者の方々まで登りますよ。

ちょっと仕事前にね・・・なんて人・・多いんですから。
けっこう急なんですけどねー。

あっつ・そうそ大切なことが・・・
    札幌市を2007年 8月10日「ハートの日」に・・
みなさんに浸透してほしいでーす。

私の著書「本があるから、よりみちしよう」や
絵本「三本足のロッキー」「すてねこポチとたまのおはなし」
にも三角山のことが文や絵になって載っていますよー。
実話ですからねー。
次の児童書「たいせつな家族」にも{この本全国にでるの延びるかなー?}

バッチリ三角山のこと{みんなの三角山}で書いています。
結局、本のことに・・・

それだけみなさんに「訴えている・・・」とね。ごめんなさい!



1月14日成人の日でしたね。
3連休みなさん、どう過ごしたのかしら?

昨日14日は「成人の日」 おめでとうございます。
大人の仲間入り・・・といっても,皆さん大人っぽいですから、
私の頃と考え違うかなあ?
札幌は昨日{13日}の寒い凍える吹雪と打って変わり
「太陽まぶしいくらいきらきら輝き・・・良かった!」気温は低かったけど。

ちょっと・・走馬灯のごとく昔にタイムスリップしましたねー。
私はその頃は大学生で住民ひようは東京の練馬区、
知り合いもいないしと欠席しましたね。
実家の母が{ベルベットのワンピース注文し作ってくれたんだけど、ごめんね。}

西銀座デパートの所に{ニッポン放送のサテライトスタジオ}があり、
インタビュー受けましたね。大学の放送研究会の2・3人と
「20歳に向け抱負は」と。
なんて答えたかなー。

今年の成人は以前より少ない人数だそうですが
「日本は皆さんの将来にかかっていますからねー
たのみますよー」と大声かけたい!

そうそう
札幌は{雪祭り」に向けボランテイアの皆さんが
雪像のための雪集め始めたそうです。

2月5日{火}から11日{月}まで
「さっぽろ国際スノーフエステイバル」開催ですよ。
本州のみなさんも札幌の{ゆきまつり}見に来てくださいね。
飛行機とホテルを今から予約して・・・ね。
お待ちしていまーす!


子育て支援の催しや総合学習に環境を考えよう・・・と。
札幌の東区の弐拾参屋珈琲店{ふとみや珈琲店}イベントホール
昨年10月28日{日}
でのイベント「猫と犬のこと、環境も・・・」から始まり、

環境のこと・温暖化のこと・・・など考えようね。と
自分自身しんけんに考え始めましたねー。
ニュースはもちろん世界でも深刻な問題となっていますよね。

南極では氷河の流出が加速化し、
北極での極点の氷が激減しシロクマのすみかが失われています。
映画でも観ましたね,私。

学校や地域活動の場を使って特に{大人の方々や子供たちに}
再認識しなければとみんなで真剣にね・・・。ですね。

さいわい、行政や小学校の総合学習などでも動き始めて,
現在、活動している所がたくさんありますねー。
「川の魚・水生昆虫・ホタルの生態調査」
水や電気を大切にする「エコ作戦」・・・etc

なんであれ、{ひとごとだー}と考える段階ではありませんね。
先を見越した活動を進めないとね。
議論ばかりしないで・・・ね。
次代をになう子供たちの{意識改革}も必要ですが

その前に肝心なお父さんお母さんの{せっぱ詰まった意識}こそ、
温暖化防止策などで、乗り切っていきたいものですねー。
自然に我が子たちに伝わり,未来は・・・ですよ。

子育て支援などの催しがあちこちにありますから、その中で
常に「話しあい・心掛けるよう意識をたかめて欲しい」と望みます!

「私にできることをしているだけ」ハチドリの精神・
みんな一人ひとりが・・・。{大きなおおきな結果になりますように・・・}

{祈りのエコロジー}ですよ!





新年になってもう?10日も・・・
年が明けましたが{のんびり}・・できた?できない?
早いですねー、日にちたつのは。
「もう10日よ」って私だけかなー。

年賀状出してないんですよねー。メールで失礼したり・・・。
パソコンしない方に出さなくちゃーね。

年1回の暦ですもの。
出さないのにけっこう楽しみに待っているんですねー。
そういうとこ私ダメだなー。{反省です}

長岡の姉から「マリと子犬の物語」の映画見てよ・・と。」
年賀状のすみに手書きで付け足して書いていたのね。
すぐ電話かけました。「見たよ、ずーっと待っていたんだから」
「地元でロケしたから、家族皆で観に行ったのよ」・・と。

私が「実際は豊さん本人とお父さんとマリと3匹の子犬だけなのよ、
家族は?」と電話で言ったら、驚いて
「どうりでニュースを見ていても子供達どうしてでないんだろーと
話していたのよ」と
あれは実話をもとにした映画ですから脚色しているんですよね。
「意外と知らないんだからー。地元でも・・」と私独り言。

