プロフィール

どうまえ

Author:どうまえ
どうまえあやこ
絵本「三本足のロッキー」
絵本「すてねこポチとたまのおはなし」
エッセイ「本があるから、よりみちしよう」
の著者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

三角山文庫
三角山から四季のお便り
【 第6章 絵本・すてねこポチとたまのおはなし 】
*「長い間パソコン使えずごめんなさいね。エッセイのつづきです。」

     【 第 6 章 絵本・すてねこポチとたまのおはなし 】
       ≪紙芝居と絵本 すてねこポチとたまのおはなしのキッカケ≫

 ご近所の軒下に黒い野良猫と子猫8匹くらいが住みついていた。
そこのおうちの方が餌をやっていた。
ある時、その場所に違う子猫2匹が紛れ込む。
誰かが置いていったようです。
8匹の中に入れず、いつも2匹は離れて、
そこのおばさんが見守っていました。
夫が毎朝その家の前にある自販機にタバコを買いに行く時、
横目で見たり、猫好きで声がけしたりしていた。
おばさんが「この2匹だけでも飼ってくれないかい」と
いつも夫に頼んでいました。
「いやー、ロッキーの死に目を見ているから、
動物を飼わないことにしているんだよ」

    *2004年(平成16年)11月頃、

 木枯らしの吹く冬がやってきて、
近所のおばさんに「2匹だけでも可哀そうだから飼うよ」と
連れてきて、我が家の猫になりポチとたまと名付けました。
同じ出版社が「絵本コンクール」を募集していて、
猫の本を応募するため、
まず紙芝居としてまわりました。
民間テレビ局勤務の夫が退職後
専門学校でマスコミ関係志望の学生に教えていた。
映画鑑賞好きで、合間に度々二人で映画を観に行っていました。

    *2005年(平成17年)10月初め、

 映画館の下にペットショップがあり、よく立ち寄っていたが、
ある時ゲージ2匹入っていたミニチュアダックスが夫になつき
飼いたそうにしていたので
「どっちの犬にするの?」と尋ねたら
「2匹離すのは可哀そう!」と
2匹を我が家に連れて帰り、
猫2匹犬2匹の大家族になる。
そして・・・・
11月24日私が家に帰ると、家中電気がついていて、
2階の階段上で犬2匹下りれず
キャンキャン吠えていました。
夫はストーブの前にいましたが様子がおかしいので
「パパ、パパー」と呼びかけ、
目がうっすらとあきましたが、
これは大変と119番に電話し、
息子にも連絡しました。
ピーポーピーポーと救急車が、
家の前ではサイレンならさず救急隊員の方が
飛び込んできました。
救急救命センター出ることなく、
2005年(平成17年)11月27日亡くなりました。
夫が年越しのおせち料理を注文していたので、
本人は勿論、私も目の前が真っ暗でした。
絵本は2006年3月20日発売でしたが、
見ることなく旅立った。

  そして、驚いたのが・・・2006年3月初め、
出版社倒産
 編集担当者とは連絡取り合っていたのに急に
電話が通じず(事前注文の本は届いていた)
弁護士さんから
「大阪の図書館がすてねこポチとたまのおはなしの本を
出版社に注文していたのでほしい」と、
出版社倒産でビックリ仰天でした。
「すてねこポチとたまのおはなし」が出版社最後の本だと思う。
絵本になっただけ良かった、と思わないとね。
制作途中の本や、お金支払っているのに
本にならなかった方々が大勢いましたから・・・・


こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の神田です今日のテーマは「連休の過ごし方は?」です4月29日 昭和の日が日曜日に重なったので、今日は振替休日!3連休となったわけですが、この私はなんと家から一歩も出ず、朝から夜までゲームに時間を費やしていました・・・今年・2018年は3日以上の連休が10回もあるみたいですが、私は家にいるのが好きなタイプなので、あまりお出かけしない予感も・・・でも今年はもう...
FC2 トラックバックテーマ:「連休の過ごし方は?」


スポンサーサイト

三角山文庫50年ライブ と 【道民カレッジ】
2018年 【 三角山文庫 50年 】イベントのお知らせ!
*昭和43年 堂前綾子が近所の方々に英語を教えたのが始まりで
口コミで、小中学生の学習塾みたいになる。(学校の補助学習)

*故 堂前 暁(元 HTB 北海道テレビ放送)がその場所に
昭和49年頃、【テレビの普及で子ども達の活字離れを案じて】
三角山文庫と名づけ本の読み聞かせと貸し出しをし
現在は【布の絵本と出前紙芝居】で札幌市内外や本州をまわる。
   
* 情報として
   【4月15日(日) 13:00~15:00 】 無料 『道民カレッジ 兼ねる』
 ;場所 JR 琴似駅前のイトーヨーカドー琴似店 1階 広場に於いて
     【 シンガーソングライター NORICO と 紙芝居 ライブ 】
 ;同時に 三角山文庫の『 創作布の絵本 』 も展示します。
多くの皆さまのご来場をお待ちしま~す!