北海道は冬将軍突入ですよ。
暖房弱く{ケチって}していたら水の出が悪く,凍結しそうに、
あわててもう一つの持ち運びストーブつけましたね。
取り付けストーブの前には猫・犬・陣取っていますしね、
強くしたら熱くて前にいられないからね・・・。
そして、犬は散歩に行くし、室内と外の気温差あまり無いように
心掛けて?いるんです。

家にいらした方が「いぬ・ねこ中心の配置だねー」と。
居間は犬/猫。来客は座敷に直行していただきまーす。



{祈りのエコロジー}への思い!
昨年10月28日{日}に{弐拾参屋珈琲店イベントホール}で催した
              札幌市東区北23東1

{ねこ・いぬ好きですか?//と身近な動物との生活や
野良猫{地域猫}の問題を考えようね}

がキッカケで始まり、札幌伏見稲荷神社で{祈りのエコロジー}として
環境問題や猫問題・・・など話し合ってきています・・・ね。
その活動をこれからもつづけていくのでーす。
皆さんの「ご意見・アイデイアー」などどなたでも参加型でーすよー。
私達の基本となる考えは・・・

{ハチドリのひとしずく}南米アンデス地方の民話より
あらすじは・・・

森がもえている・・・。
動物たちはわれ先と逃げるんです。
ハチドリだけが口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上におとしていくの何回もなんかいも繰り返し・・
それを見た動物たちは
「そんなことしていったいなにになるんだ」
と笑うのですね・・・。
ハチドリは
「私にできることをしているだけ」
・・・という内容の民話から・・

このことが{私達の考えの基本?となっているのかなー}とね。

このハチドリのひとしずくからイメージして
シンガーソングライターのNORICO{札幌}が
作詞作曲したCD {著作権NORICO}
1 For my World
2 No perfect my World
以前に1 の曲の作詞ブログに載せているので
今日は2 の曲の作詞を掲載しますね。

        No perfect my World

君が 今暮らしている
場所はどんな所かな?
花や木や鳥達が
自由に息をしているの?

It’s no perfect my World、

*かけがえの無いもの達を
どうか こわさないで
気づいて ほら 足元

いつからか 空の下
汚れていった この星は

It’s no perfect my World、

*2 大切なものばかりを
どうか 忘れないで
命あるもの全てに
生きていく権利がある

限りある命も
限りある緑も
あたりまえじゃない
奇跡の下

repeat *
repeat *2

このCD聴いてね!あなとの心になにかが芽生える!ファイト!ファイト!!
FAX011-611-7614へ
 



ニュースから目が離せない?
新年早々、いろいろなニュースが・・・。

テレビ見ていると{自宅が火事で死亡}多いですねー。
チョットした不注意からが多いのかしらねえ。
ぐっすり眠っていて気が付くのおくれて・・・?

天災でなく人災?なんだから、人ごとでなく気おつけなくちゃーネ。

未婚の方の同居が増えているとか・・・。
同居する人の年齢層が中年化しているそうです。
{パート・派遣などの非正規雇用化が進み、収入の少なさ・・から?
結婚という形をとらず同居が増加}
わかるなー、これって。

私が就職する時代は一度入社したら定年?まで勤めるが常識でしたね。
それが雇用問題の不安定さに
さらに就職したが会社と合わずにやめてしまう。
「ミスマッチ」傾向がと多いいそうですね。

私は上司の部下に対する{態度}にも問題が・・?
怒られちゃうかなー、こんなこと言って。
{利益の追求}が勤務している人たちを「本来と違う・・と思いつつ
追い詰めているんでは・・・」と
上司・部下とみんな{しかたがないー}と迷いつつ、悩みをかかえ
ているものね。

会社再生法申請・・というニュースも・・。
それぞれ{作る会社・作る人がいても買う人がいない}
{需要と供給}のバランスくずれていますもの・・・ねえ。
困りますねー。{ため息でます}
今日は仕事始めの方も・・・
      おはようございまーす。
お正月の3ヶ日も終わり、今日から仕事始めですね。
金曜日ですから、7日の月曜日からという方も多いかもねー。

      お知らせでーす。

札幌のFM放送局{カロス}78.1から

今日1月4日午後1時から3時までの3時間生放送
特別番組でーすよ。

札幌圏の方でお時間ある方チャンネル合わせてね。

ヘレナさん担当番組でアシスタントのNORICOも一緒でーす。
急きょ、ふくろうおじさんこと石島しのぶさんと私どうまえあやこ他の方
も出演しまーすね。

この番組は脚本なしのアドリブのフリートーキングなんですよ。・・
なんの話になるかわからない・・・てとこかしらねえ。

シンガーソングライターのNORICOの曲かけますよ。

それから、1月7日月曜日あさ10時から11時までの一時間
ヘレナさん担当番組で
2週間ごとの月曜日のレギュラー番組{にゃんの会}ででまーす。
猫の話はもちろん犬・カラスなどの生活の身近にいる動物のことです。

生放送でフリートーキングでーす。
環境・温暖化問題いろいろ考えましょうよ・・・と言うことですねえ。

いろいろな考え・アイデイアー・ご意見お待ちしていまーす。
発信になれば・・と思ってでています。


今年も温泉に行くね。
* 温泉好きですか?冬の温泉もいいですよー *

北海道は温泉宝庫{?}と、言っても言い過ぎではないでしょうね。
私が札幌に住んで初めて行った温泉は
定山渓温泉。

初めて行った湖は
「支笏湖」でーす。

{衝撃}と言う言葉、まさにぴったり!
この湖を見たとき、「北海道代表する湖のひとつ」と
大感激しましたよ。
北海道らしい湖と思ったのが第一印象でしたね。
俗化していない。ワンダフル・ビュテイフル・・と。
思わず、初めて海外に行ったカナダの湖を思い出しましたよ。

何と言っても札幌から1時間足らず、そして新千歳空港からは近く
みちくさくって?行ける素晴らしい所でーす。

水質抜群{透明度ですね」・カヌー・キャンプ・水上スキー・・etc
なんといっても、
湖と目線が一緒・露天風呂と湖が一直線・・・。
そしてみるから「体にきくいい温泉」なんですねー。においがして
「温泉だー」と近づくとね。
何回も行っているんですけど、
友人が「早く支笏湖温泉に行こうよ」と催促するくらいですから
私だけではないんだなーとね。

1月25日{金}から2月17日{日}まで
第30回支笏湖まつり「氷で作ったモニュメント?が沢山」ありますね。

今年は見に行ってみよう!そして温泉に入ってね。
「友人に電話しなくちゃー」
本州の方もぜひ行く価値ありのおすすめ!!

本来の?北海道をその目で確かめて!!!

今年も良い年でありますように・・・!
<札幌の年明けは良い天気でした。

初日の出を見に隣の?く草ぶえ公園に行きました。が、
残念なことに雲で下の方がおおわれ見れませんでしたね。
テレビで見ましたが・・・。

私は朝が早いのですよ。
昔から、中学生のときの試験勉強は朝おきてしましたね。
夜よりも頭がさえて数学など昨日の夜できなかったのに・・・
朝には解けることありますしねー。

中学生に勉強のアドバイスする時に伝えるんですけど、
これも習慣ですからねー。

年末に用事もありニセコと定山渓温泉に行って来ましたが
スキーシーズンで若者・家族連れが多いでしたよ。
我が家の子供が小学生の時、{そういえば手稲山・藻岩山など
行ったなー}と思い出しましたね。

ニセコはオーストラリアからのスキー客でにぎわっています。
洞爺湖もいいですねえ。
天気がよいと湖の上に羊蹄山{えぞふじ}が見えるのですが
翌日は曇り、残念ながら見えない。
それほど{チャンスは逃がさない}ってこと。

「北海道洞爺湖サミット}の会場となるホテルは山の上なんです。
晴れること祈りますね。
天気で気分は「雲泥の差」ですから。
{洞爺湖サミット応援として}
洞爺湖で
{祈りのエコロジー}催したいですね。
環境問題・温暖化のこと・犬/猫など身近な動物の環境問題も含めて・・・。

このようなことから
私は常々口に出していることは
「次と言う言葉はないと思って今日しようと思うことは
しよう・・と」自分自身に言い聞かせているんです。

知人曰く「温泉行くのまたにしない?」って。慎重派が多いですね。
それはそれ、
{じぶんにできること・出来る時はするね・・・}と
tyle="font-size:x-large;">大きい文字
明けましておめでとうございます。
パソコン動かず修理会社へ「年明けですねー」と、あきらめていましたが・・・
もしか?と動きました。
うれしいですね。ゆっくりでしたが。
このパソコンも時間の問題かな?取り替えないと・・・かな。

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
ブログのおかげで元気になった・・・かも。

けっこう、そう・うつ・あるんですねー・・・私。
だって・・・何かあると・・すぐ胃にくるんですよ。
好きなこと言っているようで・・・案外繊細?かも、
あっつ!自分で言ったらいけないですねー。

ひとりでいるって意外と好きですねー。
身近な人は「家にいられないタイプでしょ?・・・あなたは」って
とんでもないですよ。
外出せねばならない用事があるんですねー。
{いきおい}で行動するってありますよねえ。

このお正月はゆっくりのんびりですね。
日帰り温泉でリフレッシュってとこかなー。

テレビをみること好きですしね。赤ペンで印つけたら、
けっこうダブルんですねー。

それより、楽しみにその番組の時間待っていたら・・・。
いつのまにか寝ていて・・・。
いやになっちゃうでーす。
フイギユアーの肝心な場面、みのがしてね、
スポーツニュース待っていたり・・・馬鹿みたい
わたし、なにやってんだろう・・いつもでーす。