  【5月19日(土) 13:00~15:00】道民カレッジ
 *場所 三角山文庫に於いて 山の手2-11-4-8
 ;テーマ 砂澤ビッキについて 講師 石島 しのぶ 氏
 ;受講料 一人400円(講師に)
 ;連絡先090-3892-5292 三角山文庫 堂前 (当日 OK!です)
*次回のエッセイ 掲載予告は
【 第6章 絵本・すてねこポチとたまのおはなし】
紙芝居と絵本 すてねこポチとたまのおはなしのキッカケ


第 5章 【 中越地震に遭遇 】
       第 5 章 【 中越地震に遭遇 】
       ≪長岡での紙芝居と、クラス会のはずが・・・≫

    2004年(平成16年)10月23日17時56分
    新潟中越地震がM6、8震源深さ13Km
       直下型の地震

 丁度、その前日22日長岡市の幼稚園で紙芝居しました。
「園児150名くらいです。よろしくお願いします。」と
「う~ん、普段使用している紙芝居では小さすぎるわー」
それで、横1、03m 縦83cmの紙芝居を手書きで描き
枠は夫が気で作りました。
結構重くなりました。
フェリーに載せ私運転の乗用車で行きました。

 翌日23日午後6時から高校のクラス会が長岡駅近くで催され、
紙芝居をするはずでした・・・
「さー皆さーんテーブルについてください」と
幹事が言うや否やグラッと部屋が揺れた。
「えっ!地震?」
【急に床の間の掛け軸が振り子のように左右に大きく揺れだし、】
【大きな壺が真ん中から割れ】
【テーブルに載っていたお鍋の汁がにザーっとこぼれ、
右に又ザーっと】
厨房ではグラスの割れる音が【ガチャーン・ガチャーン】
 これはただ事ではないと、
4階の会場から急いで階段を下り外に。
「綾ちゃーん!紙芝居忘れているよー」
クラスメートが持って下りてきた。

 その時はまだバスやタクシーは長岡駅前を走っていました。
「長岡駅に行こうー」と誰かの声で、
ところが
「みなさーん!駅構内から出てくださーい!
新幹線が脱線しています。」
 数人がアーケードの下にうずくまると
「アーケードが落ちたら大変でーす。外にいてくださーいー・・・」の
声が聞こえたかと思ったら、
全て停電で真っ暗になった。
暗闇の中、目が少し慣れ、われに返った私は、
急いで自家用車で実家へ。
真っ暗な中
「みんないるのー?・・・ちゃーんー」
「おばちゃん、こっちよー」
みんな自家用車の中で震えていました。
「お父さんは?
「おじいちゃん、家はガラスが落ちて危ないからベッドにいるからと」
ご近所の方々はブルーシート上に毛布など持ち出し絶えていました。
携帯は通じず、電話ボックスに走り、
札幌の夫と息子に
「今のところ大丈夫だから・・・」と
私はその日の夜12時頃のフェリーで
敦賀ー新潟ー秋田ー苫小牧できさっつ予定で、
すぐ新潟のフェリーに電話したが通じず、仕方ないと。
「新潟に行く橋も落ち壊れて行けないよ」
とあきらめました。

 空が白々あけてきて、実家に入ったら幸い、
三階から落ちた箪笥が会談で止まり、
サイドボードのグラスが割れていたが被害はなかったが、
外ではあちこち被害があり、
その後修復に大変だったと。
テレビの報道で取り残された家の方々や
住宅を失って車にいた方がお亡くなりになったり、
悲惨状況に言葉がでませんでした。
翌日、フェリーに電話したら
「昨夜は、敦賀から秋田に向け出港しています・・・」
新潟市は被害全然なかった。
「橋も壊れて道路通れない・・・・」
遠回りして、三日後のフェリーで帰る。




エッセイ【第4章 手作り創作布の絵本 】
         【 第4章 手作り創作布の絵本 】  
         ≪試行錯誤の手づくりの布の絵本≫

 紙芝居「三本足のロッキー」を演じていると、皆さんが尋ねる。
   「長いこと読み聞かせしているんでしょ?」と
「いいえ、とんでもなーい!この三本足のロッキーが初めての
読み聞かせですよ。ずっーとボランティアの方々やお子さんを
連れたお母さん方が順番に読み聞かせしていたんですよ」
 土曜日の本の貸し出しと読み聞かせはボランティア先生と呼び、
布の絵本や年中行事のおひなまつり・端午の節句など・・・
いろいろ内容はおまかせし、私は一切口をはさまずでした。
行事の費用はこちらもちと。
しかし、ボランティアの方々も交通費やもろもろ見えないマネーはかかり、
今思えば、申し訳ないのひとことですね。
感謝感謝でいっぱいです。
それぞれ「自分自身が楽しく学んでいるから」の言葉に甘えていましたねー。

 布の絵本もボランテイアの方々が作った物を
三角山文庫に寄付として置いて、来館の親子さん達に
見ていただいていました。
お子さんが小さい時に文庫にいらしていた、わたなべひとみさんも
布の絵本を作っていらしたので、「おやすみ」「おはよう」の
布の絵本をお願いしました。

 ながやひろこさんのお子さん兄弟が中学生の時に
私が家庭教師に行っていて、ガーデンバザールの時には
食べ物調理など汗かきながらして下さり、
当文庫にはなくてはならない方です。
そんな関係で「布の絵本作って?」と
三角山文庫のボランテイアの方々が作った布の絵本を見せて
「こんな感じで・・・」と2004年頃からですね。
  「堂前さん、作り方も教えてくれずに
    こんな風で作って?だったのよ。」と言われる。
 彼女は試行錯誤で、文は私が、布で作るのはながやひろこさん。
出来上がったのが「これなんだ 1」「これなんだ 2」「いきものしりとり」
その後、毎年いろいろな布の絵本が出来、
小学校の読み聞かせに持参しています。
 丁寧できれいな縫い方と色合いは、
三角山文庫の布の絵本を手にとった皆さんから
「素晴らしい!こんなに丁寧に作る絵本にびっくりした」と。
*三角山文庫の布の絵本作家として、ながやひろこさんは
 心遣いが人一倍優しい。
 発想と気転の良さはすごい!
 文と絵も作者として尊敬の念ですね。
年に一冊のペースで新しい絵本が、
「無理せず、できる時にお願いします。」と言っても、
責任感と情熱で一生懸命されてね、
「手と目がねー・・・」と言いながら。

 ニセコ昆布温泉 ホテル【甘露の森】と
襟裳岬に行く途中の三石(みついし)のホテル 蔵三(くらぞう)
の売店に置いていただき、
いらしたお客様にも人気でうれし~いですね。
定山渓(じょうざんけい)温泉・第一ホテル売店にも、(今は置いてない)

  *下段にカラー写真で
   北海道銀行本店 ギャラリーで布の絵本展示と
   北海道新聞朝刊記事・
   見出しは≪20日から布の絵本・原画展 
          出版社破たんなど 苦難を乗り越え≫
*注 丁度、2006年11月で 故 堂前 暁 の一周忌
    と重なり私個人として感慨深いでしたね。
   
【情報で~す!】
皆さまへ
*情報としてお知らせ!
  『 道民雑誌 クォリティ 2018年1月15日発売 2月号 』
      インホメーション 87ページに
    【「三角山文庫」 開設 50年 】 
       エッセイ集 発売
と、紹介掲載されて嬉しいです。
以前も 自著絵本 『ねえ みんな 「地域猫」ってしってる?】や
            『子に語る 三つの坂道のおはなし』も掲載してくださいました。
*FM 三角山放送局 76.2 
   2018年2月6日(火曜日)
     午前 11時~15分間 まちづくり最前線 の番組 担当 田島美穂 氏
    「 三角山文庫 50年 の話をしますね。」
*北海道新聞 事業局出版センター主催の
     【道新マイブック
        著者が語る 私の自費出版 】で
『ねえ みんな!「地域猫」ってしってる?』 の絵本は
北海道新聞出版センター 中島哲也 氏 が担当できたので感謝ですね。
  第二回 2017年9月14日(木)で 私が原稿なしで話したのですが、
   堂前綾子のフリートークの報告書
      北海道新聞社 事業局 出版センター
         自費出版フリートーク
           出版センター 中島哲也 氏
          (株)アイワード 野村聡志 氏
   お二人の出版に関するお話も 掲載されています。
冊子 ご希望の方 上記 北海道新聞 事業局出版センターに問い合わせてみてね。
・・・・・・・・・・次回のブログ 予告は
【第 4章 手作り創作布の絵本】
 試行錯誤の手づくりの布の絵本
です。